カテゴリー「お山(08)」の26件の記事

忘年会

2008年12月23日     

久しぶりの賑やかな山行です。

1、目  的  忘年会
2、目的の山  八○山
3、メンバー  TOSHIKO隊長夫妻、K隊員、M隊員、私(以上5名)

1asa















この日の津南町(大割野)は、うっすらと白くなった程度の雪でした.

2siba
















8:00 十日町集合。 十日町の積雪はやや少なめ。

3yoninn






































とりあえず,十日町集合の4人が揃う。 出発します.

4kareki
















旧、川西町通過。 枯れ木に花 満開です.

5kurohime
















この山も,黒姫山です.黒姫山はいくつかあります.

今日の運転手は、K隊員。

6gouryuu  











9:00 柏崎でM隊員と合流し、登山口駐車場着。

7syuppatu
















いよいよ出発です.

六根清浄 お山は晴天

今日も一日無事故でありますように  

8noboru
















よっこらしょ

どっこいしょ

9komeyama
















あっちのお山も見えてきました。

あわてない  あわてない

10noboru
















満開の,花盛りです。

11seitenn
















六根清浄     お山は晴天

今日もお山は   良い天気

12ice  
















日陰は,まだ寒いです.

13kinohada















何の木か分かりませんが、

とっても綺麗な「木肌」です。

14yukitubaki

















 花はァー  越後のォー 雪ィー椿ィー  

15kinoko















道草食いつつ、よっこらしょ

上の方に,見事なキノコがなっているのですが、

届きません。

「もう少し若かったら,木登りしてでも採るんだけど・・・」

と、K隊員。

残念ながら、"もう若くない人たち”の集まりでした.

16kannnonn
















ここまで無事故で,有難うございました。

この先もよろしくお願いします  

17nihonnkai









 

あれに見えるは日本海。

よっこらしょ

どっこいしょ

18hare
















 

六根清浄  お山は晴天

あわてない     あわてない

19usutabi
















色彩が乏しいので,今回も登場 ウスタビガの繭

20yojire









































今回も  大蛇 の登場です.

21yuki

















越後の雪は、こんな細い枝に、こんなに沢山積もります.

21yuki2










ズッシリ


















道草食いつつ

どっこいしょ

22yoneyama










よっこらしょ

あとちょっと

23makihata













展望台から見る巻機山方面

お山は晴天

24box
















ン? ンンンンンンン?
子供に見られて困るようなものは入ってませんでした.

25hare
















六根清浄  お山は晴天


26hikari
















私 「写真撮りながら行きますので、少し遅れまァ〜す」
隊長 「どうぞぉ〜」

(これは、あくまでもこの状況下での判断でありまして、基本は『メンバーは,常にリーダーの見える範囲,声の聞こえる範囲にいる』であります.極めて重要な基本ですが,これが守られないために発生した(道迷いや、事故者置き忘れ?等の)遭難事故や,被害が拡大した例が多々認められます.悪条件下ではもちろんのこと,お天気の良い低山でも、登山者の多い一般的な登山道でも、(たぶん)一本道でも、原則は同じです.パーティーは離ればなれになってはいけないのです.

 私も滅多にこの様な行動はしません.どうしてもというときは、原則全員に立ち止まって待っててもらいます.『リーダーは常に全員の状況と周囲の状況、および気象その他のすべての状況を把握していなければなりません.』 言い訳が長くなりました・・・。ちなみに,リーダーは T隊長で,本隊と行動を共にしています。)

あわてない   あわてない

27hikari















道草食いつつ  

よっこらしょ

28oyamaha
















みんな揃って  どっこいしょ

29hinata















日向の木の幹では、すこしづつ氷がとけ始めました.

30ohisama















笹薮でもお日様が・・・

31happa
















これから,白一色の世界

腕の悪い私は、何とか「色」のあるものを探さねば

真っ白な写真しか撮れなくなってしまいます.

32yuki
















33shiro















白い雪を背景に、

白い雪を撮ってみました.
白く写っているでしょうか?

