« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

道草

2012年2月22日 作成

ようやく雪も一段落・・・・・・・・・(と、思いたい)
まだ地面が顔を見せるにはたくさんの時間が必要でございますが、
しばしの道草
(ほとんど我が家の周辺でございます。)
A1nikai
             ご近所の建物も、屋根の雪を一部下ろしただけで
              二階の窓まで・・・・・・・・・・
A3me
            それでも、晴れた日の陽射しには
             春の気配が・・・・気のせいか?

A4turara

         はい、立ち止まりませう                

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A5
               ・・・・・・・・・・・・・・・・・
A6
                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A7
                  ・・・・・・・・・・・・・・・
A8

           はい、立ち止まります 

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A9



                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A10

         ペイズリー柄のようなおしゃれな柄でございます。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A11
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A12

        赤カビと黒カビの住み分けのようにも見えるし・・・・・・

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A13
             見ていて飽きませぬ 

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A14
      寒い時にしか見られぬ 

          びゅーてほー  でございます。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A15
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A16
               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A17
                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A18

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・
A19
                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A20
                   ・・・・・・・・・・・・・・・
A21
                ・・・・・・・・・・・・・・・・
A22
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A23550wp

      今回使用したデジカメ、防水タイプなので、雨の日や吹雪の日に重宝。

        ・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

硬い雪(雪下ろし5回目)

2012年2月18日 作成  ・・・・・・・・

今日も大雪・雷・雪崩注意報でございます。

・・・・・・・・・・・・・・・
先日、5回目の雪下ろしを行いました。
【2012年2月11日(土)】 (津南町役場前積雪329cm)

    雪が一段落したら八ヶ岳に出かけようと、YANAさんには11・12日と

      休みをとってもらったのでございますが、どうも出かけられる状況では 

          ございません。残念ですが八ヶ岳は中止!

              いつもの雪ごったく(雪仕事)でございます。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              先週、物置の軒下の雪を少し片付けたのですが、

              物置の屋根にも軒下にも、もうたっぷりと積もりました。
C1monooki
            こんな状態で 地震が来たら大変でございます。
Ckoujiya
           ご近所さんも、朝からせっせと雪かきでございます。

                      背後に見えるのが、自然に降り積もったままの雪でございます。

                       もちろん屋根の上にも同様に・・・・・

       これだけの水分を、日本海から空を飛んで運んでくるのですから

         自然の力というものは、すごいものでございます。

   人間なんぞ「お釈迦様の手のひらで遊ぶ孫悟空」みたいなものでございます。

C3syako           まず、車庫から片付けます。
          前日から手伝いに来てくれた弟が

          軒下の雪を片付けてくれていたので、後始末が楽でございます。
C4ebisu
           さっそく水分補給いたしまして、
                続行でございます。
           一汗かいた後のビールは大変おいしゅうございます。
A3tonneru2
     先日(2月5日)処理したばかりのトンネルでございますが。

C5tonnneru
   一週間経ずして元通りでございます。(というか、もっと立派に・・・・・・)
       まずこれを処理して、下ろした雪の運搬路を整備確保するところから
   再開でございます。(以前にも書きましたが、足下に更に1mの積雪がございます。)
C6monooki
      物置(左側)と母屋(右側、一応電気融雪)の融け残りの雪を下ろします。

         次の写真は、物置の屋根から見下ろす自宅でございます。
          C7umore       日中、雨戸を開けても一階部分は、ほぼ真っ暗でございます。
C8monooki
           ようやく「雪下ろし」は終わりましたが、
            これから下ろした雪の「片付け(通路確保)作業」でございます。
C9tuuro
            最低限、玄関までの通路を確保して
            この日の作業終了でございます。
            この日の肉体労働 6H×2人=延12時間(決死のリスク負担付)

