カテゴリー「お山(赤線プロジェクト)」の24件の記事

銀の道(赤線プロジェクト2完成)

2018年9月24日作成

         当地津南町は、稲刈り真っ最中でございます。

B1b
         刈りたての藁は少し青臭いですが、 『収穫の香り』でございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【銀の道】赤線プロジェクト2   (タイトルのわりに、中身は地味~~~でございます)

1、目的       赤線プロジェクト2の完成(運動不足リハビリも兼ねる)
2、目的の場所   駒の湯から明神峠までの『銀の道』トレース
3、出かけた日   2018年9月23日
4、形態       駒の湯~明神峠往復
5、めんばあ    YANAさん、私  (以上2名)

6:00津南発    6:30旧川西町YANAさん宅発

   越後駒が迎えてくれました。

A2

7:30駐車場着

7:45   入山届けを出して出発。
A3
      明神峠への道はカード入れの左側でございます(右は小倉山)          


         六根清浄  お山は晴天・・・
A4
             ブナ林の中を進みます
                  よっこらしょ・・・  どっこいしょ・・・・
A5
          YANAさんお気に入りの チロリアンハットでございます。
A6
    『おとぎの国のきのこ』は毒キノコのような目立つものが多いようでございます。
A7
             大きなぶなの木下で・・・

                 立ち止まりませう
A8
             あわてない・・・   あわてない・・・
A9
       五合目着   ず~~~~~と  ブナ林の中でございます。
A10
              六根清浄    お山は晴天・・・
A11
              よっこらしょ・・・    どっこいしょ・・・
A12
                 うんこらしょ・・   どっこいしょ・・・
A13
              
             立ち止まりませう!
A14
      これからは、キノコの季節でございます・・・
A15
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10:50 明神峠着

A16
   とりあえず目的達成!!!!!
A17
   良いお天気でございます。
            六根清浄   お山は晴天
A18

                    景色は見えませぬ
11:20 下山開始
A19
【銀の道】駒の湯側は、あまり良い道ではございません。
ルートははっきりしておりますが、ほとんど手入れされた形跡がなく
、崩れた箇所はそのままで足場が悪く、初心者や雨の日の通行は控えるよう
アドバイスさせていただきます。
A20
         お取り込み中恐縮でございます。

13:30 登山口帰着

その後こちらに移動して  15:30頃まで休憩 

A21

無事帰宅   よかった・・よかった・・・ )!

6、成果  赤線プロジェクト2の完成

  今回のプロジェクト関連の5万分の1地図を並べてみました。
○赤線は上信越国境稜線  赤石山~谷川岳~巻機山~枝折峠(明神峠) 延102km
○緑は国境稜線以外の山の中  魚野川遡行や今回の山行          延 23km
○茶色は一般道(国道や自動車の通れる道)                    延101km
                                 歩いた総延長  約226km  
(距離の計測は5万図上でキルビメーターを使用して計測いたしましたので、
 細かい屈曲は単純化されてしまい、実際は数パーセント多く歩いていると思います)  
C2

      ようやく完成いたしました。

      プロジェクト2は更に延長も考えております。

      まあ、歩き続けるためには、とりあえず何か目標があったほうがよろしいかと・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  久しぶりのお山で、今日(24日)は筋肉痛でございます。
B2

           ご来訪ありがとうございました 

・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

とりあえず・・・歩きます!!

   運動不足。リハビリ→とりあえず・・・歩きます!
A0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1、目的       とりあえず歩く(ついでに『赤線プロジェクトⅡ』の赤線を延ばす)
2、目的の場所  大沢下口から駒の湯の間をトレースする。
3、形態       単独で、舗装された道路をひたすら歩く
4、出かけた日  2018年6月17日

                        幸い、お天気には恵まれました
             やはり、日頃の行いがよろしいようで・・・・・) 

A1
            北側から望む八海山でございます。
A2
        9:45 湯之谷支所(旧湯之谷村役場)の駐車場に駐車し出発!!
A3
           六根清浄  お山(?)は晴天
               てくてく・・・    てくてく・・・
A4
             田んぼの苗もすくすく育っているようでございます。
【雪国の消火栓(防火水槽)】
A5
 高さ3,5m(隣の車庫より高い!!)
 てっぺんにある接続口まではハシゴが取り付けられております。
 豪雪地とはいえこんなに背の高いのは私に知る限り珍しいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【モンシロチョウ】
  こんなところで見かけるとかわいらしくもありますが、