34nabe1

























さて、いよいよ忘年会の始まりです.

今年は 鍋  デス.

36nabe2













ふっふっふっふっふ・・・・  おっと

写真を撮っている場合ではありません。

35yebisu

















今回は、YEBISUの黒です。

いただきます  


37nabe3
















のんびり写真なんぞを撮っている間に・・・

ご馳走さまでした   

38seiretu
















豪華忘年会が終了する頃には

お天気も崩れ始めました.

青(灰)黄,赤 揃いました・・・

39kudarizaka
















あとは下って,温泉へ

六根清浄  お山は晴天

・・・・・・・・・・・・・

帰りに M隊員の家に寄る

41sakura
















桜が咲いてました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

42onnsewnn
















この日の ザブン は 広田鉱泉 500円也

皆さんお疲れ様。

運転してくれた K隊員有難うございました.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この BLOG をご覧いただいた皆様へ

ご来訪,有難うございました

よいお年をお迎えください.    越後屋 拝

| | コメント (0)

食べられません!!

2008年12月7日 (日)  とっても

1koke















朝,庭先の苔の上にうっすらと雪が積もっていました.



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1、目  的  適度の運動(新陳代謝を促進し、風邪を治したい)
2、目的の山  ◯尾山
3、形  態  SOLO


2togakusi










真っ白な 戸隠連峰が見えてきました.

3jinnjya




















   今日も、無事故でありますように  

5simo
















シャラ シャラ と霜を踏みしめ、 出発です.

六根清浄   お山は晴天

6sora
















よっこらしょ     

どっこいしょ

も一つおまけに

うんこらしょ

7unnko
















   雲古 です !!

よく観察すれば,何を食べているか分かる?

植物の種が多いので,何かの実を食べたのだと思いますが・・・・

動物の毛は混入していないので、動物は食べてない?

マーキングでしょうか ?

それとも,たぬきの「ためフン」ってやつでしょうか?(たぶん)

私には・・・・・わかりません。

8yokkorasyo


















よっこらしょ

9dokkoisyo
















どっこいしょ

あわてない    あわてない

10kuri
















時期によっては、 くり拾いもできます.

11hiatarti
















冬の陽溜り・・・(と言っても,気温は0度前後)

12togakusi







ようやく視界が開けてきました.

北信五岳    飯綱山・戸隠

13kurohime











黒姫山

14myoukou













頭を隠した  妙高山

16asimoto






























そして、  足元の ◯尾山。

今日も静かな お山です。

17iwasuge












真っ白に雪化粧した 岩菅山も遠望できます.

18atosukosi
















  よっこらしょ   あとちょっと


   六根清浄   お山は晴天

19usagi



























20top




























てっぺん到着です.誰もいません.

 
・・・・・・・・・・


1koori






霧氷が,キラキラ光ってます。


2koori





うまく表現できないのが、とっても残念です.


3iwasuge





木々の間から  岩菅山



4hikari













キラキラ   キラキラ

5kudarimasu_2



 




そろそろ 下ります

六根清浄    お山は晴天



6eda






枝からはがれた 氷

8me






あとは・・・・・   春を待つばかり


9tyou





気温は0度くらいだというのに

この蝶(蛾?)何匹か見かけました.(15mmくらい)


10kareha






枯葉は、 フコフコ くるぶしの上まであります.



11sora






   お山は晴天

12sasa






道草食いつつ   よっこらしょ

あわてない    あわてない





13taberare   






 

  食べられません!!

 

 たぶん、針金でくくりつけておいたのでしょう.

こうなっては救いようがありません。

申し訳ない!


14usutabiga






ウスタビガ の繭.

目立つ色をしているということは、毒があるか,食べてもおいしくないということでしょう.

(蚕のサナギは,クロダイ釣りや鯉の餌にするだけではなく,昔は人間も食べたそうです(母の話では、あまり美味しくないそうです,好みがあるようです。))


15simo




登山口帰着、 まだ霜が解けてません。気温は低いままのようです.


21myoukou






いつのまにか,妙高が姿を現してくれました.



