« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

回れ右!

2011年6月28日作成

B1ajisai
  6月25日、出かける途中、戸狩のあじさい寺(高源院)に立ち寄ってみました。
B2ajisai
   まだ、ほんの一部が咲き始めたばかりでしたが

     しっとりと、静かな参道でございました。

       見頃は、これから7月に入ってからのようでございます。

         

B3sugi
      参道入り口の大杉の、木肌でございます。

        たっぷりと時間が染み込んだ、貫禄のある木肌でございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月26日 お山に出かけて参りました

1、 目  的   しっとりと梅雨の山道
2、 目的の場所  シャクナゲの咲いていそうなお山
3、 形  態   単独、のんびり
4、 出かけた日  2011年6月26日

B10p




     ここからお山に入ります。
     私の予想(期待?)では、午前中は霧雨程度の予想なのですが
     出発すると同時に、パラパラ…パラパラ・・・・
     早速雨具を装着でございます。
B11mokudou
           六根清浄   お山は晴天

             木道をてくてく歩きます
B12mokudou
      よっこらしょ     どっこいしょ

      滑りますので、要注意!

                  帰りに二回ほどツルンとやってしまいました。

      尻餅よりも、手をついたときに手首を骨折しないよう

          要注意でございます。

B13koboku
         古木も 「しっとり」でございます
B14kame
         花もほとんど見当たりません

B15kurosawa
        黒沢に到着でございます。

         ここらでちょっと一休み。
B16bridge
        雨は少しづつ増していくようでございます。

         この橋を渡るべきか
                   渡らざるべきか・・・

       上に行くほど雨量が増すのは間違いございません。

       回復に向かう可能性もございません。      

        上までいくのは諦めて、まず、ゆっくりしませう。
B17teatime
          とりあえず TEA TIME でございます。
             魔法瓶のお湯がまだ熱いので
                 すぐにお茶が入ります。
          あわてない・・・      あわてない・・・・・

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A21fuki         その辺にはまだフキが咲いております。
          ついこの間まで雪が残っていたのでございましょう
A22iwa        岩も 「しっとり」でございます
A24yasio       上に行くのは諦めたものの、
        少し先に行けば シャクナゲに会えるかもしれないと
      少し進んでみたのですが
      上から降りてきた人に聞いてみると、
      シャクナゲはまだ咲いていなかったそうでございます
      諦めて、あっさりと『回れ右』でございます。
A25buna          はい、ブナの木もしっとりでございます
A26zudayaku
         幹のコケに着床したズダヤクシュ(?)でしょうか?
A27sirane
      おや、こんなところに シラネアオイが・・・
         登ってくるときには気づきませんでした。
A28hana
      上を見るとこんなのも・・・・・・
         薄暗かったせいもありますが、
             やはり『よそ見』が足りなかったようでございます。
A29green
        染まりそうな緑の中を帰ります。

          てくてく・・・てくてく・・・
A30kiiro
        どうも、マクロに切り替えてなかったようで、
            あれもこれも、ピンボケでございます。
A31semisigure
      この辺は、ハルゼミの蝉しぐれでございます

       ジャワジャワ     ジャワジャワ・・・・・・
A32ginnryou
       道の両脇には、たくさんのギンリョウソウが咲いております
  こんなに沢山咲いているのに、登るときにはまったく気づきませんでした。

  

A33sawa
        小さな沢を渡ると
           間もなく登山口の駐車場でございます。

    ・・・・・・・・・・・・・・『回れ右』おわり・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・【キャラブキ】・・・・・・・・・・・・・

    我が家の庭は、あちこちにフキが生えております。
A1fuki
     もったいないので、キャラブキにしてみました。

     料理酒と醤油と砂糖で、少し時間をかけて煮込んでみました。
A2kyara        意外とうまくできました。

       ・・・・おしまい・・・・  

| | コメント (0)

どの花見ても

2011年6月22日作成

A15witesyakuyaku
    相変わらず、自宅の周辺をうろうろしております。

A3red
                     あか
A13witeyukinosita                          しろ
A1yellow                     きいろ