  キャベツの苗を植えた後の畑で見かけると・・・・・・・・ただの害虫でございます A6
【ちょっとイケメン?】
A7
   お山は晴天・・・   ほんとに晴天!
     わき見をしながら       てくてく・・・   てくてく・・・
               (越後)駒ケ岳を眺めながら進みます。
A8
                  まっすぐ進みます
A9
               てくてく・・・    てくてく・・・
A10
          【雪山保存中】        ・・・

A11

11:30   大湯温泉到着

A12

【無念の行き倒れ】
       ご供養は、カラスや虫達のお仕事でございます。(ノ_-。)

A13
        ひたすら  てくてく・・・   てくてく・・・
A14_2
            六根清浄   お山は晴天
               大サービス! 駒ケ岳のアップでございます。
B1
・・・
B2

               朝、歩き出してすぐに気つきました
        (大湯より先は熊避けが必要だ、熊避けの鈴を忘れた!!)
結局、大湯温泉を過ぎてからしばらくは、時々ホイッスルを吹きながら歩いておりました。
そして、やがて気づきました。(ペットボトルのぺこぺこするときの音が嫌いだった・・・・・)
そこで、飲みかけのペットボトルを左手に持ち、
 ペコペコ音を出しながら歩いたのでございます。(幸い遭遇することなく帰れました
B3
           時に脇見をしながら
                  てくてく・・・   てくてく・・・
B4
                   あと少し・・
B5
            はい、立ち止まりませう
B6
                小倉山登山口到着!
B7
 12:35  駒の湯到着 入浴しても帰り道で汗をかくので、そのまま回れ右
      (大湯温泉までは、歩いてきた道をそのまま歩いて帰るしかございません)
B8
         気候は初夏  緑の下を

            てくてく・・てくてく・・・
B9

13:35  大湯温泉帰着   13:50小出駅行きのバス乗車
B10
14:05  一旦、前回の到達点『大沢下口』まで戻り
      再び今朝の出発点『湯之谷支所』まで歩く。

B11
14:18  湯之谷支所着
B12
      本日の歩行はここまで!!
B13
        塩沢のharasinで夕飯のおかずを仕入れて無事帰宅

         

4、成果          湯之谷支所→(徒歩)→大湯温泉→(徒歩)→駒の湯
    大沢下口←ーーーーー(バス)ーーーーーーー大湯温泉←(徒歩)←駒の湯

    大沢下口→(徒歩)→湯之谷支所
        
 ○本日歩いた距離    約16.1km
             本日延ばした赤線 約12.6km 

              プロジェクトの残り   駒の湯~枝折峠(明神峠又は小倉山)

 ○その他の成果(?)左足裏に豆一つ、右足裏に豆二つ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【我家の庭】
            池の睡蓮が咲きました )!
B21
           イチゴはそろそろおしまいですが、
                 ランナーがたくさん取れそうでございます。
B22

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

も少し歩きませう

2017年10月3日作成

【天日干し】

A0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 歩かねばと思うのですが、計画するのがものすごく億劫で(認知症の初期?)
 前日の夜までプラン無し。とりあえず『赤線プロジェクトⅡ〈説明省略)』続行

1、目的      歩きませう『赤線プロジェクトⅡ』
2、目的の場所 JR越後川口駅から小出駅経由枝折峠方面行けるとこまで
3.出掛けた日 2017年9月24日
4、形態     里歩き一人寂しくてくてくと
5、めんばあ  単独

10:05 JR越後川口駅発。
    母をデイサービスに送り出してからなので、出発は遅め。
    今回の出発点はこちら。(自宅からここまではトレース済み)

A1kawaguti

       良いお天気でございます )!     
         街中なのに手入れの行き届いた畑でございます。
A2hatake
        あわてない・・あわてない・・・
              てくてく・・・てくてく・・・
                雪国の消火栓。雪に埋もれるのでございます。
A3syouka
               小千谷の山本山方面。積雲がモクモクと・・・
A4yamamotoyama
          六根清浄 お山は晴天         

          長岡市に合併いたしましたが、川口町の名残でございます。
                
A5kawaguti
       はい、立ち止まりませう。
          以前から国道を通るたびに(なんだろう?)と思っておりました。
A6sankaku
               何やらカタカナの名前がついております。
A7sankaku
         説明を読むと・・・・
A8sankaku

 流雪溝用水の取り入れ口でございました。
(『流雪溝』とは、雪を流すための水路であり、雪を流すために大量の水を流し続ける
 必要がございます。最終的には信濃川等の下流の大河川に流れ込みます。通常は
 雨水等の排水溝を兼ねます。)


        道路脇で見かけた手押し井戸ポンプ。
        子供の頃我が家でも使っておりました。
  冬になると凍ったり、時に呼び水が必要だったり・・・・懐かしゅうございます。)          A9pomp
       冬が近づくと、道路脇にポールが並びます。これも雪国ゆえ。・・
A10paul
            魚野川の清流を眺めて

                 またてくてく・・・・てくてく・・・・
A11kawa
       和南津トンネル
          中越地震で一時不通となりましたが、
             内側を補強して開通いたしましたので
                内径が小さくなっております。
A12wanadu
      狭いので足早に通り抜けました。
    
      秋でございます
                てくてく・・・   てくてく・・・
A13susuki
11:05 堀の内パーキング
        ここらでちょっと一休み。
          トイレタイム&クリームパンでエネルギー補給。
A14p
             線路脇の電柱
                 駅が近いから??
A15kasen

             権現堂山

A16gongen

           田んぼの稲は倒れ・・・・
A17ine
          車は歩道に乗り上げ・・・
A18jiko  
           猫(?)が休んで行けよと誘ってる・・・
A19neko
            雪に埋もれる消火栓
A20syouka
          遠くに見えるの毛猛山?
A21yama

12:34 小出駅前通過
              ハナコさんは雲の中
A22hanako
               魚野川といえば、鮎釣りでございます。
                   のどかでございます。
A23ayuturi2
         脇見しながら    てくてく・・・   てくてく・・・

           静かな小出市街地に突入
A24koide
            棒鱈ではなく 開き鱈???・
A25tara
              湯之谷村の名残。
A26yunotani
             尾瀬まで歩く元気はございません。
A27oze
               あれはひょっとして未丈ケ岳?
                   
A28mijyou
             てくてく・・・   てくてく・・・
                    ・・・・

13:45 大沢下口バス停
    次のバスは16:00だから、今日は此処まで、14:00のバスで帰ります。
A29kokomade
14:15    バスで小出駅まで戻り。 14:55の電車で越後川口へ
A29koide
15:08 越後川口駅到着。               ・・・・
A30tikadou
    子供の頃、夏休みに海に連れて行ってもらうときとか、遠くに出掛けるときに
    飯山線との乗換えで潜った懐かしい地下通路でございます。(昔のまま)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【特製肉まん】 肉まんの美味しい季節となりました
A31tokusei

16:30 無事帰宅

6,結果
      本日歩いた距離 約16km 少ないけど、ま、いっか)!    

       今日も事故無く   良かった・・・   良かった・・・

【現在までの赤線プロジェクトⅡ】
Aルート  自宅-切明-渋沢ダム-魚野川遡行-赤石山ー野反湖-白砂山-三国峠-谷川岳-

       清水峠-巻機山-丹後山-枝折峠 踏破済み

Bルート  自宅-(国道117号線)-越後川口駅-小出駅-大沢下口バス停 踏破済み

残り 大沢下口バス停-枝折峠  あと2回程度で接続予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

日本海再び(赤線プロジェクトⅠ)

2014年12月3日作成

           毎日のようにあった町内の『熊出没情報』はここ数日収まり

        熊さんもいよいよ冬眠に入ったのでございましょうか?    
C1kaki

         ポツン
            熊も届かぬ 木守柿

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1、目   的  記事『そして日本海』の続き
        (黒部川流域包囲網(述べ175kmのトレース)完成)
2、目的の場所  宇奈月から日本海までの黒部川の左岸(距離21Km)
         (※距離は5万分の1地形図上にてキルビメーターにより計測)
3、出かけた日  2014年10月18日
4、形   態  日帰り単独国県道/堤防/農道/河川敷てくてく歩き  

5:10 自宅(津南町)発、十日町よりほくほく線・北陸線利用
  
A1
   北陸線の車窓から見る僧ケ岳・毛勝・剣立山方面
8:19 魚津着
8:56 魚津にて富山地鉄に乗り替え宇奈月温泉へ
A3eki
9:40     駅前の噴泉は工事中でございました。
        ここから歩き始めます。足湯に入ってからと思いましたが
          行ったところの足湯は工事中でお休みでございました。

             皆さん山(上流・黒部峡谷)へ向かうのに
          私は下へ、日本海へ!  
A4torokko
       街路灯の装飾はトロッコ電車でございましょう・・・
           六根清浄 お山は晴天
              今日もお空は よい天気 

A8oni
        音沢付近の民家の蔵の装飾でございます。
          この辺は黒い艶のある瓦葺の家が多かったです。
           道草・・・  道草・・・
               てくてく・・・   てくてく・・・

A12mizu
        愛本橋下流の黒部川でございます。
         このすぐ上流で大量の農業用水を取水致しますので
           水量は少なく、穏やかな流れでございます。

A13lunch
 11:15     愛本橋下流にてランチタイムでございます。
            慌てない…慌てない・・・
A15aimoto2
         中央が愛本橋でございます。
          ここから『黒部谷』が始まります。
            堤防の道を てくてく・・・ てくてく・・・
A19kazoku
        河川敷では親子が寛ぎ長閑でございます。
         遠くに見えるのは犬ケ岳?その右は初雪山?
           先日辿った栂海新道の稜線でございます。

        河川敷を  てくてく・・・   てくてく・・・ 
A21p98
        ようやく半分あと9.8Kmでございます。
          てくてく・・・   てくてく・・・
A22hakuba2
         歩くほど(山から遠ざかるほど)奥の山が見えてきますます。
            少しずつ、少しずつ景色が変わっていきます。
                振り返り、振り返りしながら歩きます。 
         ↑白く見えるのは白馬岳でございましょう・・・
A23aahi
          ↑朝日岳でございましょう。
           広域農道を てくてく・・・ てくてく・・・
A25sakura
        当初この計画を思い立った時は、
   『残雪期に、河口から桜満開の堤防を、真っ白なお山に向かっててくてく歩く』 
   というイメージを持っておりましたが、来年の春まで元気でいられるという保証も
   無いので、逆コースですが、今のうちに歩いておくことにいたしました。
A30yama
        朝日岳   雪倉岳   白馬岳
        振り返り、振り返り  てくてく・・・  てくてく・・・
A31cart
  左が日本海方面、右のお山が犬ケ岳・・・
   手前に、負釣山らしき山が重なってちょっと判別困難なところもありますが、
    9月に歩いた懐かしい栂海新道の山並でございます。
     手前の河川敷ではエンジン音を響かせゴーカートの練習をしておりました
A32pater
 13:15         ここらでちょっと一休み
           こちらの河川敷では静かにパターゴルフのお年寄りも・・・
A33radicon
      こちらの河川敷ではラジコン飛行機の曲芸飛行大会?
         賑わっておりました 
          河川敷は皆さんののびのびできる空間のようでございます。
A36sake
   河口近くにあった鮭の採捕場(?)中で大きな魚がジャンプしておりました。
   このまま河口に出られると思ったのですが湿地に行き当たってしまい、
   回れ右して一旦逆戻り、結局30分くらいのロス、・・・ま、いっか・・・
    あわてない・・・  あわてない・・・
A37p0
      河口標識(?)日本海でございます。
A39kakou
14:55        念願の黒部川河口でございます。
 これで、日本海ー宇奈月ー僧ケ岳ー毛勝山ー剣岳ー五色ー薬師ー三俣
    ー水晶ー烏帽子ー蓮華ー鹿島槍ー白馬岳ー朝日岳ー日本海
    黒部川流域を囲む北アルプスの稜線トレース(延175Km)が
     繋がったのでございます。

     「只それだけ」といえばそれだけのことですが、
     ま、人其々ですから・・・・・・・  怪我もなく無事で
       よかった・・・  よかった・・・       )
A40teatime
      栂海新道の稜線を眺めながら
         のんびり Tea time !!!
                   さて、次の目標は????

A42turugi2
      後は生地駅まで1.5kmを歩くだけ
         お山を見ながら てくてく・・・ てくてく・・・

15:25 生地駅着  15:38 生地駅発   ・・・・・・やがて無事帰宅 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【頂き物】
  ご近所さんから煮豆と白菜漬けを頂戴いたしました。

C2mame

      煮豆は柔らかく、母も喜んで食べておりました。

        ご馳走さまでした 

       ・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・  

| | コメント (0)

そして日本海

2014年9月30日作成

お天気が良いので、布団干しをしました(9月27日)
C0futonn
          今夜もフッカフカでございます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014年9月21日 9:00一休みした黒岩山(栂海新道)発
       これから辿る山なみでございます。
         遥か彼方に犬ケ岳(栂海山荘も見えております。)
          たいした起伏も無いように見えるのですが・・・・・・、

Csawagani1
       ところがどっこい、  そこそこのアップダウンが
            じわじわと体力を吸い取ってゆくのでございます。
       よっこらしょ  どっこいしょ 
C2fumiko
      文子の池でございます。 静かな場所でございます。
C3sawaganihatuyuki
      サワガニ山の向こうに見えるのは、初雪山でございましょうか?
           存在感のあるお山でございます。
                 道が無いので、残雪期のお山でしょう。
      うんこらしょ   どっこいしょ

      北俣の水場で2.5Lほど水を汲み、犬ケ岳へと向かいます。 
C4tugamikoya
          さすがに2.5Kgの追加は応えます。
                犬ケ岳についた時はヘロヘロでございました。
                      ようやく栂海山荘でございます。
     11:50 栂海山荘着
           進むべきかとどまるべきか、迷いましたが
           とりあえず『お昼寝』  
           ・・・・・・・・・・
     12:50 1時間ほど休んだら、少し復活したので再出発
            白鳥小屋を目指して出発!! 
          しばらくはガスの中、景色は見えない。          
C5
         13:50 黄連の水場にて Bさん、Cさんに追いつく。
               あとからD女史も追いついてくる。
             素敵なブナ林の鞍部で、一泊したいところですが、
             そうもいきませぬ。
               ここから先は、互いに抜きつ抜かれつ・・・
C6nanakamado
  さすがに8時間を越えてからの行動はつらい 
    写真を撮る余裕もなく、ひたすら歩く・・・歩く・・・歩く・・・ 
      途中でタオルを落としたのにも気づかず  歩く・・・歩く・・・歩く・・・ )   
C7furikaeru
         白鳥山への登りから犬ヶ岳方面を振り返る。
           何とか歩いてまいりました。
             あと少し    うんこらしょ   どっこいしょ
C8yuuyake
    16:08  白鳥小屋着
           先客Aさん 4:00に朝日小屋を出て、14:00に到着との事
           順次、Bさん、Cさん、D女史も到着、
           全員 日没前に到着    よかった  よかった 

           この夜は5人で仲良く夕食、21:00頃まで話が弾みました。
           しんどい思いを共有すると、ちょっとした親近感が
           生まれてくるものでございます。  
C9ikiwari
  2014年9月21日  下で落ち合うことを約し、各々の時間で出発
          5:20 私も出発     ・・・結局途中から皆一緒になる。
              シキワリの水場は、ほんとにチョロチョロ程度でした。
            途中何度か蛇に出会いました。
            黄色い首輪をしたヤマカガシの子蛇にも会いました。     
C10sakata
               坂田峠・・・
 C11nimotu_2
      D女史の荷物、自分より大きいような・・・
        折立から入って立山越えて、欅平下りて、白馬登って・・・・・
         今日で10日目でしたっけ? 強い!
          と言うか、その意気込みに完敗でございます。 
C12rinndou
      8:25  林道・・・あと少しでございます。
            このあと、荷物の一番少ない私が遅れだしたのでございます。
            下りも結構きついのでございます。
            しかし!!!!
            登山口で皆さん待っていてくれました。
         いやー  嬉しかったです。)  皆さんの優しさに  感謝!          
C13umi1
          そして日本海!!! ヽ(´▽`)/
C14umi2
   10:15      やっとたどり着きました。
     (胸元の乱れが余裕の無さを物語っております。 

 宇奈月→僧ケ岳→サンナビキ→毛勝→剣→立山→薬師→三俣蓮華→
黒岳→烏帽子→蓮華→針ノ木→鹿島槍→唐松→白馬→朝日→日本海
  黒部川流域包囲網(トレース)がほぼ完成したのでございます。
  あとは宇奈月(僧ケ岳)から日本海をトレースして完成でございます。

C15kitaalpusend
         北アルプスの出発点?
C16sea3
         皆さん海に入りたくなるようでございます。
C17member
          後半ご一緒していただいた皆さんです。
           楽しく過ごさせて頂きました。
            
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  このあと、温泉に入り、5人相乗りのタクシーで糸魚川に行き、
    Aさんとは駅でお別れし、残りの4人で一緒に昼食を食べ、
     お別れいたしました。
  皆さんほんとにありがとうございました 

   今日も事故なく
                よかった  よかった
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【今夜のおかず】
 オクラ、シイタケ、牛蒡、インゲン、高野豆腐、人参の煮物

C18nimono
   柔らかく煮ようと思ったら、オクラとインゲンの緑が
       褪せてしまいました・・・・・・・ま、いっか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