22raisyunn





来春、登ってみたい「あの山」です.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20soba















久しぶりの ◯井せんたあ のおそばです

いただきます 

ンン?
味がしません!
あの、木の実のような風味や、甘味がありません!!
風邪ですっかり味覚が麻痺してしまったようです。
残念!!

 

25attinooyama






あっちのお山 を眺めながら
帰ります.


4、成  果   ある程度、症状は改善されました.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おことわり
1、私の使用しているO.S.は LINUX(現在はfedora7)です。
  したがって、WINDOWS とはフォントが異なります.
  (作成に使用したフォントとWINDOWS上で閲覧された場合に使用されるフォントとは異なっているようです.)

2、BLOG作成及び記事確認に使用しているブラウザーは firefox  です。
  よくわかりませんが、I.E.等で閲覧された場合,レイアウト等がずれてしまう
  可能性があるかもしれません.
 (最近はありませんが,以前 firefox で閲覧すると他のH.P.のレイアウトが崩れてしまう場合がありました.I.E.でしか使えないタグが使用されていたのかもしれません.その逆はないとは思うのですが・・・)
素人なので、詳しいことは分かりません。

 以上,2点に起因して表示が変になる場合があるかもしれませんが、
 ご理解願います.もし、お気づきの点がございましたら,
 コメント・メール等でご教示願います.    越後屋拝



| | コメント (0)

雨の日は

(前記事「※山さん」の続き)

雨の日は
 雨の日のように
雪の日は
 雪の日のように 楽しみます

西高東低、冬型気圧配置の中

やってきました ※山さん
もうすぐ頂上です.

六根清浄 お山は晴天

22hotoke_2
















11:05 頂上到着 吹雪です.

23yakusi
















ここまで無事で,ありがとうございます
帰りもよろしくお願いします    

24negi2
















今日のお昼は、ネギ・チャーシューメン

チャーシュー 139gを 「ドサッ」と載せ

一本分の白髪ネギを   「バサッ」と載せて出来上がり.

温かいうちに

パッチン)「いただきまぁーす!」

・・・・・・・・・

もちろん

「うんめこっつぉのし!(美味いに決まってますよ!)」


26mado


  




















外は  びゅーびゅー  吹雪です.


25tokei


































広い小屋の中に

時計の音が響き渡ります

カチコチ   カチコチ

カチコチ   カチコチ

静けさを刻むかのように

カチコチ   カチコチ


27kabe
















11:50  体が温まっているうちに,帰ります.

28yukimiti
















六根清浄  お山は晴天

29yukimiti


























30yuki











びゅーびゅー  雪は谷から吹き上がってきます

31yuki2













びゅーびゅー    ひゅーひゅー


32saigo





最後の登りです.

よっこらしょ

どっこいしょ

あわてない  あわてない

32ki







32mizu






降ってくると 下はみぞれ



33buna2






日本海から吹きつける風は

ゴーゴーとブナの林を鳴らしながら

尾根を越えていきます.













このルート、 ブナ林の区間が長く、人通りも

比較的少ないので、お気に入りのコースです.



33buna






ゴーゴー  ゴーゴー



34hotoke






もうすぐ駐車場

今日も一日有難うございました  

よっこらしょ     あとちょっと

13:05 駐車場帰着

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰り道は 雪 でした

35kaherimiti





(十日町市 松代 地内にて)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回使用したカメラ

40u20

SONYサイバーショット

U20

200万画素










コンパクトなので、胸ポケットやポーチの片隅に入ります.

また,レンズカバーを開けると電源がはいりますので、

ちょこちょこ取り出して、パシャパシャとるにはとても便利です.

(プロフィール写真参照、今回も使用)を使用しているときは

カメラを構えても笠の下に収まりますので、雨の中でもゆっくり構えられます.

・・・・・・

ン? ンンンン?

  う   運命線が…短い!!

