« 雪囲い | トップページ | 少し前のこと »

でたぁ~

2012年10月31日 作成
A7momiji
           紅葉も少しづつ里へと降りてまいります。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1、目   的   信越トレールを少しだけトレースする
2、目的の場所  信越トレール(仏ケ峰から桂池まで)
3、めんばあ    E沢、H、私(以上3名)
4、出掛けた日  2012年10月20日(土)

朝、E沢とHに桂池(下山予定地)に1台配車してもらう。 感謝 

A1

            あの辺のお山を歩きます。     
             とん平から入山
A2p

         とりあえず駐車場は私どもだけでございます。
A3

           はい、お山に入ります
            六根清浄    お山は晴天
              今日も無事故でありますように  
A4

                岩菅山や横手山が見えております。
                 間もなく『仏ケ峰登山口』でございます
A5
             紅葉にはまだ少し早いようでございます。
A6
              よっこらしょ
                          どっこいしょ
A7

                   ・・・・・・・・・・・・・・・
A8
              良いお天気でございます。
A9susuki
               脇見をしながら   どっこいしょ
A11
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A12mukitake
            ムキタケだと思います。(黒いシミはなかった)
             もちろん・・・・・・・・・食べません!
A13takayasiro
               高社山と右奥は菅平の辺りでしょうか?
A14
            はい、  うんこらしょ
                            どっこいしょ
A15
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A16
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A17top_2

             ここが『仏ケ峰』のてっぺんのようでございます
             標識のようなものはございません。
             標識を求めて小沢峠方面に大分進んでみましたが
             やはりここが 『仏ケ峰』のようです。
     『仏ケ峰登山口』の案内はあるのに、てっぺんの標識が無いのでございます。
A20buna

       山の中で時々ブナの肌に書かれた落書きを見かけることがございます。
       昔なら何かの目印にしたこともございましょうが、
       苗場山の登山道の脇の木には、中学時代の先生の名前が
       しっかり残っておりました。消すことも出来ず・・・・・・・
A21nozawa
        野沢温泉・上ノ平方面でございます。
        『仏ケ峰登山口』まで戻ってまいりました。
        ここらで昼食時間でございます。
A22tonjiru
       トン汁なんぞをつくって1時間ほど
        「 まったり 」でございます。
            あわてない   あわてない・・・・・
A23hanabira

              ハナビラニカワタケ ?
A24
                少し下ります
A25ha                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A26tuyu
         湿度が高いせいか、まだ露が残っております。
A28
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A30
          北古池湿原に出ました
A31
                六根清浄  お山は晴天
                相変わらずの良いお天気でございます。 
                あと少し
                よっこらしょ   どこいしょ
   A32

               中古池でございます。
A33
                桂池着、あとは車で帰ります。

                今日も事故なく
                   よかった  よかった

               

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    この日のザブンは
A34
          こちらで夕日を見ながらでございました。

          はい、お疲れ様でした。  

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【でたぁ~】
 地元(津南町)の山の中腹に仲間4人で作った山小屋がございます。
  正面に苗場山を望む眺めの良いところでございますが
    最近あまり利用(手入れ)しておりません。
 先日、仲間のYANAさんからメールがありまして
  「山小屋を熊に壊された。蜂の巣を取りに来たようだ・・」
 小屋のある信濃川の西側の山には熊はいなくなったはずなのですが・・・

A1koya

A1koya
      ありゃ !
          地上から5mくらいのところの外壁がはがされております。
      下には
A3hatinosu
          蜂の巣が落ちております。
          ツキノワグマのプーさんが現れたようでございます。
A4su
      それにしても、よくあんな所まで登ったものでございます。

            だいぶ前から壁のあちこちにキツツキのものと思われる穴が
    開けられていたのですが、やがてそこから蜂が侵入して巣を作り、
     今度はそれを狙って熊が来て・・・・・・・・
         自然豊かなわが津南町でございます。    
A5tume

       爪痕でございます。
A6tume
         爪痕の大きさからすると、かなり大きな奴でございます。

         小屋を越冬場所に選ばれないよう祈るだけでございます。

    ・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・      


|

« 雪囲い | トップページ | 少し前のこと »

雪国」カテゴリの記事

お山(12)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪囲い | トップページ | 少し前のこと »