« 風は海から | トップページ | 一足お先に »

ツルハシとノコギリ

2011年2月24日作成 (津南町役場前 積雪182cm(23日午前九時現在))

        ようやく少し春めいて参りましたが、

             朝晩はまだまだ冷え込みます。
X0hana

                  (十日町市下条地内、背景は信濃川)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月21日


X1maki      旧塩沢町から見る(右)割引岳と(左端)金城山でございます。
X2taoyaka
     この真っ白なお山を見ると、
       お尻のあたりが ムズムズしてまいります。

                          (たぶん、悪い虫が住み着いてしまったのでございます)
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月22日
X11hana
   十日町市下条地内にて
     よく晴れた日の朝、信濃川に近い辺りに良く発達します。
       『樹霜』ってやつでしょうか? 『霧氷』?
     長野県の飯山市辺りでは『樹花(キバナ)』というようでございます。
       満開の桜のようで綺麗でございます。
X12hana  
          思わず車を止めて、眺めてしまいました。
X13hana
      (エビフライを揚げるとき、パン粉の代わりに
        春雨やビーフンを砕いたものをまぶして揚げると
          こんな感じになるのでしょうか?)
      まことに無粋な事を考えてしまいましたが、
          自然はいつも不思議な造詣を見せてくれます。
   
    X21yukiguni

       (津南町 赤沢地内) 

      少しづつ    少しづつ

          春が近づいて来ている・・・・・・・・・のかな?

X22yukiyama    (十日町市役所駐車場脇の雪山

    全部、駐車場除雪のために脇の公園に積み上げた雪でございます。)

X23tinnjyu

     信濃川の川霧に浮かぶ鎮守の森でございます(小千谷市雪峠にて)

X24jyasetu       道路脇の雪をダンプカーに積んで取り除きます。

      この作業のため、あちこちで渋滞が発生しますが、

      やむを得ません。いつもより時間に余裕を持って出かけます。 

       (十日町市 新宮地内)

X25park

       ご近所の駐車場(?)は、50cmの圧雪の上でございます。

X31turuhasi       玄関前の雪を取り除こうと思うのですが

         下の3~5cmくらいは厚い氷となっており

           お天気の良い日に少しづつツルハシで割って

             地面(?)を掘り出します。

X32noko1

    通路の雪は踏み固められて固くなっていて

        スコップではなかなか刃がたたないので 

           ノコギリでブロックに切り出して

X33noko2               運びます。

     春先の雪は、とても固くて重いのでございます。

     降り積もった雪は、降り積もった瞬間から

     どんどんその状態が変わってゆくのでございます。

     それは昇華による再結晶化であったり、

     上に積もった雪による圧縮であったり、

     雨や地熱や気温の影響であったり、

     あるいはまた、上を通過した人や自動車の重さであったり・・・・・・・・・・・・

     基本的には、どんどん密度が高く重くなってゆきます。 

 

X33noko3      スコップやスノーダンプだけではなく、 

         ノコギリやツルハシ…いろんな道具を使って

            雪と格闘するのでございます。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      除雪作業のあとは、久しぶりの町内温泉でございます。

X50sodaki      津南町民230円(夏場は210円)、今日も貸切でございます。

           ざぶん!!

               ああ、極楽、極楽 

      何だかとりとめもない記事になりましたが

                         おしまい

 

|

« 風は海から | トップページ | 一足お先に »

雪国」カテゴリの記事

コメント

今の時代,雪国の日常の映像はTVなどでよく見かけるものですが,いずれもさらりと流れていく感じです。ところが,「お山は晴天」の写真では,越後屋さんの実感の湧く解説で,それぞれが因果関係を持つものだということを感じます。雪のない地方の者にとって,すごく目新しく感じます。(生活の大変さの中の一場面に対して,こんな言い方をする失礼をお許しください。)ですから,興味深く拝見しております。
割引岳の写真→「すごいなあ」と思います。巻機山の隣の割引岳ですよね。巻機には春にシールで登ったことはありますが。
十日町市役所駐車場脇の雪山→とてつもない除雪の雪ですね。
お宅の通路の圧雪の切出し →まさに,大変ですね。
町内温泉は,お湯が湧き出ているのですか? 中国地方は熱い温泉がほとんどないので,憧れます。

投稿: yasu | 2011年2月26日 (土) 23時16分

〉yasuさま ご来訪、コメントありがとうございます。
 雪ばかりの記事を興味を持ってご覧いただきうれしいです。
割引岳、 一際真っ白な姿のこのお山、眺めるのも好きです。
雪の山、 運び出すのが間に合わなくなったら、
     踏み固めるか、積み上げるしかないのでございます。
通路、 当該部分は「公衆用道路」でございますが、隣接住宅が我が家と
   お向かいさんの2軒しかないので、町で除雪してくれません。
   助け合いながら少しづつ切り開いていきます。
温泉、 数えてみたら、町内に八ヶ所くらい温泉がございます。温度は
   そんなに高くないと思いますが、今回の温泉はザブンと入ると、
 ザーっとお湯が溢れる、お湯たっぷりの気持ちの良い湯船でございます。
 ではまた       越後屋拝

投稿: 越後屋 | 2011年2月28日 (月) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風は海から | トップページ | 一足お先に »