草霜

2014年9月27日作成

B0simo
     稜線の朝(9月21日長栂山)は霜が降りておりました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014年9月20日 14:56 朝日岳山頂を後にし朝日小屋へ下ります。
B1
          何とか16:00までに朝日小屋に入れそうなので
              道草食いながら下ります
B2
                  よっこらしょ  
B3
                どっこいしょ
                              あと少し・・・
B4

                ま、あわてない   あわてない ・・・・・
B5kaya

   15:37   この日のお宿朝日小屋でございます。
           予約客は30人、私が最後の到着だそうです。
           (外のテントは5張くらい?)
           小屋は8畳の部屋に4人でございました。
           隣のAさんも明日栂海新道を下るそうでございます。  
B6yuusyoku
          この日の夕食でございます。
              美味しゅうございました。 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【2014年9月21日】 
  隣のAさんは 4:00頃出発していきました。
5:00 私も昨日の残りのおにぎりを食べて出発。
B7asa
      少しだけ白みはじめました。
          意外と暖かいです。
      六根清浄   お山は晴天  
          今日もお山は  良い天気
      今日も無事故でありますように  
B8s

              きれいな霜でございます。
B9s

           道草食いつつ   よっこらしょ
B10s             どっこいしょ
            あわてない   あわてない
B11s_2
              立ち止まりませう
B12s
             『自然のなせる業』 でございます。

B13hakuba

      白馬岳方面でございます。
B13s
       6:00 朝日岳山頂  一休み (*^-^)
B14

          長栂山方面でございます。
                先行するBさんでございます。
B15yuki         

         まだ雪が残っております。
            遠くに見えるのは 小蓮華山
B16
           木道は霜で真っ白でございます。
B17  
             小蓮華・雪倉岳・白馬岳・旭岳
B18asahi
           右が朝日岳でございます。
              振り返り  振り返り 進みます
B19toyama      
    長栂山から望む 富山平野・富山湾でございます。
B20yama      
     これから辿る山なみ(栂海新道)でございます。
          犬ケ岳とその向こうに白鳥山が見えております。
               先は長いぞ  うんこらしょ
B21hara
                                  アヤメ平の辺り?
B22
             のどかな風景が続きます
                てくてく・・・  てくてく・・・
B23ike
     黒岩平の辺りでございます。 
        地元の苗場山を思わせる池塘でございます。
                てくてく・・・   てくてく・・・
B24kuroiwayama
        8:45 黒岩山到着でございます。
               犬ケ岳は遙か先でございます。
B25koya
              犬ケ岳の肩に栂海山荘が見えております。
                   とりあえずあそこまで・・・・・・・・・・・・・・

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            私が山に入っている間も、
B30siitake
              庭の椎茸は  すくすく育っておりました。 

| | コメント (0)

草紅葉

2014年9月23日作成

     稲刈りの真っ最中でございます(9月19日十日町市下条地内にて)
A0inekari
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     稲刈りとは関係の無い私は
A12gorinn
                        山遊びに出掛けてきました。
1、目     的  栂海新道トレース
2、出掛けた日   2014年9月20日~22日
3、形     態  小屋泊まり
4、めんばあ    SOLO

9月20日 ○たぬきさんに蓮華温泉まで送って頂き入山
9:00  出発    一滴まーす 
A1asahi
              中央が朝日岳で、右より手前が五輪尾根だと思います。
            六根清浄  お山は晴天
               今日も無事故でありますように 
A2h お花を見ながら、よこっらしょ A3h_2   どっこいしょ
A4h

A5azami
           アザミが沢山咲いておりました
A6torikabuto
              トリカブトも沢山咲いておりました
A7ki
               こんな木の下をくぐり
                     うんこらしょ    どっこいしょ
A8hyoutann
        ひょうたん池の近くの湿地でございます。
A9hasi
        白高地沢の橋の下では工事中でございました。
           かなり大きな重機が入っていたので、
               たぶんすぐ下まで林道が通じているものと思われます。      A10h ま、お花でも見ながら A11rinndou  うんこらしょ
A13asahi
    五輪尾根から望む朝日岳でございます。
             先は長いぞ   どっこいしょ

           
A16h
A17syajinn

   振り返り見る五輪尾根でございます。  草紅葉でございます。           

A18matumusi  マツムシソウ A19aka 
  赤い実

A20

・・
A21ware
               この花 好きです。
A22tyuji

          水場には丁子菊が咲いておりました。
A23ayame
     アヤメも咲いておりました。
    夏の花と、秋の花が混在しております。
A24fukiage
      間もなく吹き上げのコルでございます。
      この辺、前回来たとき(7月)には残雪で大変歩きやすかったのですが・・・・・

