カテゴリー「お山(12)」の31件の記事

窓越しに・・・ 

2012年11月14日 作成

  先月、弟が帰省した際に雲洞庵に立ち寄ってみました。
  窓越しに見る風景が面白かったので、
  紅葉を見に再び訪れてみました。

1、目   的  窓越しに見る紅葉を楽しむ
2、目的の場所  曹洞宗金城山雲洞庵(南魚沼市)
3、出掛けた日  2012年11月11日(日)(じいちゃんの命日)
4、形     態   一人でぶらぶら

A1hakkai_2
               八海山も駒ケ岳も中ノ岳も
                みな、うっすらと冬化粧でございました。
A2_2
               参拝料 300円也
               赤門越しに見る境内でございます。
A3_2
                しっとり でございます 
                 中央が赤門でございます。
A6_2

              紅葉は始まっておりました。
A7_2

                ただ、鮮やかさがイマイチでございます。
A8_2
                     ・・・・・・・・・・・・・・・・
A10_2

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A10_2
                   窓越しに見るのが面白いのでございます。
A11
               結構いろんな窓があって
                  なかなか楽しめるのでございます。
A14
        同じ景色を何度も楽しめるのでございます。
A21_2
                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A22_2
                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A25_2
                静かでございます。
A26_2
         ずいぶん古い窓枠のようでございます。
A27_2

              縁側に寝そべってみました
A28_3  
       障子戸を少し開け
           隙間から
              ちらりと外を・・・・
A32_2
         初雪の降った頃も良いかもしれません
A33_2
         別棟二階の縁側(?)でございます。
A34_4    
        こんなところで『雪見酒』なんてのも良いですな。
A35_2
             ・・・・・・・・・・・・・・・
A36_2
                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A38_2
            窓越しに見る 赤い橋 でございます
A39_2
             あちらが 別棟(?)でございます
A0ma

         現在、仕事用PCの壁紙は上の画像を使用しております。

A43_2

              一応今風な窓枠も・・・・


A44_2

                お日様があたっていれば
                  もっと鮮やかに発色するのでしょうが
                ま、よくばらない・・・よくばらない・・・・・・・・・
A45
                  ぎょっ!!!!!
A47_2

             あっちへうろうろ
                    こっちへうろうろ
                          同じところを何度もウロウロ
               いささか『挙動不審』でございます

                       ま、  気にしない・・・気にしない・・・・・・・


A48_3



             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A51_3
       風化した木肌に「時」を感じます。
A52_2
            ・・・・・・・・・・・・・・・
A53_2
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A54_2
            そろそろ帰りませう。
A56_2

                    ・・・・・・・・・・・・・・・
A58_3

                 
               帰ります。

                  ・・・・・・・・・・・・・・・ 

              ご来訪ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(追記)
【すぐそこまで】
15日朝、すぐそこのコタツ山(氷山674m)の中腹まで雪が降ってました。
A1
          間もなく、『冬本番』の津南町でございます。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・  

| | コメント (2)

少し前のこと

2012年11月8日 作成

先月の山行でございます。

1、目的   紅葉見物
2、目的の場所  あの辺の高原の一角
3、めんばあ  ○たぬきさんと私 以上2名
4、形態    のんびり日帰りハイキイング
5、出掛けた日 2012年10月14日(日)

A1
    入り口でございます。紅葉にはまだ少し早いようでございます。
A2
         六根清浄 お山は晴天
            今日も無事故でありますように 
A3
       木道が水没しております。
A4
                 脇見をしながら   てくてくと
A5
                     カサコソ   カサコソ
A6
              脇見をしながら
                           てくてく    てくてく
A7

              あっちのお山が  少し紅葉・・・・・
A8
               こっちのお山も  少し紅葉・・・・・・
A9
             ま、ゆっくりいきませう

               六根清浄    お山は晴天
      A10
                 お池に到着でございます。
                   少し風があります。
A11

             脇見をしながら   どっこいしょ
A12
               エメラルドグリーン ?
A13
                        静かでございます。
A15
            今日はこここまで
                        早速 こおひいたいむ でございます。
            あわてない   あわてない ・・・・・
A16
                ・・・・・・・・・・・・・・
A17
               みなさん 「まったり」でございます。
A18
                ゆっくり帰ります
                    よっこらしょ    どっこいしょ
A19
             緑は緑で   それなりに・・・
A20
               ゆっくりいきませう
                 はい   道草  道草
A21
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A22
            林道を帰ります
                    てくてく   てくてく
A23
              てくてく   てくてく
A24
                道草  道草・・・・・
A25
                 本日の行程終了でございます。
A26
            少し遠回りをしてみましたが
               やっぱり紅葉には少し時期が早かったようでございます。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
帰りに トマトの国中条温泉(栄村)に入って汗を流してから帰宅。

事故なく、よかった   よかった ・・・・

ご来訪ありがとうございました。・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・   

| | コメント (0)

でたぁ~

2012年10月31日 作成
A7momiji
           紅葉も少しづつ里へと降りてまいります。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1、目   的   信越トレールを少しだけトレースする
2、目的の場所  信越トレール(仏ケ峰から桂池まで)
3、めんばあ    E沢、H、私(以上3名)
4、出掛けた日  2012年10月20日(土)

朝、E沢とHに桂池(下山予定地)に1台配車してもらう。 感謝 

A1

            あの辺のお山を歩きます。     
             とん平から入山
A2p

         とりあえず駐車場は私どもだけでございます。
A3

           はい、お山に入ります
            六根清浄    お山は晴天
              今日も無事故でありますように  
A4

                岩菅山や横手山が見えております。
                 間もなく『仏ケ峰登山口』でございます
A5
             紅葉にはまだ少し早いようでございます。
A6
              よっこらしょ
                          どっこいしょ
A7

                   ・・・・・・・・・・・・・・・
A8
              良いお天気でございます。
A9susuki
               脇見をしながら   どっこいしょ
A11
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A12mukitake
            ムキタケだと思います。(黒いシミはなかった)
             もちろん・・・・・・・・・食べません!
A13takayasiro
               高社山と右奥は菅平の辺りでしょうか?
A14
            はい、  うんこらしょ
                            どっこいしょ
A15
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A16
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A17top_2

             ここが『仏ケ峰』のてっぺんのようでございます
             標識のようなものはございません。
             標識を求めて小沢峠方面に大分進んでみましたが
             やはりここが 『仏ケ峰』のようです。
     『仏ケ峰登山口』の案内はあるのに、てっぺんの標識が無いのでございます。
A20buna

       山の中で時々ブナの肌に書かれた落書きを見かけることがございます。
       昔なら何かの目印にしたこともございましょうが、
       苗場山の登山道の脇の木には、中学時代の先生の名前が
       しっかり残っておりました。消すことも出来ず・・・・・・・
A21nozawa
        野沢温泉・上ノ平方面でございます。
        『仏ケ峰登山口』まで戻ってまいりました。
        ここらで昼食時間でございます。
A22tonjiru
       トン汁なんぞをつくって1時間ほど
        「 まったり 」でございます。
            あわてない   あわてない・・・・・
A23hanabira

              ハナビラニカワタケ ?
A24
                少し下ります
A25ha                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A26tuyu
         湿度が高いせいか、まだ露が残っております。
A28
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A30
          北古池湿原に出ました
A31
                六根清浄  お山は晴天
                相変わらずの良いお天気でございます。 
                あと少し
                よっこらしょ   どこいしょ
   A32

               中古池でございます。
A33
                桂池着、あとは車で帰ります。

                今日も事故なく
                   よかった  よかった

               

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    この日のザブンは
A34
          こちらで夕日を見ながらでございました。

          はい、お疲れ様でした。  

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【でたぁ~】
 地元(津南町)の山の中腹に仲間4人で作った山小屋がございます。
  正面に苗場山を望む眺めの良いところでございますが
    最近あまり利用(手入れ)しておりません。
 先日、仲間のYANAさんからメールがありまして
  「山小屋を熊に壊された。蜂の巣を取りに来たようだ・・」
 小屋のある信濃川の西側の山には熊はいなくなったはずなのですが・・・