 頭脳線は・・・想像にお任せします。

| | コメント (0)

※山さん

2008年11月30日 (日)  雨〜吹雪〜雨〜雪〜雨

1、目  的  適度の運動
2、目的の山  ※山さん
3、形  態  単独

1tozannguti   

6:40 津南町発

8:25 登山口

しばらく雨足の弱まるのを待つ。









2jinnjya





























9:10  登行開始

今日も無事故でありますように 

六根清浄    お山は晴天



3uneune























大蛇?   生命力!


4kareha
















厚く積もった枯葉は    フコフコ    フコフコ

よっこらしょ

どっこいしょ

5ana





























向こうが見えます・・・・・・

いろんなことがあるよね

たいへんだったね・・

6nameko























道草食いつつ   よっこらしょ    どっこいしょ

あわてない  あわてない・・・・・・


7tubaki
















少し 咲き急ぎすぎたようです


8buna
















この辺から,ブナ林になります.


10hotoke
















ここまで無事故で,ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします  

11koya

















12buna
















雪は,真横に飛んで行きます.

よっこらしょ

どっこいしょ

13hotoke



















14yukimiti
















サクサク   サクサク

サクサク   サクサク

15iwakagami
















イワカガミの群生?

あわてない   あわてない

よっこらしょ

16muhyou

















六根清浄  お山は晴天


17tubaki

















びゅーびゅー     ひゅーひゅー

18happa

















びゅーびゅー    ひゅーひゅー

風の音以外は、今日も静かなお山です


19yokokaze

























びゅーびゅー   ひゅーひゅー

雪が少ないので助かります.

この季節の山、 「キュンと身の引き締まる感じ」が

好きです.

よっこらしょ   どっこいしょ

20kqkizaki




























柿崎の山の会の皆さん。
頂上のトイレの雪囲いに登ってきたのだそうです.
この日出会ったのは、この5人だけ。

ごくろうさまです。

21koya
















頂上の小屋が見えてきました.

よっこらしょ    あとちょっと

(つづく)

| | コメント (0)

濃いもうすいも・・織る錦 

(記事「秋の夕日に」及び「照る山紅葉」の続き)
2008年10月13日 あっちのやま の記録 続き

64ike

次の目的は

 あの池です











65m  














150mほど 下ります

どんどん   下ります

66m



















67m















静かな  静かな 小径です

二人の足音だけが   カサコソ  カサコソ

二人の熊鈴が     チリン   チリン

68susuki


















69toku















カサコソ
      

カサコソ

70m

















71toku


















人通りが少ないせいでしょうか
道が えぐられていませんし
土が露出していないので,滑りません

快適に もみじふみわけ
    カサコソ
          カサコソ

六根清浄  お山は晴天

72ike


















お池に到着です


73kusa





ここも 二人の貸切のようです








74m
















75m

















77m






















78m


















79iwa











        織る 錦 〜 



80iwa

























81mi_2




















82m




















83kusa




















84ike

















13:35  「この辺で,ゆっくりしましょう・・・・」

草原に

ゴロリ

あわてない  あわてない

・・・・・・・・

「あ痛っ!!」

徳さん、 ボケの枝の上に座ってしまいました.

85kusaboke



















クサボケ の実 (枝には鋭い刺があります)
小さな梨のような形の実
甘い香りがします


86hana




















87ike

















静かです・・・・・・・・・

88m





















ひたすら      静か・・・・・・・  です



89m




















90toku


















徳さんも この場所 とっても気に入ってくれたようです。

よかった     よかった

91kusa




















92kumo1




















静かに 雲が流れていきます



93kumo2



















静かに    静かに      流れていきます


94m

















見飽きることは,ありませんが

そろそろ帰らねば・・・・・・・・・・・

14:00 よっこらしょ

95m




















六根清浄 お山は晴天


96mi





















97hana





















98yama

















今度は、あのお山に行ってみましょう・・・・



99m





















100kasakoso




















奥山に 紅葉踏み分け・・・・・?