      あと少しで稜線でございます。
          うんこらしょ     どっこいしょ    
A25top

 14:53  てっぺんでございます。
        以前はもっと大きな頂上標識があったような気がするのですが、
         気のせいでございましょうか? 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

| | コメント (0)

熊・のち雨・雨・雨

2014年8月21日作成
  収穫の秋でございます。
A0daikonn
         庭のトンボも秋化粧?
A0drago
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1、目   的   行ったこと無い稜線をトレース
2、目的の場所  北アルプスの行ったこと無い稜線
3、出掛けた日  2014年8月15日~17日
4、形    態  雨が降ってもテント泊の縦走
5、めんばあ    YANAさん、私(以上2名)

【一日目 
         我家の庭では、朝焼けの中を蝙蝠が沢山飛んでおりました。
A1asayake

        まだまだ自然豊かな(?)我家の周辺でございます。
        ・・・・・・・・・・・・・・
5:00    朝焼けの中を出発でございます。
7:30    駐車場着
A2nyuu

7:50    登山指導センターにて「熊出没」の注意を受け、
        ホイッスルを吹きながら入山。
           六根清浄 お山は晴天
                 今日も無事故でありますように 

8:27 2合目にて休憩。後ろの斜面で草を踏み分ける音と荒い息遣いが聞こえる。
     ホイッスルを吹くと、ガサゴソと言う音が遠ざかっていきました。
       その後、子熊目撃 

A3hasigo

    小雨が降り出だした中、急登をひたすら登ります
         よっこらしょ   どっこいしょ
A4h1A0fune
   やがてお花がチラホラと
A4tingu
         うんこらしょ    どっこいしょ・・・・
A5h2
雨の中ではありますが、登るにつれてお花が
    少し和ませてくれます。
A6h3

キャンプサイトにはすでに5張ほど設営されておりました。
水場に行く途中にはお花畑がありましたが、カメラを忘れました。 
しかも、帰りには土砂降りに 

A7h4A8h5
【二日目 
 下山を検討しておりましたが、テントを撤収する頃には雨も止み、
  暫くは降らないと思ったので、縦走に決定!

A9h

A10h_2A11h_2

A12h_2
  でも、やっぱり雨でございます。朝から雷も鳴り出しました。
A13hh_3

                 うんこらしょ    どっこいしょ・・・
A14h_2

     ・・・・・・・・・
A15h_3
・・・
A16h_2

   景色が見えませぬので、お花でも・・・・・
    と思うのですが、 雨と体力不足であまり写真を撮る余裕がございません。

・・・
A17h_2

           振り返って見る七倉岳でございます。
B1nanakura_2
             よっこらしょ  どっこいしょ・・・・
B2h_2
            もうこの辺で私は、へろへろでございました・・・
B3fudou_2

          コマクサが沢山咲いておりました。
             風化した花崗岩の砂礫を好むようでございます。
B4komakusa_2

       ↓ 中央の尾根が、読売新道でございましょう
           その向こうの尾根の影に薬師見平がございます。
B5akausi_2
・・・
B6h_2

         いい所見つけました。
           『お気に入りの場所』になりそうでございます。↓
B7ike_2

            お花が沢山咲いておりましたが、
              生憎、土砂降りでございました 
B8kuruma_2

          昼頃になって雨が止み、暫く景色を眺めることが出来ました。
            針ノ木岳、不動岳、蓮華岳,七倉岳でございましょう
B9harinoki_2
                   ↓立山も見えております。
B9tateyama

                        ↓五色ケ原も見えておりました。
B10gosiki_2

                ↓ 赤牛岳、薬師岳方面でございます。
B11yakusi_2

                   ↓ 唐沢岳・餓鬼岳方面でございます。
B12fudou_2

      夕方より再び雨となり、濡れネズミのテント泊となる。

【三日目  
  雨の中をひたすら下り、
        不動沢のつり橋を渡る。
B13turibasi_2
     七倉荘にて温泉に浸かり、さっぱりした後、
          大町で温かいラーメンを食べて帰途につく
       
     今日も無事故で
                   よかった  よかった   

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       我家の庭にも、少しづつ秋の気配が・・・・
A0momiji_4

         ・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

やがて虹

2013年7月22日作成

          今日は
Autu1
               に 行って来ました
 朝
    母 「誰と行かんだい?(どなたとご一緒するのですか?)」
       (私が遠出するのは山遊びに出掛けるものと思っているらしい)
    私 「仕事で・・・一人で・・・・・・」
    母 「早く帰ってきてくれ・・」
                        母は長時間一人にできないので、デイサービスに出かけていただきます。
      では、行ってきまぁーす!

