« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

誰もいない山

2010年9月29日 作成

    (前記事 「今はもう秋」の続き)

(2010n年9月20日朝)

天狗山荘の朝、まだ雨音がします。
5:30 頃起床 とりあえず朝食を摂るため自炊室に向かいます。
Y1meta
   メタクッカーに、100円ショップで買ったアルミ板で
     風除けを作ってみました.
        軽量化のため、今回の燃料はメタのみでございます.

    おにぎり二個、魚肉ソーセージ一本,コーヒー
    昨夜の 「天狗鍋」から一転、 質素な朝食でございます.
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 雨はまだ止みません.
(一,稜線に出ればもう少し風が強くなるが,これから今以上には風雨は強くならないだろう。 徐々に回復するはずだ. 二,鑓温泉に下っても雨の後は土砂崩れの可能性があり、下手をするとまた登り返すことになる.大雪渓を下るにしても、雨の後では落石やトラバース道の土砂崩れのリスクが高い.・・・・・・慎重に不帰を越えてゆくのが一番確実であろう・・・・・)
ということで,

6:08 天狗山荘発   雨具を着て出発

         六根清浄    お山は晴天
          今日も無事故でありますように )            
Y2koya

      小屋を出てすぐに引き返してきた人に会う。
    「滑るので,引返してきました。」 それも正解です
          でも私は進みます.

     よっこらしょ     どっこいしょ
Y3tenngu
            なぁ~~~んにも見えません

             いよいよ下ります。

           慎重に・・・・      慎重に・・・・
Y4urasima
           秋色 でございます

         脇見をしながら   どっこいしょ
Y5karamatu
       ちらりと見えた 唐松岳方面でございます。

        手前が 第三峰 ?
Y6p1
        最低鞍部付近から見上げる 
           第一峰方面でございます。
        よっこらしょ
               どっこいしょ

           Y7tori_2
           保護色でございます。

       景色も花もあまり見えませんでしたが,
               雷鳥には沢山出会えました。

Y8tori
              こんなところにも・・・
            はい、 おはようございます。
Y9gaki
         餓鬼岳でございましょうか?
       ガスの切れ間に黒部側の谷が見えました。
Y10tori
          またもや・・・・
             所々で気を紛らせてくれます。

       六根清浄      お山は晴天
Y11p1   7:40    一峰の頭着  ここらでちょっと一休み

         二峰側のハイマツの陰で風を避けて一休み。 

         あわてない    あわてない 
Y12p2          一峰の下りから見る二峰の登り。
           鎖がなければ 3級くらい?
Y13hasigo
         滑らぬよう、   慎重に・・・・慎重に・・・・

    どなたにもお会いしません。 鎖場の待ち時間もございません。
    景色も見えません。  
    ひたすらとぼとぼ歩きます。
Y14p2n
         こんなものしか 被写体がございません

         欲ばらない   欲ばらない  ・・・・・

         よっこらしょ   どっこいしょ
Y15happa          こんなの撮りながら
              のそのそと 
                  登ります
Y16p2s
          8:31  二峰の南峰到着
       はい、 休みましょう  休みましょう・・・・・

       付近には雷鳥が沢山(4羽~5羽)いました。

       テルモスのコーヒーを飲んで一休み。
Y17tori   
              あっちにも
Y18tori
            こっちにも
       (そんなに睨まないでくだされ。悪さはいたしませぬ。)
Y19p3          あれが 第三峰でございましょうか?

       先は長いぞ       どっこいしょ

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 しばらくトラバース気味に進むと、ガスの中にピークらしいところが見えて参りました。
 三人ほどのパーティーと単独行者が下りてきます。
 私 「おはようございます。第三峰はすぐですか?」
 単 「・・・・すぐそこです」
 私 「有難うございました」
登ってみると
Y20karamatu           そこは唐松岳のてっぺんでございました。
9:11 唐松岳 着

          頂上にいたお兄さんが写真を撮ってくれました.

     結局,天狗の頭から唐松岳直下まで誰もお会いしませんでした。

     この時の不帰は「誰もいない山」でございました.(ちょっと無理がある?)

   何となく第三峰は、肩透かしを喰らったような感じでございます。
   五万分の一地形図では分かりませんでしたが,2万五千分の一地形図をよく見ると
   てっぺんを通らず黒部側を捲いていることがわかります.