 カサコソ  カサコソ ・・・・・チリン

帰ります。


101m



















102green



















103m

















いきなり目の前を

 リスが 横切って行きました。



104toku


















よっこらしょ
       あとちょっと

14:43 駐車場着

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

15:35

今日の ザブン 

 麓の温泉(仮称 UFO温泉 入浴料 500円)

105onnsen
















16:00 温泉発

・・・・・・・・・・・・・・・

途中 飯山の「道の駅」に立ち寄り お土産購入

106tuki



















万仏岩の上に出た 満月

18:05 津南着 

徳さん 運転お疲れ様でした。またよろしくお願いします。  

   (18:30 十日町着 推定)

| | コメント (0)

照る山紅葉

(前記事「秋の夕日に」の続き)

41kouzann














笹原の向こうに鉱山跡が見えます。

43yari














小槍も見えます

44myoukou














妙高も,焼山も


45top
反対側から登って来る登山者で頂上もだいぶ賑やかになって来ました.


写真を撮って

そろそろ頂上を後にします。




46

 紅葉が敷き詰められています









46kamosika2

まだ新しい足跡です。

(細部が乾燥していない)

つい先ほど通ったばかりのようです.









47rinndou

すっかり定番ですが

たくさん咲いていました。

















48sougen

 途中,近道をしようと適当に草地を歩いて降ったのですが,
 どうも、思いどうりに進めなくなってしまい、結局久しぶりの「ヤブ漕ぎ」をして元の道に戻りました.

広い草原に出て
徳さん,ご機嫌です。







49niwa

まるで「庭園」のような感じです.

隣の「何とか山」も見えます.












50niwa














紅葉しているのは ツツジ でしょうか ?

51sougenn















広くて,晴れていて,とても明るい草原です。
写真を撮りながら  ゆっくりと下ります。

六根清浄  お山は晴天

52bell

熊鈴

沢山つけて歩きました.

「バッタリ」は、お互いにとって好ましくないことですから・・・・








53hana

道草食って

よっこらしょ












54_2

















56m
















57m

















あわてない  あわてない

58m_2
















59m

















60m
















61m

















樹林帯に入ると、透過光で見る紅葉が綺麗です。


62m



















63m






ここらでちょっと 

      一休み

(続く)

| | コメント (3)

秋の夕日に

2008年10月13日 (月) 

1、目  的  紅葉狩り
2、目的の山  あっちのお山

3、メンバー  徳さん,私 (以上2名)

1p


5:30 津南町発

7:25 駐車場着

 




 

(今日も一日無事故でありますように 



2hare

 

                          今日は,よいお天気のようです。


 








 

3

 

            紅葉もだいぶ進んでいるようです















4


                                                             六根清浄 お山は晴天








5_2


             真っ青な空です

 

             よっこらしょ

   どっこいしょ






6




 

                                      道草食いつつ

   よっこらしょ









7y

                                                             北アルプス(白馬岳)
  も見えます。






8takatuma

                                    高妻山









9azumaya

                                                                        「向こうのお山」も

  よく見えます。







10yariho

                        「槍や穂高は隠れて見えぬ・・・」

 いえいえ、
  ちゃんと見えます。




11kasima

                         鹿島槍だって

  五竜だって

 朝早く来て正解!!







12hana_2

                                     足元にだって
















13_2

                        目の前にだって


 素敵な景色が

  次から次へと・・・・









14hana

                                                                                   よっこらしょ

  どっこいしょ

 あわてない

   あわてない






15_2

 

お山は晴天                                            お山は晴天


   お山は晴天!!  




 

16azamaya

                                                                                                                                    緩やかな草原を

 めいめい
  好きな所を歩きます。

 よっこらしょ

   どっこいしょ








17kamosika

       

 

                                                              樹林帯に入ると
  カモシカの足跡です
 親子でしょうか、
 大小入り乱れてました。










18tree


                                                            「あらゆる可能性を模索した」

そんな感じの枝ぶりです。










19tani

                                                                                     谷底も,綺麗に紅葉



 よっこらしょ

   あとちょっと









20gake

                                                                                                             崖の紅葉も

  なかなかです












21sasa

 

                                                 笹原を抜けると

 もうすぐです

 六根清浄 お山は晴天












110mm


 ・・・・・・・・・


 ・・・・・・・・・


 ・・・・・・・・・




















23top

            9:38 てっぺん着                          頑張った成果でしょうか

 お腹が少し

  凹んだような気が・・   



 ‥気のせいでした‥     

 

ここに来るまで、誰にも会いませんでした.

