« 草紅葉 | トップページ | そして日本海 »

草霜

2014年9月27日作成

B0simo
     稜線の朝(9月21日長栂山)は霜が降りておりました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014年9月20日 14:56 朝日岳山頂を後にし朝日小屋へ下ります。
B1
          何とか16:00までに朝日小屋に入れそうなので
              道草食いながら下ります
B2
                  よっこらしょ  
B3
                どっこいしょ
                              あと少し・・・
B4

                ま、あわてない   あわてない ・・・・・
B5kaya

   15:37   この日のお宿朝日小屋でございます。
           予約客は30人、私が最後の到着だそうです。
           (外のテントは5張くらい?)
           小屋は8畳の部屋に4人でございました。
           隣のAさんも明日栂海新道を下るそうでございます。  
B6yuusyoku
          この日の夕食でございます。
              美味しゅうございました。 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【2014年9月21日】 
  隣のAさんは 4:00頃出発していきました。
5:00 私も昨日の残りのおにぎりを食べて出発。
B7asa
      少しだけ白みはじめました。
          意外と暖かいです。
      六根清浄   お山は晴天  
          今日もお山は  良い天気
      今日も無事故でありますように  
B8s

              きれいな霜でございます。
B9s

           道草食いつつ   よっこらしょ
B10s             どっこいしょ
            あわてない   あわてない
B11s_2
              立ち止まりませう
B12s
             『自然のなせる業』 でございます。

B13hakuba

      白馬岳方面でございます。
B13s
       6:00 朝日岳山頂  一休み (*^-^)
B14

          長栂山方面でございます。
                先行するBさんでございます。
B15yuki         

         まだ雪が残っております。
            遠くに見えるのは 小蓮華山
B16
           木道は霜で真っ白でございます。
B17  
             小蓮華・雪倉岳・白馬岳・旭岳
B18asahi
           右が朝日岳でございます。
              振り返り  振り返り 進みます
B19toyama      
    長栂山から望む 富山平野・富山湾でございます。
B20yama      
     これから辿る山なみ(栂海新道)でございます。
          犬ケ岳とその向こうに白鳥山が見えております。
               先は長いぞ  うんこらしょ
B21hara
                                  アヤメ平の辺り?
B22
             のどかな風景が続きます
                てくてく・・・  てくてく・・・
B23ike
     黒岩平の辺りでございます。 
        地元の苗場山を思わせる池塘でございます。
                てくてく・・・   てくてく・・・
B24kuroiwayama
        8:45 黒岩山到着でございます。
               犬ケ岳は遙か先でございます。
B25koya
              犬ケ岳の肩に栂海山荘が見えております。
                   とりあえずあそこまで・・・・・・・・・・・・・・

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            私が山に入っている間も、
B30siitake
              庭の椎茸は  すくすく育っておりました。 

|

« 草紅葉 | トップページ | そして日本海 »

お山(14)」カテゴリの記事

お山(赤線プロジェクト)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 草紅葉 | トップページ | そして日本海 »