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【201年2月12日 (日) 】  
   午前中、裏庭の雪の片づけを手伝ってもらいました。
C10nokisita
      前日の雪下ろしで、物置の軒下の雪は屋根とつながりそうでございます。
C11yukiiyama
      裏庭の雪山を掘り進みます。

       『雪かき』ではなく『雪堀り』でございます。
C12kannkisenn
          まず、台所の換気扇を掘り出します。
          次に右側の雪山を崩していきますと
 C13koyane
            小屋根が出てまいります。
                 こんなことの繰り返しでございます。

             わが弟ながら、助っ人に

               感謝、感謝であります。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【2012年2月13日】   

    お天気でございます。

C20hare
       きれいな青空でございます。
【雪樋(ゆきどよ)】
  長岡市内で見かけた雪樋でございます。
  屋根から下ろした雪を雪樋で道路に出し、
  道路脇に積み上げる。(左下に見えるのは雪を積み上げる担当の人でございます)
  懐かしい風景でございます。
  当地(津南町大割野)では近年あまり見かけません。
C21yukitoyo_2
       ・・・・・・・・・・・・・・・
【硬い雪】
 11日に物置の屋根から下ろした雪でございます。
C22yuki1        下ろす時にも、下のほうは大分締まった重い雪でしたが
       下ろした雪は更に硬くなり
C23yukii3

           鉄製のスコップを突き刺しても
            2~3cm位しか刺さらず、
           刺したスコップはこのとおり,あ〜ら不思義?

             この雪を又処理しなければならないのでございます。
           残念ながらこの日、この比重を計測している余裕は
           ございませんでした。(その後雨が降りましたので
           雪質はすでに変わっております。)

           「もち雪のうんと締まったやつ」という感じでしょうか・・・ 
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2月20日追記】

 2月20日付朝日新聞によれば、新潟県は今冬の雪による死傷者が、

19日午後4時時点のまとめで、317人になったと発表したそうでございます。

平成18年の豪雪のときの320人に迫っていて、県は「無理な雪かきはしないで」と

呼びかけているそうでございます。 (無理しないと、家が壊れちゃうんですけど・・・、

大きな地震が来たら家が倒壊してしまうんですけど・・・・)

疲れが溜まってくると、注意力が低下して事故が増えます。気をつけねば・・・。

知り合いにも除雪作業で骨折して、松葉杖をついて出勤している人も居ります。

たぶん、実際の怪我人はもっと沢山居るのでしょう。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         最後までご覧いただきありがとうございました。

           春よ来い     早く来い     

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

| | コメント (0)

吉兆

2012年2月16日 作成

・・・・・・・・・・・・・
少し前の話になりますが、
【 2月5日 】  津南町役場前積雪316cm
 前日と同じく、裏の川は流れておりませんので、
 屋根の雪下ろしは出来ません。とりあえず作業環境の整備だけでもしておきます。
A1tonnneru      雪の運搬路はすっかりトンネルになってしまいました。
        子供たちなら大いに喜ぶところでしょうが、
            そうも言っておられません。
A2otiruna
           すっかりお馴染みの
                「おちないでくだされ」でございます。
A3tonneru2
         ささ、トンネルを崩して、運搬路の確保でございます。
A4kanjiki         次にカンジキを装着して・・・・・
A5hasigo            庭の雪にはしごを掛けて上がります。
A6koyane1
         小屋根と下の雪がつながっております。
            このままでは、下の雪が沈み込む時に
                軒の垂木が折れてしまいます。
A7koyane2

               スノーダンプ一杯づつ裏庭に運んで積み上げます。

          切り離し終了。
                 これでしばらく安心????
A8niwa1
           物置の軒下の雪を片付けないと
              次の 雪下ろしが出来ませぬ
A9niwa2
           先ず、 前庭の雪をカンジキで踏み固め、  
                   体積を減らします。
A10niwa3        次に、軒下の雪を運び出し、庭の隅から積み上げていきます。
     とにかく、踏み固めるか積み上げるしか雪のやり場がないのでございます。