          どの花見ても・・・・・・・・・・・・・・・・・

A2purple                     むらさきもあります
A4green                       みどりもございます

A11rose_2                    バラも咲いております
A14radi                裏の畑で獲れた野菜を食べ

A5berryred                      完熟のイチゴをデザートにして

                      少しだけ自給自足の今日この頃でございます。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

天敵

2011年6月17日作成

        雨の日もいいもんです
          今回も、「庭先うろうろ」でございます。

  ・・・・・・・・
6月12日
 A1syakuyaku                            しっとりでございます 
A2wite
                           白いのもございます
A3kaki
          こちらは地面に落ちた柿の花でございます。
          昨年はほとんど実がつきませんでしたので、
          今年はたくさん稔ると思います。
A4komatuna        夕餉のみそ汁の具は、小松菜の間引いた奴でございます。
          青虫の食べ残した穴だらけの奴でございます。
             毒はないので 無問題 !
               いただきます  
    ・・・・・・・・・・・・・・
6月13日
      仕事で苗場スキー場の近く(二居)まで行ってきました。
A5taira
      少し時間に余裕を持って出かけたので、
      平標山の登山口に立ち寄ってみました。
A6haruzemi         車を止めて降りてみると
          シャワシャワ・・・シャワシャワ・・・・・
        あたり一帯ハルゼミの鳴き声で満ちておりました
        初夏でございます。
A7utugi           ウツギもちょうど満開でございました
             シャワシャワ・・・・・・・・シャワシャワ・・・・・・・・・
A8okky         このトンネルの向こうまで行って来ます
          シャワシャワ・・・シャワシャワ・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・・
6月14日
    裏の畑のきゅうりが2本実りました
A9kyuuri        イボイボが痛いくらいです。
         この日も、みそ汁の具は青虫の食べ残しの
             小松菜の葉っぱでございます。
A10morokyuu
  父の仏前にお供えした後、いただきます。
   スライスして、金山寺味噌をのせてみました。
     人数が多ければ、イクラとか生ハム・塩辛・梅肉・・・
       いろいろのせてみると楽しそうですが、今日はとりあえずシンプルに
          いただきます 
  ・・・・・・・・・・・・・
6月15日
  A11tuyukusa
     朝露にツユクサでございます、
          いよいよ梅雨らしくなって参りました。
A12berry
      出かけた帰りに「やまの畑(現在、耕作放棄状態)」の
       様子を見によってみましたら、いちごが実っておりました。
         夕食のデザートでございます。いただきます  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月16日
     A13yukinosita
     側溝のコンクリートの隙間からユキノシタが咲いてます
     葉っぱは天ぷらにして食べますので、これも山菜の一種でしょうか?

A14asinaga    夕方、裏の畑の小松菜を見ましたら
    小松菜についた青虫を、蜂が肉団子にして運び出すところでございました。
   あれだけ青虫が増えれば、天敵もやってこようというものでございます。
   畑の管理、よろしくお願いします ) 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    

| | コメント (0)

庭には・・

2011年6月12日 作成

         梅雨入りはまだのようですが、
           雨降りの日が多くなりました。
              旬といえば、やはり
A0takenoko      竹の子でございます。 (これは購入したものでございます)
       『筍』ではなく『竹の子』の方がやはりピッタリいたします。

     我が家では身欠きにしんと一緒にみそ汁や、煮物に致しますが、

     お隣の長野県では、サバ缶(サバの水煮)と一緒に調理するようでございます。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   しばらく遠出ができないので、我が家の庭でも歩きませう。
A1kogome
       コゴメはもうとっくに終わってしまいましたし、(開けば普通のシダ)
       ウドも『大木』になりつつあります
A2ichigo    
    いちごは何とか実が着きそうであります。
A2kyuuri
    キュウリもようやく実がつきはじめました。
A3myouga
       えー、こちらはミョウガでございます。
A4kaeru
       ひなたぼっこでございます
   朝の8時半から夕方の4時ころまでここに居りました。
   お昼にも見かけましたので、たぶん一日中ここに・・・・・・・・
A5kakinoki
   ジャングルではございません
   手前の葉っぱがシラネアオイで
   左側の木がライラックで、一番太い木が柿ノ木(渋柿)でございます。
B4goyha
  こちらは日よけ用に植えたゴーヤの苗でございます。
  動物でもないのに、ちゃんと支柱を見つけ出して絡みつきます。
A8niwa

   我が家の庭は、今のところほとんどほったらかしですが、
   次々といろんな花が咲いてくれます。

   椿が終わったら牡丹、牡丹が終わったら、芍薬・・・・・
   もうしばらくで紫陽花(右寄り奥)も色づき始めると思います。

   今朝は、こんな奴も見かけました。
P1010031
   以上、
   自然たっぷり、荒れ放題の我が家の庭でございました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