A1koya

A1koya
      ありゃ !
          地上から5mくらいのところの外壁がはがされております。
      下には
A3hatinosu
          蜂の巣が落ちております。
          ツキノワグマのプーさんが現れたようでございます。
A4su
      それにしても、よくあんな所まで登ったものでございます。

            だいぶ前から壁のあちこちにキツツキのものと思われる穴が
    開けられていたのですが、やがてそこから蜂が侵入して巣を作り、
     今度はそれを狙って熊が来て・・・・・・・・
         自然豊かなわが津南町でございます。    
A5tume

       爪痕でございます。
A6tume
         爪痕の大きさからすると、かなり大きな奴でございます。

         小屋を越冬場所に選ばれないよう祈るだけでございます。

    ・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・      


| | コメント (0)

下山

2012年10月16日作成

C5kokeha
               光前寺 境内にて

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  以下、前記事『これでいいのだ』『秋霜』のつづきでございます。

  2012年10月8日朝 
D1
                 『御嶽山と私』

D2
             何度も立ち止まってしまうのでございます。

             六根清浄    お山は晴天

D3top
            6:44 一応再びの空木岳頂上でございます。

                  なにしろ前日は景色がほとんど見えなかったものですから・・・・

                 今日も無事故でありますように  
D4komo
             南駒ケ岳方面の眺めでございます。

     あまり知名度はございませんが、こうやって眺めると
      (一度歩いてみようかな・・・)と 思ってしまう山波でございます。
    
D5ryousenn
               前日辿った稜線でございます。

        気のせいか 三ノ沢岳が「お出でお出で」をしているような・・・・・・

D7yari
             ヤリホー(槍穂高方面)の眺めでございます。
             右奥に笠ケ岳の先っぽがちょこんと見えております。
D6taira2_2
             駒峰ヒュッテと空木平方面の眺めでございます。

             そろそろ下ります。   よっこらしょ   どっこいしょ
D8
                  はい、 道草・・・道草・・・・
D9
         6:57 小屋でザックを背負い、下山開始
              うんこらしょ   どっこいしょ
D10
              空木平の小屋でございます。
D11minami
           南アルプス方面の眺めでございます。
D12syakunage
                  ・・・・・・・・・・・・
D13kouyou
            空木平の紅葉でございます。

            あわてない・・・あわてない・・・・
D14                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
D15komaisi
           駒石を通り過ぎました
           名残を惜しんで
                 立ち止まっては  振り返り 
D16
                 立ち止まっては振り返り、 
D17
                  また立ち止まっては
                      脇見をし・・・・・・・
      D18
                ま、 ゆっくりいきませう・・・・・
D19

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
D20
              やがて樹林帯の長い長い下りになるのでございます。

              よっこらしょ   どっこいしょ
D21
              こんな階段があったり
D22
             こんな橋(?)があったりします。
             足元注意!!
D24mizuba
  9:23         池山小屋下の水場でございます。

       お湯を沸かして こおひいたいむ でございます。

         あわてない  あわてない・・・・ 

           チョロチョロと落ちる水の音が、心地良いのでございます。
 
D25

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
D26
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
D27tozannguti
         10:30   ようやく林道に出ました。

      林道に出てからの最後の下りは
        何となく足が前に出ません。
      「足が嫌がる」のではなく。「腰が嫌がっている」のでございます。
       やはり運動不足でございましょうか?
           歳のせいでございましょうか?
       翌日は 筋肉痛でございました。        
D28tozannguti
                登山口(スキー場駐車場)に出ました。

      11:20  駒ヶ根YH着   無事下山。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      当初、温泉に入って昼食を食べて帰ろうと思っておりましたが、
      温泉が混みそうだったので諦め、宝積山光前寺(天台宗別格本山)に
      参詣して帰ることにいたしました。
E1sannmon

                 山門をくぐると
E2sanndou

                  立派な参道が続き
E3sannmonn2

                その奥に更に山門が現れ
E5hasi

                    石の橋を渡ると
E6honndou

              本堂でございます。

                今回も無事下山でき ありがとうございました 

             ご訪問ありがとうございました。)  

              ・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・ 

| | コメント (0)

秋霜

2012年10月12日 作成

    前記事『これでいいのだ』の続きでございます。

B29_2

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                木曽殿越を過ぎ、空木岳へと登ります。
B1
          ガスの切れ間に紅葉が見えます

          六根清浄   お山は晴天

B2
              はい    よっこらしょ
                               どこいしょ

B3zennei_2

          前衛峰(?)本峰はまだ奥でございます。
B4iwaba
             岩場の登りでございます
                真ん中辺りに先行者の黄色いザックが見えます。
B5iwaba2
               アップでございます。
                    よっこらしょ    どっこいしょ
B6iwaba
           この辺で、   パラパラと小さな霰が降り始めました。

           あと少し、   うんこらしょ   どっこいしょ
B7top
        12:43   空木岳 てっぺんでございます。
             今回は、なんとなく余裕のありそうなポーズでございます。
B8koya
               今回の目的地 駒峰(こまほう)ヒュッテでございます。
B9utugitaira
           小屋付近から見下ろす空木平の紅葉でございます。

          時間的には、明るいうちに下山できる時間でございますが、
          目的は「駒峰ヒュッテ宿泊」でございます。
B10koya

      まだ時間が早いせいで、二階の一番奥(入り口の真上)の場所が
      あてがわれました。  ここが実にうるさいのであります。出入りがある度に
      ゴゴゴゴ   ゴゴゴゴゴゴ  ととてつもなく大きな音がするのでございます。
      『音』というよりも、背中の下の床が ビビビビビ と振動するのでございます。
      この日の宿泊客は 41人だったそうですが、トイレに行く人、夜景を見に行く人
      9時頃まで  ゴゴゴゴ ゴゴゴゴゴ・・・・
      ほかに不満はございませんが、あれは何とかならないものでございましょうか?
      やがて夜は更けてゆきました・・・・
B12matinoakari
      2012年10月8日 朝
          町の灯りが  とてもきれいね  コマガネ

          朝でございます。 多くの皆さんは御来光を見るために
          頂上に向かいました。
          私、小屋で寂しく 夜明けのコーヒー一人で飲んで
          小屋のサンダルで小屋の辺りを・・・うろうろ・・・

  

B13koya_3

        日の出を待つ 駒峰ヒュッテでございます。

      北斎の版画で見たような、群青色のグラデーションでございます。

B14sannkaku_3
          空にはまだ星が・・・・
          ン? シリウス? 冬の大三角形? スバル? 流れ星?
                          ご存知の方、教えてください 
          三脚が無いので、岩の上にカメラを置いて撮りました。
B15yoake
         小屋の向こうが八ヶ岳方面で、右寄りが南アルプスでございます。
B16minami1
         左端が北岳辺りで、南アルプスでございます。
B17minami2
         鋸岳、甲斐駒、千丈岳、北岳、間ノ岳・・・・・・・・
         そろそろ夜明けでございます。
B18fujisann
          富士山もようやく見えました。
              はい、お早うございます 
B19imo

           霜柱でございます。小屋の水道(?)は凍結して出ないそうです。
B20norikura

        乗鞍岳方面でございます。

B21hotaka_2

      遠くに 槍穂高が見えております。
              はい、 お早うございます。

B22asahi
        
        空木岳にも朝日があたりました。
          皆さん出かけてしまったので、
             私もそろそろ出掛けます。
B23
        ま、足元でも見ながら ゆっくりと
B24
       はい、 道草  道草 ・・・・・・
B25
              静かでございます。
B28
                きれいでございます。
B30
              赤い実と
                        黒い実でございます。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・・・・・・ 

 
      
   

| | コメント (0)

これでいいのだ

2012年10月8日作成

C4kouyou

       当地の稲刈りもほぼ終了したようでございます。
       一方で、熊の出没やスズメバチによる被害も度々耳にする今日この頃で
       ございます。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月5日の夜電話有。急遽連休(6~8日)を頂戴する。