            屋根から雪を下ろす→運んで→積み上げる

       屋根から雪を下ろす→運んで→積み上げる (以下繰り返し)
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ようやく作業も一段落し、、
      夕方、出掛けに空を見上げると
A11saiunn
     瑞雲(彩雲)でございます。(太陽は彩雲の下の方角)
       (太陽の方を向いて見上げた空に見えるので、
         虹ではなく彩雲であると勝手に定義)
       吉兆でございます。
          ・・・・・・・・・・・・・・・ま、そのうち何か良い事あるでしょう・・・・
【2月6日】
   ご近所の軒下に巨大なツララが出来ておりました。

B1koori
     屋根融雪のため、地下水を屋根に流しているのですが、
        屋根に掛けたはしごに凍り付いております。
B2yuki1
        越後の雪でございます
B3yuki2         作ろうと思って出来るものではございません。
           「自然のなせる業」 でございます。
【2月7日】
  除雪車の先導で前進でございます
B4jyosetu             すれ違いが出来ませぬ (小千谷市)

    両脇の雪壁がどんどん高くなり、

          道幅はどんどん狭くなってゆくのでございます。

         この地域の幹線国道がこんな状況でございます。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

    今日も、雪の写真を並べて終わりでございます。
       いつになったら別の話題が出せるのやら・・・・・・・・

         明日(17日)から又『大雪・なだれ注意報』が出ております。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・       

| | コメント (0)

つかの間の休日

2012年2月9日 作成  ・・・・・・よく降ります。

先日(4日、5日) 五回目の屋根の雪下ろしを予定していたのですが、
水路は雪が詰まったままで流れず、屋根から下ろしても処理できません。
気温が低いと、一度詰まった水路はなかなか流れ出しません。
A1umore
          一階部分は埋もれております。

A2nikai
        ご近所も、見えるのは二階の窓でございます。
A3monooki
       物置の軒下は、一度片付けたのですが、
           もう軒に届きそうでございます。
【余談】
A4turara
     ツララでございます。
     軒からせり出した雪にツララが出来、
     雪が下向きに折れ曲がり、その先にツララが出来
     さらにせり出し、折れ曲がり、ツララが出来・・・・・・
     雪の3方向にツララが出来ております。 
     斑目さんのような専門家(?)には想像できないことが、
     現実には沢山起こっているのでございます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  で、雪は沢山あるのに屋根の雪下ろしすらできない状況なので、

      やむなく、除雪作業はお休みにして、

     

A5togari こんな所にやって参りました。
           つい先日○たぬきさんと訪れたところでございます。
9:00 滑走開始
     上部のゲレンデは雪崩の危険があるということで、
        下のゲレンデ(リフト1本)しか使用できず。
     同じところばかり滑っておりました。
A6nozawa
        対岸の野沢温泉スキー場
10:30  10本ほど滑りました、あまりガツガツ滑ると怪我をいたします。
        怪我をせぬうちに
A7coffee

     コーヒータイム でございます。
          よくばらない    よくばらない・・・・・(?)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 右のストック、20年くらい前に友人からもらった”SINANO”のストックでございます。

     軽くて丈夫で長もちでございます。

     SINANOのストック、おすすめでございます。(ヨイショ!)  
A8snowbord      スノボの人達って、何でゲレンデの真ん中に座り込むのでしょう?
         危険だと思わないのだろうか?
              ほかの滑走者の邪魔になると思わないのだろうか?
       休む場所を選べないほどの未熟者達だけなんだろうか?
                 よくわからない。
        更に7本滑って
A9coffee        またもや こおひいたいむ でございます。
       ・・・・・・・・・・・・・
       この後、隣のゲレンデへの移動を試みるも、
       「二台でピストン輸送」しているはずのシャトルバスが
       30分経ってもこない!
       あきらめてもとのゲレンデに戻りました。
A10takayasiro
     高社山でございます。肩越しに適当に撮ったのですが写ってました。
A11sora_2
       青空が見えてまいりました。

                                お山は晴天!
A12oyama               稜線には、発達した雪庇が見えます。
13:45 滑走終了
      結局24本滑りました。
     (欲張って25本にしないところが、奥ゆかしいのでございます。)
      雪質が良かったせいもあり、ほぼ思い通りの滑りが出来ました。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
帰りは、栄村のいつものお店で
A13tatibana
          いつものモツ煮定食で遅い昼食をとり
15:30   帰宅

   お天気もよく、 怪我もなく・・・・・

   よかった
                     よかった   

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

大雪(鬼!悪魔!)

2012年2月5日作成

【2月2日】
 朝、お湯の入ったやかんを持って出かけます。

A1yakan
        最近、仕事場入り口のドアが、度々凍り付いているのでございます。
A2yukii1
        仕事場前の路上には、除雪車が押し出した雪が小山となっております。
        自動車で押し固められた雪を、除雪車がはぎとって来るわけですから、
        とても硬くて重い雪でございます。
        これがあっては、駐車場の出入りが出来ません。
        少しづつ砕いて側溝に流します。
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        ようやく処理し終わって、
        近所のおばちゃんと立ち話をしていると・・・
        ガガガガ と除雪車がやってきて
A2yukimiti

       ドドドド  と 雪が押し寄せられ・・・・・・・

       あっという間に
       元通りに・・・・・・・・・あっ、あああ~ 
       鬼!  悪魔!!   
       (さっきまでの作業は何だったんだ!!)
       おばちゃんご近所のお姉さん と顔を見合わせ、
       除雪車の方を睨む(この間ほんの数秒)。
       助手席のおじさんが片手で「すまん!」と合図しておりました。
         ・・・・・
       ウ~ン   仕方ないか・・・・・・・・・・・・・

   雪国では、雪の処理でご近所との間にトラブルが生じたり
    気まずい思いをしなければならないことが度々ございます。
      我が家の雪のやり場に困っている時に、ご近所の屋根から下ろした雪を
        せっせ、せっせと我が家の庭に運んで、積み上げられたりすると
          ほんとに泣きたくなります。  おに! あくまぁ~! !!

             (そのお宅は転居され、当該建物は撤去されました。)

    そもそも、雪国で敷地いっぱいに建物を建て、

     屋根の雪下ろしは隣の庭へ・・・・そりゃないでしょう。

      片付けてくだされ。我が家だって雪の始末に困っているんだから!!

    あああ、愚痴になっちゃった。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A3nidann
         こちらは、二度目の二段掘りでございます。
            落ちたら死にますぞ! お気をつけ下され。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【2月3日】 津南町役場前 午前九時現在積雪 328cm

A4tonneru

   通路はいよいよトンネル状になってまいりました。   
          なんとか潜って通れるので、この日はとりあえず
          崩さずに作業を続けました。(排雪量が少なくて済む)
A5aozora
          雪の間から見上げる「つかの間の青空」でございます。

【余談】

  その昔、6月の穂高岳に登る途中(ザイテングラード)で、シュルンド(岩と雪の隙間)に落ちたドジな奴が居ります。彼曰く「急に空が小さくなった」とのことです。こんな感じで小さくなっていったのでしょうか?

      ・・・・・・・・・

A6asamesi
      朝の除雪作業で、朝食の支度している時間がなくなってしまったので、
           草もち2個とどら焼き2個、モズクスープの朝食でございます。

               さ、さ、 お仕事お仕事!