もしかして

2011年6月2日作成

      当地(新潟県津南町)では、大小の地震(余震)が頻発しております。

 今日も、震度4の地震がございました。

 しばらくすると「だいじょうぶ?」 

 心配してくれる親戚や知人から、電話やメールが入ります。 

 『心配してくれる人がいる』それだけで心強いものでございます。

         ありがとうございます。   )  

A0taue2         ようやく田植えも終わりに近づきました。

         水面に映った山並が、苗の緑に染まってしまうところが面白いです。
        (2011年5月31日 十日町市下条地内にて)
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、前記事「赤線プロジェクト1」の続き

A1sky            六根清浄    お山は晴天
                       よいお天気でございます。
A2green           新緑でございます。
                      脇見をしながら  てくてくと・・・・
A2mori          その辺の林を覗けば、カタクリが咲いているだろうと
            林を覗きながら進むのですが、
                いっこうに見当たりません。
                    花はおろか、葉っぱすら見当たりません。

         よっこらしょ    どっこいしょ 
A3miti      舗装された道路を歩くのは、あまり好みではないのですが、
     車の通りは意外と少なく、のんびり歩けます。
     (この日、4時間ほど歩いて結局すれ違った車は20台もございませんでした。)
 A3yama        お山は、緑に包まれております。
A4bridge_2
           紅葉の季節には定番の撮影地点でございます。

           てくてく・・・・        てくてく・・・・・
A5iwasuge         大赤沢集落から望む岩菅山でございます。
A6musi          てんとう虫とは少し違うようでございます。

         道草食いつつ
                あわてない     あわてない・・・・
A7minakuti     たんぼの入り口に、少し水溜り(?)を造って
    水温を少しでも上げてから入れるのでございます。
    ドジョウやオタマジャクシがいて、子供の頃の遊び場のひとつでございました。
A8hana

             山里の遅い春でございます。
A9naeba              苗場山にはまだ雪が残っております。
A10jinnjya      13:23  ようやく小赤沢到着でございます。
           一応、今回の目的は達成でございます。
            どちらかが、苗場山神社だと思います・・・・・

             (なんと バチ当たりな・・・・・)     

A10sirane

      次のバスは 16:00でございます。時間はたっぷり・・・・

        温泉で汗を流して帰ることにいたしました
        村を抜けて歩きます。       てくてく・・・てくてく・・・
A11hana              道草食いつつ、進みます
A12kamo1          山里の風景でございます。
         おや?  あの黒い点は?
A12kamo2 もしかして  もしかしてかもしか?
   パンダではなさそうです。犬でもございません。
   はい、こんにちは
A13sakura         桜は満開でございます。
A14onnsenn      今回はこちらの温泉に入り(もちろん貸しきり状態、ほかに客なし)
         1時間半ほどお昼寝の時間でございます。(休憩室も私だけ・・・)

       施設の方に伺うと、「長野県北部地震以来(お客さんは)さっぱり・・・」

       だそうでございます。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              そろそろ帰りませう

            とぼとぼと坂を下りますと

A16kamosika1    あれから2時間くらい経ちますが、まだ同じ所に佇んでおります。
     よく見ると角が片方しかございません。

       小さな声で「お~い」と声をかけましたら
A18kamosika2         そっぽを向かれてしまいました・・・・・・
             置物ではないようです。
A19coffeetime

       バスの時間にはまだ時間があります。
          ここらでちょっと  coffee time  ! ! 
                                あわてない・・・・・  あわてない・・・・
A20jizou         はい、ここまで無事故でありがとうございました  
A21busstop          一人寂しく 記念写真でございます。
A21bus       帰りのバスも  『貸切』状態でございました。

      約13kmの遠足終わり。

5、RESULT

   自宅・切明(魚野川)赤石山・野反湖・三国峠・谷川岳・清水峠・巻機山・

 中ノ岳・八海山・大倉登山口(または駒ヶ岳枝折峠)と赤線がつながったのでございます。

   こうなったら、自宅と大倉登山口の間をつないで大きなループを完成しようか?

   などと、つまらぬことを考えてしまうのでございます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A30udo     我が家の裏庭(裏藪?)で採れた 独活でございます。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

| | コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »