« このまま春に・・・・・・・ | トップページ | 雪のち晴れ »

(ほぼ)冬本番

2018年1月27日作成     

       本日午前9時津南町役場前積雪深 241cm

A8

            我が家の柿を求めてやってきた鳥たちでございます。
               カラスに追われて近くの木の枝で待機しております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   天気の良い日は少しは雪模様を見るよゆうもございます。
A1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【つかの間の晴れ間】
A2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【信号機の雪落とし】
A3sig
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【道路の雪は冬でもけっこう汚れてます】
A4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【スノーシェイドの雪下ろし】
A5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【地吹雪】
A6
・・・
A7
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【屋根融雪】こちらのアパートは、井戸水を汲み上げ屋根に流しております。
A9
              寒い日は大きなツララが出来、
A10
                 ツララの重さで雨樋が壊れ・・・  )!
A11
               お風呂場(?)の窓は氷漬け!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【残り少ない】 
         残り少ない柿の実を求めて鳥たちが集まってまいります。

         残念なことに、熟しているため少し突っつくとすぐ実が落ちてしまいます。
         しかもカラス〈左側の黒い塊)が邪魔しにやってきます。

A12b
・・・
A13
・・・
A14
・・・
A15
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【地吹雪】
    寒い日は、自然落下式の屋根にも雪が積もります。
        雪が屋根に付着してなかなか滑り落ちないのでございます。
A16
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【もち雪】 当地では『もち雪』という表現がございます。
      まさに もっちり した雪で雪合戦の雪玉作りには最適の雪でございます。
A17
          ご近所のお化け屋敷人の住んでいない建物でございます。・・
B3
         まさに、もちのように・・・      
A18
        北海道では見られない雪だと思います。
          この粘り気・張り出しが軒を壊す原因にもなります。   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ミルフィーユ】
         お餅だけではございません。
                 ミルフィーユだってあるんです。
C1mirufi
     微妙に雪質が変わり続けていることが見てとれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【必需品】 玄関脇のマイナスドライバー
A18_2

      玄関戸の端に雪が詰まって戸が閉まらなくなってしまいます。
A19
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ツララ】 我が家〈母屋〉の屋根は電気融雪ですが、
    寒い日は雨樋の立ち上がり部分が凍結して詰まり、
     オーバーフローして大きなツララが出来ます。
      ツララの重さで雨どいが壊れます ) 
A20

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【雪堀り】 沢山降る時は下の赤線の辺りまで埋まってしまいます。
B2_2
     二階屋根の雪は『雪下ろし』ですが、平屋部分は『雪堀り』でございます。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      とりあえず我が家の玄関前はこんな状態で、
         いまのところ庭の積雪は幸い2m弱くらいでございます。
           まだまだ、これからが本番でございます。 )!
B1
        はぁ~るよこい  はぁ~やくこい ! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« このまま春に・・・・・・・ | トップページ | 雪のち晴れ »

雪国」カテゴリの記事

雪の比重・雪」カテゴリの記事

コメント

正に雪国、なんだか、北欧(行ったことはありませんが)のおとぎ話にあるような、雪、また雪ですね〜。
除雪も、除け様がないような大量の雪。
春が待ち遠しいですね。

良質な水の源でしょうか〜。
お酒&お米が美味しいわけですね〜。

投稿: philo. | 2018年1月31日 (水) 18時51分

philo.さま
 1月31日の積雪222cm
 雪は一休みしたかと思えば、来週から又寒気が押し寄せるとのこと。
まだまだ休ませてはくれないようでございます。”賽の河原”はまだ続きます。
 そちらは、 晴耕雨読 穏やかな日々をお過ごしの様子、何よりです。
春は裏山でタケノコ採り? 
 今週末は白樺湖の中川OBの別荘で原田会長や学生さんと懇親会でございます。
先日、大谷監督より蓼科山登山への参加確認が有りましたが、
昨年の蓼科山で右肩を脱臼してしまい無様な姿を晒してしまいましたので
今回は 暖炉当番 をやらせていただくことにしました。
 若い頃と違って、”壊した体は元には戻らない”を痛感する今日このごろです。
               では又お元気で   越後屋拝 

投稿: 越後屋 | 2018年2月 1日 (木) 10時59分

越後屋様
222ですか〜!
埋もれないようにするには、エンドレスの・,・やはり大変ですね〜。
冬山登山シーズンですか〜。
原田様とは、在部してた頃の、先輩の『原田OB』でしょうか〜。
懐かしいです〜。
私は(夏山の)槍沢の頂部で捻挫し、そこから延々と、牛歩のような私の速度に、同伴してくれて(キスリング背負っているのに)、私は空身で(私のキスリングは安藤さんが背負ってくれて)、麓について、先輩が飲料水を買ってくれて、私はそれを一気に飲んでしまいました。自分だけ喉の渇きを満たしてしまったことを、思い出す度、恥じ入っています。
先輩は、安藤さんと合流するまでは、一切、口にしなかったのです〜。
安藤さんが前後にキスリングを掛けて、合流したとき、やっとそのわけに気づいた情けない思い出ですが〜、懐かしいです。

お身体大切に、オプションが付いたと思うには、少し無理があるかもしれませんが、身体も変化していく事を、甘受しましょう〜!
2月1日 philo

投稿: philo. | 2018年2月 1日 (木) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« このまま春に・・・・・・・ | トップページ | 雪のち晴れ »