予定変更

1、目   的  主たる目的、駒峰ヒュッテ宿泊(ついでに空木岳登頂)
2、目的のお山  千畳敷より空木岳へ縦走、池山尾根下山。
3、形      態      もちろん小屋(駒峰ヒュッテ)泊まり単独
4、出掛けた日  2012年10月6日~8日
5、特に注意すべき事項 熊、スズメバチ、霙

10月6日 9:00 地元の病院にて胃カメラを飲む(?)
       『十二指腸潰瘍の跡と胃炎がありますが、胃癌はありませんでした』
       ということで帰宅。「2時間は飲食と運転は控えてください。」とのことですが
       自宅でしばし休養の後
10:10 津南発、途中飯山のベイシアで食料調達。
13:13 駒ヶ根インター着
             車中泊のつもりでしたが、駒ヶ根YHに電話すると宿泊OKとのこと、
      チェックインの16:00までその辺を ウロウロ・・・ウロウロ・・・  
 A1yama
         お山は曇り気味のようであります。
A2minnka

    旧竹村家住宅を見学 
      建物内には吊るし雛が展示されておりました。
        干し柿も実は布製の作品でございます。
A3a
          神社仏閣とは異なる古民家の迫力というか存在感があります。

          その後この日のお宿へ
A11yh
            お世話になりました。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       今回は、こんなものを用意いたしました。
C3kumasuzu
    熊鈴とポイズンリムーバーでございます。
      とことん軽量化したいのですが、重い熊避け鈴を持参いたしました。
        やはり大きくてしっかりした鈴のほうがはっきりとした音が出ます。

10月7日

4:30 YH発 隣のすずらん荘の前からしらび平行きのバスに乗れるので助かります。
      宿泊施設利用者の優遇策でございます。

6:00 千畳敷着 指導所で登山計画書を提出して出発
A12torii
         一面の霧でございます
                         霧、霧、霧・・・

           今日も無事故でありますように 
A13kouyou
           しっとりでございます。

              六根清浄  お山は晴天

           後で聞いたのですが、前夜稜線は雪が降ったそうです。
            (残ってはいませんでしたけど・・・・・)

A14urasima
           はい、 脇見をしながら
                          よっこらしょ
A15hibari
              イワヒバリ だと思います
      ホシガラスもいたのですが、カメラを向けたら逃げちゃいました

       濃い霧でございます  霧、霧、霧・・・・
A16iwa

             うんこらしょ
                        どっこいしょ
A17
         道草食いつつ
                    よっこらしょ
A18
              どっこいしょ
              稜線付近は大分紅葉が始まっておりますが
              霧で
              周りの景色が見えませぬ
A19
          はい、たちどまりませう
A20
       8:23 檜尾岳  霧
        よっこらしょ
                       どっこいしょ

        あわてない  あわてない
A21
              とりあえずその辺の写真を
                  道草、道草・・・・・
A22
             雨具を着るほどではありませんが
               濃い霧なのでヤッケを着ております

            まだ時間が早いせいか、人通りは少ないです。

            はい、 足元注意!!

             うんこらしょ    どっこいしょ
A23
           ねずみ男 と こなき爺
A24bakabonn  
               バカボンのパパ
A25tetujinn
               鉄人28号 

                ま、楽しく行きませう。
                     これでぇいいのだぁ~!

A26koke

                        苔?
A27
                霧、霧、霧 !
                    足元しか見えません。
A28koya
    11:20   
                 小屋が見えてまいりました。
A29koya
             小屋の前を通り過ぎました。
                ようやくガスが切れ
                  少し景色が見えてまいりました。
 A30kouyou
             紅葉でございます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
C1mebaru

       自家製のメバルの干物でございます。
            お盆休みに私が釣ってきたものを弟が干物にしてくれました。

       いやあ、まことに上出来、美味でございました。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

ちょこっと百名山

2012年9月18日作成

      今日も暑い一日でございました
A0kouyou_2

          紅葉にはまだ早く・・・・・・

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1、目   的  久しぶりの山歩き
2、目的のお山 今まで行った事の無いお山
3、出掛けた日 2012年9月16・17日
4、山行形態  単独
5、今回の注意事項  熊さんに注意!!!

