« くわばらくわばら | トップページ | 稲刈り始まる »

わたりにふね

 2012年9月2日 作成
 相変わらずの暑さですが、すこしづつ秋の気配も・・・・
A4comos
             稲穂も黄金色に
A3takayasiro
          そして、
             4軒しかない集落でも秋祭りが
A2sekai

            ついには、化け猫も・・・
A1neko_2

                                   化猫も 日陰に入る 暑さかな
         
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、前記事「おばかさん」「くわばらくわばら」の続きでございます。

2012年8月18日 4:55 双六小屋発

A22itige

       六根清浄  お山は晴天     今日も無事故でありますように 
           この日は下りだけですが、この日の注意点は
               『捻挫に注意』でございます。
A23kagamiike

                 鏡平でございます
                       よっこらしょ   どっこいしょ
A24torikabuto2
           ま、昼前に新穂高に着ければ・・・
A25yakedake
            今日もお天気は不安定なようでございます。
A26koya
            6:25    鏡平の小屋でございます。
A27hotaka
                穂高岳方面でございます
A28yari
               槍ヶ岳でございます。
A28yuri
               はい、たちどまりませう
                  『捻挫に注意』!!
A29isidatami
          小池新道下部の石畳でございます。
               整備してくださった方に感謝であります。
A30wasabitaira
          8:19  ワサビ平名物(?)冷やしフルーツでございます。
                バナナ一本100円也 ご馳走になりました。
A31ajiai

              林道を てくてく  てくてく ・・・・・
A31rinndou
                 てくてく・・・    てくてく・・・・・・・

 9:55 新穂高温泉 バスターミナル着 バスターミナルの位置が変わったのを知らず。
      遠回りをしてしまう。(ロープーウェイの乗り口が始発)
 10:05 急いでラーメンを食べ、平湯行きのバスに乗る。
      YANA さんに下山の報告をすべく携帯電話の電源を入れる。
      早速○たぬきさんよりメールが入る。
   ○「お疲れ様です、昨夜の雨は参りましたね。昼過ぎ沢渡で帰宅です」
                        前日から小梨平に入っていたようでございます。
      ふっふっふっふ  「渡りに船、沢渡に車」でございます。
   私「今、平湯に向けバスの中、沢渡から車に乗せてもらえるととても
     助かります。・・・・・・・」
   ○「了解しました。高いぞ」
A32asiyu
              11:30 沢渡駐車場足湯で○たぬきさんを待つ。
        お風呂に入って、おそばを食べて(私は)ビールを飲んで・・・。

        あとは我が家まで直行便でございます。

        ○たぬきさまに感謝感謝でございます。 

        今日も事故なく  よかった よかった。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        今夜のおかずは 
C0sunagimo

            砂肝と長ネギの塩コショウ炒めでございます。
               質素でございます。

            ご来訪ありがとうございました。

        ・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・

        

|

« くわばらくわばら | トップページ | 稲刈り始まる »

お山(12)」カテゴリの記事

お山(赤線プロジェクト)」カテゴリの記事

コメント

越後屋さん,昨年度に引き続き小池新道ですね。山の眺め,やはりいいですね。ワサビ平小屋の冷やしフルーツもおいしそうです。
結局,二日目の天気の悪化がなかったら,どちらのルールを考えておられたのですか。
お仲間とちょうど帰りのタイミングが合うとは,最高ですね。
長距離山行に臨まれる充実ぶりと,楽しさがよく伝わってきます。

投稿: yasu | 2012年9月16日 (日) 18時15分

yasuさま
 一応、当初の目的は達成しておりますので、
二日目お天気が良ければ黒部源流へ下って岩苔乗越、ワリモから鷲羽・三俣と戻る。というのも考えていたのですが、今回は雷が予想されたため、
早めに双六に向かい、鏡平へ下って、
三日目の朝ゆっくり朝寝坊しようと思っておりました。
 ○たぬきさんは管理職なので日曜日に休めないことが多く、
なかなか私と休みがあいませんでした。沢渡から自宅まで直行便ですから
神様、仏様、○たぬきさまでございます。やはり私の日頃の行いが・・・・・・
 ではまた

投稿: 越後屋 | 2012年9月17日 (月) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くわばらくわばら | トップページ | 稲刈り始まる »