そしてここにも、誰もいませんでした。
ここまでは,静かな静かなお山です.


24asama


 浅間山も見えます








25tani

 足元の谷は見飽きることがありません







26kaze

 稜線は,季節風の強い所のようです。










31tea1

 TEA TIME 

時間はたっぷりあります。
あわてない あわてない
景色見ながら
TEA TIME
(カップもポットもテキトーですが、気にしない気にしない)










42teatime

北アルプス眺めながら


いただきます






32tea2

秋の山は、モンブランが似合う(?)














33tea3

もちろん、おかわりも用意致しました
(チョコレートナントカ?)

さ、さ、

召し上がれ。







(続く)

| | コメント (2)

小さい秋(霊仙寺山)

2008年9月28日 (日) 

1、目  的 新雪の妙高山遠望
2、目的の山 霊仙寺山
3、形態   SOLO

1togari  予定ではご近所のIさんと出かける予定でしたが、
 肋骨骨折で2週間延期してほしいとのこと
 とりあえず一人で出発。
 5:50 津南町発
 野沢付近から戸狩方面(関田山脈)を望む

2iiduna
 牟礼村(?)付近から目的の山
 霊仙寺山(左が飯綱山、
 右の雲に隠れそうなのが霊仙寺山)




33myoukou
 残念ながら、 妙高山の初冠雪は

       確認できませんでした。




3okunoinn  7:35 登山口駐車場着 7:43発

   奥の院あと

 (本日も無事故でありますように 

   六根清浄 お山は晴天



4sinnryoku

 季節を間違えそうなほど

  明るい緑です。

  紅葉はまだ・・・・・。





5hana
  よっこらしょ
         どっこいしょ

 






6azami
 飯綱リゾートスキー場の方からの
  登山道と合流するはずなのですが,
   上りでは気づかずに通り過ぎてしまいました.

 何かイベントをやっているらしく
  時々下の方から何やら聞こえてきます.



7koke_2

 誰にも会わない

 静かな道です

  あわてない   あわてない





8hana

  道草食いつつ

  よっこらしょ  どっこいしょ







10iizuna
 ガスの切れ間に 飯綱山が見えました

 六根清浄 お山は晴天

   よっこらしょ

      あとちょっと




11tyoujyou
 10:00 本日の目的地到着
  奥に見えるのが 飯綱山

 ここまで誰にも会わない。
 静かな山です.

 残念ながら 景色は…見えません、雲の中。


12rinndou
 リンドウとマツムシ草が

 沢山咲いていました.






13rinndou   






 

              (昔話)
14matumushi  大分前の話ですが,
 Iさん夫婦と山に出かけたときマツムシ草が咲いていて、奥さん大感激したのですが、
 下山してしばらくしてIさん宅を訪れたら,奥さん
「どこかで見たことあると思ったら、店にもあった」
・・・・・・・奥さん,実は花屋さんでパートやっていて、花屋さんの店先でもマツムシ草を売っていたそうです.・・・・それはそれとして、上品な紫色です。

15kouyou  10:30 一旦頂上を後にし

  飯綱山へ向かう

  





16sugihira
 飯綱山への道はあまりよくない.

 まったく手入れしていないようです。

 スギヒラタケ だと思うのですが、
 最近は食べません。



17kinokoaka  「白雪姫」の絵本に,こんなキノコがあったような

   六根清浄 お山は晴天

    よっこらしょ
            どっこいしょ




18iizuna  11:00 飯綱山 頂上

 ここまで来ると、さすがに人がいます。
  十数人,賑やかです.