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
A7mitihaba
           車道の幅は狭まっております。(十日市内)
A8hodou
          歩道と車道の間には雪の山でございます。(十日町市内)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       雪が沢山降り積もると、      

       身体的な疲労だけではなく、精神的な負担も増加いたします。  

          不快なこともいろいろ発生いたしますが、
A20garasu
    思わず立ち止まるきれいなものもございます。(我家の物置のガラス戸)

        今日も脈絡なく
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

大雪!!(雪下ろし4回目)

2012年2月1日作成

  かなり本格的な『大雪』になってまいりました。

【1月29日】

四回目の雪下ろし(車庫と物置と母屋)をいたしました。
(記録写真を撮っている余裕はございませんでした)

普段のお仕事は、主にボールペンを持つか、キーボードを打つかの

か弱い私が・・・・・

午前中の作業4時間半、午後の作業2時間半 計7時間の肉体労働でございます。

30分も作業すると、汗で下着がびっしょりになります。

休む度に、乾いたものに着替えます。
それでも、
除雪するそばから、家にも野原(通路)にもどんどん降り積もるのでございます。

屋根には数(十)トンの雪が積もり続けているわけで、

「待ったなし」が、続いているのでございます。

そして

 A1umoreru  

      暗くなった!

     我が家の一階部分は、すっかり雪に埋もれてしまったのでございます。

     こんな日のあったかいお風呂は  『極楽極楽・・・・・』でございます。

【1月30日】

A2monooki
       1月30日朝の物置でございます。
           前日雪下ろしをしたばかりでございます。
A3tuuro
     さすがに、玄関前の通路も一車線(スノーダンプ一台分)しか
          通路確保できませんでした。

      この日の除雪作業は通路と駐車場で最低限の2時間で済ませました。

     はい、お仕事!お仕事!
A5turara
       晴れ間に見るツララはきれいでございます。  BUT!

       Not only ・・・but also  (でしたっけ?)

A6monooki
       物置の軒下は又元に戻ってしまいました。
            またもや屋根に届きそうでございます。

【1月31日】
A7rokujyuu
    
     前日夕方からの12時間で60cmほど積もりました。

     午前9時 津南町役場前積雪 321cm
A8setake
      もちろん背丈を越えております。
         足の下にもさらに1m近い積雪がございます。

           毎朝、排雪のため、まずこの通路を確保するのでございます。

              『朝飯前』の仕事にしてはずいぶんハードでございます。
A10monooki
     我が家の玄関は、奥のポール(2m)の右側でございます。

        太郎の屋根にも

          次郎の屋根にも

            オラち(私の家)の屋根にも

              雪は降りつむのでございます

       「道付け」が済むと、ようやく本来のお仕事でございます。

      (『道付け』とも『道ふみ』とも申します。かんじきで踏み固めるだけなら

       『道ふみ』でございます。)
A11odiya
         小千谷市内のコンビニの駐車場でございます。
            大雪注意報が出ようが、
                大雪警報が出ようが
        お仕事はいつもどおりやらなければならないのでございます。
A12tonneru
      お化けではございません、ちゃんと足が二本・・・・・
      これくらい積もると、いっそトンネルにしてしまいたいくらいですが 
      なかなか、そんなうまい具合には参りません。
A13pole

   ちなみに、今朝(2月1日)同じ場所にポールを刺してみましたら
   2mのポールが半分埋まりました。
   前の写真、足下にも1mの積雪があるわけでございます。
A14yukiorosi
     町役場の隣の建物は、雪下ろしをして二階まで埋もれておりました。

  1m積もったら1m
   2m積もったら2m
    3m積もったら3m

     4m積もったら・・・・・・・・・とにかく全てを受け止めるか
      逃げ出すか、どちらかしかないのでございます。
       子育てと同じ(?)で、言い訳は出来ないのでございます。
        言い訳していると・・・・・・家が壊れてしまうのでございます。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、私

A20nozawana

        なぜか、野沢菜は 芯の部分が好きでございます。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メールや電話やコメントでご心配いただいた皆様、ありがとうございます。

「心配してくれる人がいる」それだけでもずいぶん心強いものでございます。

                 ありがとうございます!!

        今日も、脈絡のないお話で・・・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »