« 雪下ろし2回目・雪の比重計測3 | トップページ | 雪下ろし3回目 »

いつもの冬

2011年1月21日 作成

 いつもの冬になりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月18日   (津南町役場前午前九時積雪198cm)

W1
    午後十日町に出かけました。
    窓ガラスに当たる雪は大きな雪片 長辺は2cm以上もあります
    こんな日は沢山積もります・・・。
(この日の除雪作業 朝の除雪(通路確保および駐車場除雪)1時間半)  
・・・・・・・・・・・・・・・
1月19日  (津南町役場前午前九時積雪180cm(雪が溶けたわけではありません。

       体積が減っただけで、重さは増しております。))

X1syako
     次の休みまで放置するのは心配なので
     雪がふりしきるなか、午後から臨時休業にして 
     車庫の雪下ろしを致しました。
X2
         雪下ろしが終わった頃には青空が顔を覗かせました。
(この日の除雪作業 朝の除雪および車庫の雪下ろしで除雪作業3時間)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月20日   (津南町役場前午前九時積雪178cm)

Yeda
     積雪で庭のえんじゅの枝が折れそうでございますが
       危険で近づくこともならず。
          「自然に任せる」ほかございません。
Ymiti
         雪国でございます
Y3cross
    道路脇の雪の山もだいぶ高くなって参りました(十日町市高山地内)
Y4hodou
          歩道と車道の間は「雪壁」でございます。
Y5bus
           バス停(待合所)も雪の下
Y6miti
         「降っても降ってもまだ降り止まぬ・・・・・・・」
Y7bus
        歩道から見る 「バスを待つ人」でございます
Y8sinnsetu
           2時間ほどの外出から帰ると
           玄関前にはすでに20cm近い新雪が積もっておりました。
  (この日の除雪作業 道つけ等の除雪作業1時間半)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ⅰ月21日  (津南役場前朝九時積雪 223cm)
いよいよ積雪は2mを越えました。
Z1mitituke
    朝から通路確保でございます。
    足の下にはすでに20cmほどの圧雪が・・・・・・
    この通路を確保しないと、玄関前の雪を
    裏の川まで運び出せないのでございます。
          よっこらしょ
                 どっこいしょ
Z2gennkann
    右手に持っているポールが2mでございます。
    この通路を確保しないと、老母の外出(デイケア、ショートステイ
    および災害時の避難)ができないのでございます。
   Z3nikai
           今日は長岡までおでかけでございます。
           ずんずん積もります
           気をつけてください(二階建てでございます)
            (十日町市にて)
Z4sagyoutyuu      
     雪の日はあちこちで道路等(上記は橋のうえの雪)の除雪作業が行われ、
     「除雪渋滞」が起こります
     
Z5odiya            小千谷まで来ると、一時日が射してきました
Z6katagawa
         ここでも片側交互通行でございます。
     いつもなら十日町から長岡まで1時間くらいなのですが、今日も
     長岡まで片道2時間以上かかってしまいました。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雪国の駐車場といえば
Z7p
    「周囲に雪の山」がお決まりでございます。(十日町情報館)
Z8p
    こちらのドラッグストアーの駐車場も「雪の山」でございます。
・・・・・・・・・・・・・・・
Z21niwa
        右側が車道でございます。
Z22maru
     「ブログに載せる」と言ったら「私も・・・」と
      モデル希望者が2名。 顔をお見せできないのが
       まことに残念でありますが・・・・もちろん「絶世の美人」でございます。
     Z24dump
      道路脇の雪の山は、ダンプカーに積んで一台分づつ
         河川敷等へ運びます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3時ころ帰宅すると、
朝はこんなだった近所の建物(人は住んでいないが、まだ一度も雪下ろしをしていない)が
Z25yane
  こんなに綺麗になっておりました。

Z26sukkiri

(この日の除雪作業は、朝1時間半)

 明日あたり、物置の三度目の雪下ろしをしようかと思っております。

        おしまい

|

« 雪下ろし2回目・雪の比重計測3 | トップページ | 雪下ろし3回目 »

雪国」カテゴリの記事

コメント

越後屋さん,いつも拝見しておりますが,いやはや,すさまじい降雪ですね。特に,至る所に雪壁ができているのには驚きます。
車庫の雪の厚みを何枚かで見ると,本当に積もっては降ろし,降ろしては積もるの繰返しがよくわかります。
何点かお尋ねしていいですか?
☆雪の結晶の径が大きくなると(2.5cm以上?)になると沢山積もるのですか。
☆「危険で近づくこともならず」は,えんじゅの木の雪,屋根の雪のどれが危ないのですか?

雪下ろし中の事故も多発していると何度も報じています。気をつけてくださいね。

投稿: yasu | 2011年1月21日 (金) 22時28分

〉yasuさま
毎度雪の話題ばかりで恐縮でございます。
1、結晶が大きくなるというよりも、沢山の結晶がくっついて
大きな雪片となって落ちてくる状況でしょうか、
大きな雪片が落ちてくるときはしっかり冬型の気圧配置になったときであり、
シンシンと長時間にわたり降り続き、「大雪」となる事が多いようです。
2、雪の重みで枝がおれそうなので、雪を払ってやればよいのですが、
木の下は雪が深いため、近寄りがたく、しかもいつ折れて落ちてくるかも
分からないので、危険なので近寄れません。
 寒さ厳しき折、ご自愛ください  ではまた  越後屋 拝

投稿: 越後屋 | 2011年1月22日 (土) 14時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪下ろし2回目・雪の比重計測3 | トップページ | 雪下ろし3回目 »