« 雪解けを待てずに | トップページ | ブナ萌える »

縄?綱?

2011年5月6日作成

         今日は立夏だそうでございます。

             立夏といえば・・・・・

0harutora       残雪にトラクターでございます・・・・・・・・?
X1ike
     ふきのとうに、ようやく開き始めた桜でございます。

     (2011年5月6日津南町中子地内にて)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          【連休のお山ーその1】

    久しぶりに外泊のチャンスができたので、

      一泊でお山に出かけることにしたのですが。

         今回は単独なので、控えめな計画となりました。

1、目   的   残雪のお山を楽しむ
2、目的の山    IIZUNA山
3、形   態   単独行
4、出かけた日   2011年5月3日

3:50 津南町発  

  道中、道草をくって、水芭蕉なんぞを見物

      早朝ですので、だあれもいません。

           聞こえるのは鳥の声だけ、 静かでございます。

2mizubasyou       はい、あわてない   あわてない ・・・・・・

6:20 登山開始
3miti     今回は、戸隠側から入山
            緩やかな尾根を登ります。

    六根清浄   お山は晴天
            (今日も無事故でありますように 
4torii          よっこらしょ
                    どっこいしょ
         ここらでちょと
                    一休み
         思ったより雪が少ないです。
5takatuma             やがて、戸隠表山や高妻が見えてまいりました

             うんこらしょ       どっこいしょ
6kitaarupusu        北アルプスも見えてまいりました・・・・

             (南(左)にゆくほど雪線が高くなっております)

7takatuma         う~ん    どっしりとしたお山でございます。
8fukidamari        風下側の吹き溜まりのようなところを辿ります

       よっこらしょ       どっこいしょ9teppenn        てっぺん(南峰)が見えてまいりました。

       あとすこし
10kitaa           中央が五竜岳でしょうか

          わき見をしながら よっこらしょ 

          黄砂なのか?なんとなくすっきりしないお天気でございます。
11harinoki            針ノ木辺りでしょうか?
12top1        はい、てっぺん(南峰1909m)でございます

       奥に見えるのが北峰(1917m)でございます。

13top2         頂上(1917m)を目指します。

14top3                9:06 てっぺん到着でございます

               先客2名、思いのほか静かでございます。

【道草】 「飯綱」それとも「飯縄」??????

今回の写真では「飯縄」になっておりますが、

2008年9月の写真↓では「飯綱」になっております。

18iizuna2 手許の地図①(国土地理院5万分の1地形図「戸隠」(平成6年修正)には

         「飯縄山(飯綱山)」と「飯綱山」が括弧書きで添えられております。

手許の地図②(国土地理院5万分の1地形図「戸隠」(昭和41年資料修正)には

         「飯縄山」とのみ記載されております。また、「飯縄神社」「飯縄原」の

         記載も見られますが、「飯綱」の表記は見当たりません。

(国土地理院の地形図は愛用しておりますが、地名表記の間違いはたくさん見受けられます。(特に最近の地図に多い)必ずしも地名調査の厳密な資料にはならないようでございます。)

ちなみに、「いいずな」とは「飯砂(食べられる砂)」に由来するとどこかに書いてありました。

「飯砂」とは、かの有名な(?)「天狗の麦飯」のことだそうでございます。

   別段結論はございません、手許の資料を少しめくってみただけでございます。

【追記】 平成17年10月1日に牟礼村と三水村が合併して「飯綱町」になったのだそうです。したがって行政区分上は「飯綱」の文字が使用されるようでございます。

また、観光面等でも「飯綱・・・・・」と用いられるようでございます。神社を基準に考えると

『飯縄』で、行政を中心に考えると『飯綱』で、その間は・・・・・・・・適当に・・・・・・ということでしょうか?      結局、結論はありません。すみません 

15nisidake       西岳連峰でございます。
         やはり、本院岳はかっこ良いお山でございます。
16myoukou      黒姫山の向こうに、妙高の外輪山(三田原山)と本山が見えております。

17kannpai
       ちょっと贅沢に・・・

        高妻山に   カンパイ !!!

18gezann      9:36 風が冷たくなったので、コーヒーを飲んで

      早々に下山でございます。

        帰りは瑪瑙山のほうへ下ります。

          六根清浄    お山は晴天

19sumie
      墨絵のような景色でございます。

          わき見をしながら    どっこいしょ
20myoukou        まもなく妙高ともお別れでございます。

21iizuna         瑪瑙山への登りから振り返ってみる
           飯縄山でございます。
22gerennde        貸切(?)ゲレンデの中を下ります。

        ああ、無理してでも(スキー)板を持ってくりゃ良かった・・・・・・・

          歩いて下るのは、なんとももったいない。

X0sasayabu

                 ゲレンデを離れ、しばらく急坂を下ります。
23hyousiki            あとはひたすら下るだけ
24ki             時々、脇見をしながら下ります

X1suiro

     やがて水路沿いの緩やかな道になります。  

X2suiro

     傾斜の急なところにくると、水路は深くえぐられております。

【学習】 「河床を固めない水路を作る場合、勾配を充分緩くとらないと

     河床の浸食が甚だしく、後のメンテナンスが大変である。」

     ・・・・・・・・・・・後で何か役に・・・・・・・たちそうもないか・・・・・・・・・

25hana_2
       山に入ってから、ようやく花らしい花にであいました。

      11:51 無事下山。

 

     今日も怪我なく     よかった  よかった

(この日、山中で出会ったのは、頂上付近で出会った3人だけでした。

     静かなお山でございました。

     その後、戸隠の自然園にでも寄っていこうかと思ったのですが、

     駐車場はどこも満杯で、道路は渋滞・・・・・・

     ラーメン屋さんも、お山も、並ぶのは嫌いなので、早々に戸隠高原を去る。 

      このあと、妙高杉野沢のお宿に向かい、久しぶりの外泊でございます。)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26nanohana                   (5月4日野沢温泉村にて)

          

             ・・・・・・・・・・・・・・おしまい・・・・・・・・・・・・・

|

« 雪解けを待てずに | トップページ | ブナ萌える »

お山(11)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

長野のお山は雪が少ないですね~。
津南や魚沼が異常なのですかね?

妙高、黒姫、飯綱といい山が揃っています。
下界から眺めたことしかありませんが.....
そちら方面も今度は登ってみたいな~と思います。

それにしても、
飯綱??? 飯縄????
どっちなんでしょう????
飯綱高原スキー場とかありましたよね。
長野オリンピックの舞台にもなりましたし。
飯綱山だとばかり思っていましたが......
山頂の標柱が書き換えられていますね~????

投稿: mbaba | 2011年5月 9日 (月) 21時11分

mbabaさま
 思いのほか雪が少なかったです。
やはり一番北側の妙高山が多く、黒姫、飯縄と内陸に来るに
したがって雪の量は少なくなります。
 北アルプスの場合は一望すると白馬岳(北)から常念岳(南)に向かって
雪線の標高の違いが顕著に見られます。
 たっぷりの雪を期待していったので、すこしがっかりでした。
それでも、途中でお会いした人の話だと、例年より多いそうです。
 「綱」?「縄」? もともと大雑把な私には
元が「飯砂」なら、綱も縄も当て字だからどちらでもいいや・・・・
ということで、「考え出したら眠れなくなった」なんてことはありません。
 ではまた  お元気で
 

投稿: 越後屋 | 2011年5月11日 (水) 05時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪解けを待てずに | トップページ | ブナ萌える »