9月16日 夕刻、ふもとの駐車場へ入る。稜線は雲の中。
A2hosi_2
            夜半、星が見えるが、みえかくれするところをみると、
            雲が流れているようでございます。
A3asayake

    9月17日朝 曇り。 6:10のシャトルバスで上に上がります。
A4kiri

          濃い霧と強風でございます。
 (こんな霧と強風では登っても仕方が無い。少し様子を見てもいいが
、たぶん大して変わらないだろう・・・・・・。ま、せっかくだから一応登っておこう。)

  ということで、7:19 登山開始!

A5miti

          六根清浄   お山は晴天
                            今日も無事故でありますように 
A6katanokoya

     肩の小屋でございます。
            風は ビュービュー
                         時にバランスを崩しよろめきながら

            よっこらしょ     どっこいしょ
A7koya

         頂上小屋でございます。
              風はヒューヒュー
                   うんこらしょ    あと少し
A8top1          8:18 てっぺんでございます。
              風が  びゅーびゅー
A8top2
    神様も今日はお休みのようでございます。

        水分補給して、回れ右!   すぐに下山でございます。

    8:20 下山開始
A9corona
           風で雲が少し切れました。
               コロナ観測所?
A10kataguti
      ガスの切れ目から見えた『肩の小屋口』バス停付近でございます。
A11ike
           池がちらりと見えました。
                 てくてく   てくてく・・・・・
A12hanabatake
           期待は出来ないけど、一応お花畑を巡って帰ります。
A13hana
             予想通り、季節はずれでございます。 
                ま、よくばらない  よくばらない・・・・
A14hana
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A15mokudou
               てくてく   てくてく・・・・・
A16touyaku             数少ないお花でございます。

9:25 バスセンター帰着
A17p
           時々青空が見えました。
A18onnsenn
              麓のバスセンター近くの温泉で一風呂浴びて
          11:44 帰途につく
A20jyounenn

       途中、梓川Pで常念岳を眺めて

        

  15:05 帰宅

          今回も事故なく  よかった  よかった 。

          登り1時間、下り1時間の山歩きでございました。

           とりあえず100名山一個達成いたしました。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    我家の庭では
A1tyou
           増殖し放題のミントにちょうちょが
A21kumo
        家の横では
         ジョロウグモのカップル(?)が・・・・・・

         

        ご来訪ありがとうございました  

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・ 

| | コメント (0)

わたりにふね

 2012年9月2日 作成
 相変わらずの暑さですが、すこしづつ秋の気配も・・・・
A4comos
             稲穂も黄金色に
A3takayasiro
          そして、
             4軒しかない集落でも秋祭りが
A2sekai

            ついには、化け猫も・・・
A1neko_2

                                   化猫も 日陰に入る 暑さかな
         
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、前記事「おばかさん」「くわばらくわばら」の続きでございます。

2012年8月18日 4:55 双六小屋発

A22itige

       六根清浄  お山は晴天     今日も無事故でありますように 
           この日は下りだけですが、この日の注意点は
               『捻挫に注意』でございます。
A23kagamiike

                 鏡平でございます
                       よっこらしょ   どっこいしょ
A24torikabuto2
           ま、昼前に新穂高に着ければ・・・
A25yakedake
            今日もお天気は不安定なようでございます。
A26koya
            6:25    鏡平の小屋でございます。
A27hotaka
                穂高岳方面でございます
A28yari
               槍ヶ岳でございます。
A28yuri
               はい、たちどまりませう
                  『捻挫に注意』!!
A29isidatami
          小池新道下部の石畳でございます。
               整備してくださった方に感謝であります。
A30wasabitaira
          8:19  ワサビ平名物(?)冷やしフルーツでございます。
                バナナ一本100円也 ご馳走になりました。
A31ajiai

              林道を てくてく  てくてく ・・・・・
A31rinndou
                 てくてく・・・    てくてく・・・・・・・

 9:55 新穂高温泉 バスターミナル着 バスターミナルの位置が変わったのを知らず。
      遠回りをしてしまう。(ロープーウェイの乗り口が始発)
 10:05 急いでラーメンを食べ、平湯行きのバスに乗る。
      YANA さんに下山の報告をすべく携帯電話の電源を入れる。
      早速○たぬきさんよりメールが入る。
   ○「お疲れ様です、昨夜の雨は参りましたね。昼過ぎ沢渡で帰宅です」
                        前日から小梨平に入っていたようでございます。
      ふっふっふっふ  「渡りに船、沢渡に車」でございます。
   私「今、平湯に向けバスの中、沢渡から車に乗せてもらえるととても
     助かります。・・・・・・・」
   ○「了解しました。高いぞ」
A32asiyu
              11:30 沢渡駐車場足湯で○たぬきさんを待つ。
        お風呂に入って、おそばを食べて(私は)ビールを飲んで・・・。

        あとは我が家まで直行便でございます。

        ○たぬきさまに感謝感謝でございます。 

        今日も事故なく  よかった よかった。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        今夜のおかずは 
C0sunagimo

            砂肝と長ネギの塩コショウ炒めでございます。
               質素でございます。

            ご来訪ありがとうございました。

        ・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・

        

| | コメント (2)

くわばらくわばら

2012年8月30日 作成

暑い日が続きます。
我が家の近くでは 屋外ゲージツ が・・・・・
A0geijitu
       『大地の芸術祭』のパスポートは所持しているのですが
       何しろこの暑さ。 屋外展示を見て回る気力はございません。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【くわばらくわばら】 (以下、前記事『おばかさん』の続きでございます。

2012年8月17日 4:00 黒部五郎小舎 出発
A1asayake   暫くはヘッドライトをつけて登ります。
  ここのところお天気が不安定なので、雷雨になる前に早めに行動いたします。

  「午前中に稜線離脱」が目標でございます。
 
   六根清浄  お山は晴天
             今日も無事故でありますように 
A2bunnki

    5:05 三俣山荘へのトラバースとの分岐にて朝食。

A3tinnguruma
              朝露に濡れたチングルマを見ながら
                   よっこらしょ   どっこいしょ
A4kasa
             笠岳方面でございます。
A5yakusi
        朝焼けの薬師岳でございます。
            その向こうにはもう積乱雲が・・・・
A6wasiba
        一度、黒部源流に下りて、岩苔乗越までゆくことも考えていたのですが
            雷が心配なので、今日は鷲羽往復だけにしておきます。
A7mitumata
             5:40 三俣蓮華頂上
                  昨日辿った稜線が見えております。
A8yariho
          三俣蓮華の頂上から眺める槍・穂高方面でございます。
A9k0ya
             6:27 三俣山荘 この頃は晴れておりました。
A10ike
               鷲羽の池でございます。

                脇見をしながら   うんこらしょ どっこいしょ
A11gennryuu

          黒部五郎と黒部の源流域でございます。

          7:39 鷲羽岳頂上着
A12suisyou
         当初、条件が揃えば、水晶までも可能性に入れていたのですが。
         雷が怖いので、今回は諦めでございます。

          8:31 三俣山荘着 
 【芍薬甘草湯】
  小屋前で一休みしていると、診療所の方がアンケートをとっておりました。
  その中に  ○芍薬甘草湯 を知っていますか?
        ○芍薬甘草湯 を持ち歩いていますか? というような質問がありました。

     両方とも「はい」でございます。その効能については書いておりませんでしたし、
  『お勧めします』とも書いてありませんでしたので、少し距離をとってみているようです。
  ドラッグストアーでも手に入る漢方薬で、効能は「足のつり、こむらがえりに効く」と
  書いてあります。私にとっては足がつった時の『特効薬』でいつも持ち歩いております。