  三度目の飯綱山ですが、 3回とも

   「雲の中ぁー」 景色は見えません。

 11:30 頂上発


19koboku
 鞍部の古木

 どれくらいの時間、ここにいるのだろうか






20sasayabu
 まったく刈り払いが行われていません、

 ところによっては胸までの笹薮です。

 (それはそれで楽しいのですが・・・)

 朝露で、下半身ビショビショ・・・・




21hana
 12:00 霊仙寺山(分岐)

  よっこらしょ

         どっこいしょ

 下りで2パーティー6人くらいに会う。


22kuri
 「小さい秋」

  登り出してしばらくの樹林帯の中にあった

    山 栗 

 13:05 登山口 駐車場着


23rinngo
  帰りは豊田村の「道の駅」にて
   りんごとぶどうを仕入れ

  飯山で買い物をして帰りました.

 15:15 津南町帰着


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雪の便り

27日に妙高山が白くなったと聞いていたのですが,

苗場山初めあちこちの山が白くなったようです。

冬はすぐそこ・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

蛇腹沢登山道

2008年9月14日  (記事「木曽駒ケ岳」「玉乃窪山荘」の続き)

61asayake  玉乃窪山荘の夜明け

 ゆっくりしようと思ったのですが、
 前日の午後からずっと「ゆっくり」していたので
 そろそろ移動したくなりました。

朝食 おにぎり2個 393Kcal、魚肉ソーセージ1本 130Kcal
   スープ    114Kcal   計 637Kcal

軽く済ませて出発 6:10

         六根清浄 お山は晴天

62onntake  木曽前岳の向こうに 御嶽山が見えます

 (今日も一日 無事故でありますように 


63sannosawa
 三の沢岳、空木岳方面

   よっこらしょ  
           どっこいしょ

64norikura
 遠くに 乗鞍岳も見えます。
 どこかなと思ったのですが
 頂上木曽小屋のおじさんと立ち話をしていて
     教えていただきました.

65hasigo  天使の梯子(ちょっと不鮮明ですが
  今まで見た中では,一番「まっすぐ」のような気がしました



66jyoudo
 乗越浄土から中岳方面を振り返る.



66utugi  空木岳・池山尾根・檜尾岳・・・・
 今日はよく見えます。
 7:23 和合


67isi
  勒銘石

  この頃は青空も見え、視界もよかった。


  空木岳は また今度の楽しみに・・・・

68hinokio































69koke


       伊那前岳を過ぎると、急に静かになります。
       六根清浄 お山は晴天


718goume  7:42 8合目
  この先の下りは登山道が分かりにくい。進行左寄りに
 ルートをとり、尾根の北側を巻きぎみに降る.
 所々にある積み石でルートを確認する.

720syougi 終始,将棋頭山の穏やかな稜線を見ながら降る。





727goume  8:17 7合目
  このすぐ下の辺り(船窪)から徐々に樹林帯となり
   景色は見えなくなる。



731siratama  





732konikoumori



734ittyouike





735ike







736azami

(昔話)北アルプスの山の中で、長期合宿をしている時、
アザミの新芽(黄緑色の部分)を沢山摘んで帰り,
あく抜きして、味噌炒めにして食べました.
 岩を登りながら 岩茸 を採って焼きそばの具にしました.
もちろん今はやってません。うんと昔の話です.


736hana_2




737aki






740hana



741hana







743ichigo








744udonnya  9:24 5合目 うどんや峠
  ここまで下ってくる間に出会ったのは
    3パーティー 6人
  ここで登ってきた 6人ほどのパーティーに出会う
 誰かが  一言 「うどんが食いテェー !!」

745painn  10時の 「おやつ」
  パイン缶1個 97Kcal  カロリーメイト 200Kcal
  ポカリスエット 少々   計 300Kcal ちょっと



746hana



 


747toranoo  水場の近くに咲いているのは 
  イブキトラノオ でしょうか




748mizuba  水場はしっかり
   水があふれていました.




748torikabuto
  綺麗な花には・・・・・
    「毒がある」?


 


751rinndou  10:24 ようやく林道に出ました.

