« 朝露のみち | トップページ | 雨だけど »

振り返ればそこに

2012年7月11日作成
 地方紙のメールニュースによれば
  「11日午前9時頃、津南町外丸地内の町道中尾線の砂防ダム付近でツキノワグマが目撃された・・・・」
 とても自然豊かなわが津南町でありますが、
 今年は殊更出没情報が多いような気がいたします。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我が家の庭では
B0suirenn

     

      池の中も賑やかになってまいりました。

以下、前記事「朝露のみち(6月30日の山行)」の続きでございます。
B1kage
          六根清浄    お山は晴天
                         あと少しでございます。

          よっこらしょ     どっこいしょ  
B3top
          8:00 はい、てっぺんでございます。
               まだ静かでございます。
B4sennokura

            今日は、あちらのお山まで足を伸ばします。

            うんこらしょ     どっこいしょ
B5itige
          はい、お花畑の中を進むのでございます。
B6kiiro
                  はい、道草、道草・・・・
B7tinnguruma
                チングルマでございましょうか 
B8kozakura
          紫のお花も咲いております。

             あわてない    あわてない
B9ranpu
             ずーーっと昔、私が山を始める前に
               一度登山ブームがあったようで、
                  その頃の名残でございます。
          廃道になったような藪道を掻き分けている時
      こんなのに出会うと、懐かしさとともに少し「ほっと」します。

B10mai

          お花を見ながら とぼとぼと いきませう

          振り返ればそこに
B11naeba

         続く道の向こうに 苗場山が・・・・・
         (そろそろ竹の子の美味しい季節でございます)

B12sennnokura_2
       8:43 てっぺん到着でございます。
           先客2組4人ほど
        昼食(ブランチ?)のおにぎりを食べて一休みでございます。

B13mantarou_2
         万太郎・本峰へと続く稜線でございます。
 B14ohanabatake
   
            お花畑の中を帰ります。B15coffee
         鞍部でコーヒータイムでございます。
                                            お湯を沸かして、まったりいたしませう
             あわてない    あわてない・・・・・    

B16nobori
      10:00  一休みしたら最後の登りでございます。
             この登りですれ違ったのはかの有名なブロガーの
             R・M夫妻でした。すれ違ってから気づきました。
             サインもらっときゃ良かった・・・・・・・・・
B17koya
    当初、あちらの小屋のほうに下る予定でしたが、
    林道歩きが暑そうなので、もと来た道を引き返すことにいたしました。
B18syasinn
           皆さん写真を撮るのが忙しくて
                なかなか進まないようでございます。
B19sio
                  はい、私も一枚・・・・・・

B20kuma 
                                  くまさんに出会うことも無く、無事下山でございます。
  11:58  駐車場帰着。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  帰りに清津峡で汗を流して、お昼寝して・・・・・
  16:10 帰宅
             今日も事故なく よかった、よかった

           最後までご覧いただきありがとうございました。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・        

|

« 朝露のみち | トップページ | 雨だけど »

お山(12)」カテゴリの記事

コメント

200mの登り,懐かしい苗場山の写真を見て思い出します。本当に特徴的な形で,かなり遠くからでも見分けられる山です。
大学で入部したてに連れて行ってもらいまして,八木沢口から登りました。20kgの荷物を担がされ,バテて,靴擦れもでき,ガスで何も見えず,さんざんな思いをした挙句,ダメ押しの200mが来るんですね。
今,ルートを見返してみると,そんなに無理のある行程でもなく,「手頃な山」という感じです。
当時は,地形図など見るゆとりもなく,「『地獄』とはこんな感じなのかも」という記憶が強く残っていて,このアングルからアップで見ると,忘れられない思い出がよみがえります。

投稿: yasu | 2012年7月21日 (土) 11時40分

》yasuさま
 コメントありがとうございます。
 苗場山はてっぺんは穏やかな台地だけれど、そこに至る前が急登でございます。
2000m級ですので、夏は暑すぎて敬遠でございます。最初に登った山が
苗場山で、最初に「山なんか登るもんじゃない」と思わせてくれたのも
苗場山でございます。
 先日、そのとき引率してくださった恩師と電話で話しましたが、あの時の星空・天の川が忘れられないとおっしゃっておられました。山々に囲まれた山なので、町の明かりが邪魔をせず、星の沢山見えるお山でございます。その時星空は見えましたか?
  ではまた   お元気で    

投稿: 越後屋 | 2012年7月22日 (日) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝露のみち | トップページ | 雨だけど »