Autu2

      餃子を食べに行ったわけではございません(もちろん食べましたけど・・・)。
                      お仕事でございます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【以下、前記事「雨」「そして雨」の続きでございます】
2013年7月15日朝 6:05下山開始
C1koya

        小屋を出ると、小屋の皆さんが鐘を鳴らして見送ってくれます。
         はい、お世話になりました。
C3f
        時々雨が吹き付ける中を下ります
           六根清浄  お山は晴天
C4f
         ま、ゆっくりと行きませう
C5f
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
C7niji
           やがて雨も上がり
                         虹が・・・・・
C8ladder
            こんなところを下り
C9sun
           下るにつれ、陽射しは強くなり
                 暑さが増すのでございます。
C10iwakoya
          岩小舎を過ぎ
                      てくてく・・・てくてく・・・・
C12buna
         やがて大きなぶなの木が現れ
C13ajisai
         アジサイが現れ・・・
C14end
       間もなく終点七倉でございます。
       8:50 七倉着
             七倉山荘でに入り一休み
              途中道草を食いながら帰途につく
       13:31 帰宅、今回も目的達成!

              今日も事故なく  よかった   よかった 

        ・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

そして雨

2013年7月19日作成

【前記事「雨」のつづき】    

2013年7月14日  5:33 お世話になった大沢小屋をあとにする。
A1sekkei

  暫くは雨具なしで進みました。

       六根清浄   お山は晴天
B2sekkei_2

     ゴルジュの辺りから風雨が強くなっててきましたが、
       雪渓上はさすがに効率よく進め、
         しかも雪渓は峠まで続いておりましたので,大幅に時間短縮 !! 
   7:35  針ノ木小屋着 小屋に入って温かい紅茶をいただき
              身体も気持ちもをリセットして雨の中再出発。
B3syakunage

          蓮華岳へと向かいます
                  うんこらしょ   どっこいしょ
B4h
        景色が見えないので
             もっぱら足元のお花を楽しみに登ります。
        風が強いので、なかなか写真を撮らせてもらえません。
B5h
            先は長いけど、
                 ささ、立ち止まりませう  B7h

       お花畑の中を
                  よっこらしょ   どっこいしょ
B8h
            頂上付近は一面のコマクサでございます。
B9koma
                    ・・・・・・・・・・・・
B10h
              8:48    やがて最初の「てっぺん」でございます。
B11rennge
          少しだけ休んで、南に向かいます。
B12koma
           南側も  コマクサ・・・   コマクサ・・・   コマクサ・・・
B13yotuba
                 蓮華の大下りでございます。
                     足元注意して  よっこらしょ
B14raitefu
           霧で景色の見えない日は
             雷鳥くんに会えるチャンスが大でございます
B16yaku
             下るにつれ   石楠花が沢山咲いておりました。
B17syaku
                  ・・・・・・・・・・・・・
B18koru
     9:35 ようやく北葛乗越でございます。
        写真では分かりませんが、 とても風雨が強いです。
B22kitakuzu
        10:38 北葛岳   風雨
B23nanakura
          ようやく 七倉岳が見えてまいりましたが、
             手前に七倉乗越が待ち構えております。
B24gaki
        七倉乗越付近からの餓鬼岳方面でございます。
              時々遠くの山も見えます。
B25hasigo
                    足元注意でございます。
B26h
           シットリでございます。
B27nanakura
            11:55 七倉岳到着
B28syaku
             ・・・・・・・・
B29koy
            今日のお宿が見えてまいりました。
B30koya

       12:07 お宿に到着
             予定より大分早く到着できました。
           まだ下山・帰宅も可能な時間でございますが、
           ま、よくばらない、よくばらない
           ゆっくりいたしませう。 

B31ebosi
           烏帽子岳方面でございます。
B32kurotake
         時々風雨が激しくなりますが、
         夕方には、一時黒岳・赤牛岳方面が見えました。
B33lamp
            やがて小屋のランプに灯が灯ります・・・

           ・・・・・・・・・ご来訪有難うございました )・・・・・・・・・

           ・・・・・・・・・・・・・・あと少しだけつづく・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