  ここまで下ってくると、 暑い です。


752kibana





 

753rinndou
 ひたすら 暑い砂利道を下ります。




754hana
 道草食いながら  よっこらしょ


755hana



アサギマダラ(?) 林道沿いに沢山いましたが、

なかなか恥ずかしがり屋さんのようで、写させてくれません。

  あわてない    あわてない。

 (実は、結構夢中になって追いかけてました)

756asagima


























757bus  11:20 バス停着

    北御所・蛇腹沢????



757onnsenn  12:00 温泉着
  晴れていれば、露天風呂から宝剣方面が見えるそうですが
   今日は ガス で見えませんでした。
  休憩室利用含め 入浴600円

758beer  風呂上りと言えば・・・・
   ラーメンを食し、Beer ! 

 あっという間に,体に染み込んでしまいました.
    
 2時間ほど昼寝をして バス停へ移動

15:30 駒ヶ根インター発
19:50 津南(自宅)帰着

| | コメント (0)

玉乃窪山荘

(注 写真を一時的に拡大して見る場合、

 1、写真上で右クリック

 2、「リンクを新しいウインドウで開く」をクリック

 3、写真を見終わったら写真のウインドウを閉じる

NIFTYのココログのメンテナンスが行われたあと、設定が直せなくなってしまいました。しばらく上記の方法でご覧ください)

2008年9月13日 (土) (記事「木曽駒ケ岳」のつづき)
31utugi  
 雲の切れ間に 空木岳が
  ようやく見えました


32koya  13:10木曽駒の頂上をあとにし
  玉乃窪山荘 へ向かいます
   まず 頂上木曽小屋 が見えます
    奥、左が 木曽前岳 右が麦草岳

33koya  青い屋根の玉乃窪山荘が見えてきました

   六根清浄 お山は晴天
    あわてない あわてない

34urasimatutuji























 道草食いながら  よっこらしょ

35touyaku  駒ヶ岳を越えたとたんに
  だぁーーーれも いなくなりました
   静かです


36koya  あとちょっと

  よっこらしょ  どっこいしょ


38kannbann   
 13:30  到着です



37koya
 さすがにこの時間では
  ガラ空きです


38beer  今日の行動は、 ここまで
  今からでも帰ろうと思えば、今日中に帰れるのですが、
  「あわてない あわてない」
 明るいうちから ビール です。

「自分で飲む酒くらいは、自分で担ぎ上げろ」といっていた
青年はどこへやら、金600円也 で 購入。

39hana
 一息ついたら
   小屋周辺の散策



40hana  





42happa






43iwa






44tinnguruma1







45tinnguruma2  
 同じチングルマの綿毛でも
  ずいぶん色が違って見えます



46kisomae
 木曽前岳に登ってみました
  六根清浄 お山は晴天
   よっこらしょ どっこいしょ

47gannpou
 ガスの切れ間に 岩こぶ(?)が見えます




48kisokoma
 玉乃窪山荘も見えてきました
  向こうのお山は 木曽駒ヶ岳 です



49hanami






50hana







51hana

 花の季節には遅いけれど、
   探してみるとあるものです


52kumo
 一度小屋に戻って、木曽駒側に少し登ってみました

 ガスが切れました。 いろんな雲がみえます。

53sannnosawa
 三ノ沢岳
  惚れ惚れとして 眺める



54houkenn
 宝剣のほうも見えてきました




54moon
 中岳の辺りに 月が出てきました。




55yuuyake
 上にも下にも横にも 雲 




56maetake
 夕焼けを見に
  再び 木曽前岳 に登って来ました
   よっこらしょ どっこいしょ

57yuuyake






















小屋に戻った頃  ようやく夕焼けが見えました。

58moon  夜になると、「花火が見える」と言うので外に出てみました.
  北の方の雲(ガス?)が時々明るくなるのが
   見えました.松本の方でしょうか
    どこかで秋祭りの花火をやっているようでした.
      (左の写真は 中岳の上の月)

(またもや、 つづく・・・・)

| | コメント (6)

より以前の記事一覧