A13hana

         ま、お花でも見ながら     どっこいしょ
                  あわてない   あわてない   
A14hana
          9:43 再び三俣蓮華頂上
               いよいよ雲行きが怪しくなって参りました。
               丸山の辺りで昨日の3人組を追い越す。
          10:30 中道分岐 いよいよ危ない。中道に下る。
                くわばら くわばら・・・・・・・
          11:11 双六小屋着
            小屋に着くと同時に雨が降りだす。やがて雷が鳴り出す。
            できれば鏡平まで降りたかったのですが、諦め
            双六小屋泊とし、宿泊申し込みをいたしました。
            まあ、ここまで濡れなかっただけでも儲けでございます。
A15yuuyake
          夕方になってようやく雨が上がりました。

           この日、槍ヶ岳等で落雷による被害者が出たようでございます。

          ・・・・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

おばかさん

2012年8月27日作成
               今年も見事に咲いておりました 
A0asagao_2

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【おばかさん】
 それは7月31日15:38 のことでございました。○たぬきさんよりメール
「昨日から立山に入っています。雷鳥沢は40張くらいかな?
これから入ってにします。山は涼しいですねえ
悔しいので返信
「こんな暑い日にお山に入っているのは、おばかさんか
 よほどのMに違いない・・・・・・・・・」

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1、目   的  太郎平から三俣蓮華までの稜線をトレースする。
2、目的のお山 黒部五郎岳・鷲羽岳
3、出掛けた日 2012年8月17日から19日
4、山行形態  単独、山小屋利用

 久しぶりに3泊3日の遠出が可能となったので、暑いけどお出掛けでございます。

2012年8月17日 5:00 富山駅前発折立行きバス乗車

B1turugi
           車窓から見る朝焼けの剣岳方面でございます。
B2tozannguti
      7:00 折立着   朝ごはんのお弁当を食べ  7:11出発

           六根清浄 お山は晴天
                         今日も無事故でありますように 
B3ki
          暑いけど、少しだけさわやかな風が流れております。

                 よっこらしょ     どっこいしょ
B4turugi
            立山・剣方面でございます。

B5arimine
           森林限界を過ぎると・・・・・・・暑い!

             なにもこんな暑いときに山に来なくてもいいのに・・・・・・

                よっこらしょ   どっこいしょ 
B6tarou
        10:13 太郎平着 少し早いけど昼食代わりのパンをほおばる。

        予定では、今日はここまでなのですが、薬師岳に登るか
        それとも、このまま進めば日没までには
        黒部五郎の小屋に辿り着けそうです。
        薬師岳は雲の中で、登っても景色が見えないようです。

        10:33 少し欲張って、黒部五郎に向かって出発。
B7h
                  お花を見ながら てくてくと・・・・・
B8sougenn
          草原状のお花畑の中を進みます。
             中途半端な時間のせいか、人通りはほとんどありません。
                 静かでございます。
B9kitanomata
         今回は少し先を急ぎます。
               よっこらしょ     どこいしょ
B10akagidaira
           赤木平の辺りでございましょうか
                のどかな草原地帯が見えます。
            沢登のあと、あんなところでお昼寝したら、
                さぞかし気持ちよいことでございましょう。

           このあとすっかり雲の中に入ってしまい、景色は見えず
           少し雨もぱらついて、ひたすら歩くだけ・・・・・・
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            中俣乗越で女性3人組を追い抜く
        3人組  「5時過ぎになるので黒部五郎小屋予約しておいてください」
         私   「予約しなくても大丈夫ですよ」
        3人組  「夕御飯が用意して無いと困るから」
         私   「了解しました。伝えておきます」
     それにしても、10:30に太郎平を出た私にこんなところで追い抜かれ
     るペースで大丈夫なのだろうか????

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     14:40 黒部五郎岳

B11goroukoya
       15:56 黒部五郎小舎到着
             一応3人の伝言を伝えておく。

B12gorou

         3人組の到着を待つ

   結局3人組は18時過ぎに無事到着
    聞けば、朝、薬師岳に登ってからこちらに向かったそうな
      中々の猛者でございます。
        ちなみに、翌日の予定は槍までだそうな・・・・・・

      
    ・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・          

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