Y21koya
       9:25 唐松岳頂上山荘着

        熱いコーヒーを飲んで,一休みでございます.

               (つづく)

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Y30ninnjinn     沖ノ原(津南町)のにんじん畑でございます。

     このまま収穫せずに、雪に埋もれさせ、

     春,雪の下から掘り出して出荷致します.

     甘味が増し,「雪下にんじん」として出荷致します。

     遠くに見える白い畑は,蕎麦の花でございます。

                その向こう,一番奥に見える山並は、野沢温泉の

     上ノ平・毛無山付近でございます。

Y31soba        一面の 蕎麦畑でございます。

       蕎麦畑の脇にはこんな奴もおりました。

Y32kumo        小さい方が♂でございましょうか?

       もう少しすると,♀のお腹がもっと大きくなって

       綺麗なルビー色になります。

       綺麗な色の蜘蛛でございます。

       「女郎蜘蛛」ではなく「女王蜘蛛」の風格があります.

              ではまた・・・・・・       

 

| | コメント (4)

今はもう秋

2010年9月26日 (日)作成    

X1asagao
     いつまでも続く残暑
       せっかく休みをいただいたので、
          少しは涼しそうなところに出かけてみました。が・・・

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1、目   的  涼しそうな雪渓の登行
2、目的の場所  白馬の大雪渓から不帰ノ嶮経由八方尾根下山
3、出かけた日  9月19日・20日
4、形   態  単独・小屋泊まり

9月19日
3:09 自宅(津南町)発
5:19 八方第5駐車場着
    X2p
     駐車場から眺める白馬三山でございます。

     バスが来るまでまっているのももったいないので,
     それらしき人二人に声を掛け,三人相乗りでタクシーで猿倉に向かいました.
     これなら,あまり賑やかにならないうちに登れます.
     (ちなみに,猿倉の駐車場は満杯ということで、自家用車は
     途中から、先に入れてくれませんでした。この時期でもまだ満杯に
     なるようでございます.)

X3saru

   はい、お馴染みの場所でございます.
   ここで、登山計画書を提出しました.

  (余談でございますが,私,夏でも単独で入山するときは,大抵、アバランチビーコンを
   持参しており,その旨,計画書の最後に太字で明記しておきます.
  山の中で行方不明になった人を探すというのはものすごく沢山の人の労力を必要
  とするだけではなく,沢山の人達をとんでもない危険に晒すことになります。
  そんなわけで、少しでも発見し易いようにと思うわけでございます.
  どの程度役立つかは分かりませんが・・・・・・・)

6:09   さて、出発でございます。
      六根清浄   お山は晴天
          今日も無事故でありますように  
  X4siri

  7:00 到着、20分の朝食タイムとする。
       インスタントですが、みそ汁が150円くらいだったと思います。
       おにぎり2個とみそ汁で朝食。
X5hana
        ご飯も食べたし
           脇見をしながら  登ります

        よっこらしょ
                 どっこいしょ
X6happa           すこしづつ    秋色に    染まっていきます

X7sekkei
          ようやく雪渓でございます

          うんこらしょ      どっこいしょ
X8deburi

  ガレ場の上を歩いているようですが
     実は、雪渓の上を被ったデブリの上を歩いているのでございます。

X9mattann
       右奥に見えるのがケルンの辺りでしょうか?
       雪渓下部はだいぶ荒れております。

X10doromizu
     雪渓中央には、土石流(?)の流れた跡が・・・・・・・

X11sekkei
       雪渓上を歩くのは,ほんの30分くらい?
       あっという間に、捲き道に入ります.
       左岸に捲き道があるというのは知っていましたが、
       通るのは,今回が始めて。
       とても危険な捲き道だと思いました。
       途中に「休むな!」という表示板がありましたが、
       怖くて,とても立ち止まる気にはなりませぬ.

       さっさ、 さっさと通りすぎます。
X12jyoubu         大雪渓の上部でございます。
        こんなつまらない大雪渓は始めてでございます.

X13hinanngoya
     この避難小屋、昨年は雪崩で吹っ飛ばされて、
       基礎だけしか残っておりませんでした。
        (小屋組や残骸が雪渓の上に散乱してました)
X14atosukosi
          あとすこし
                六根清浄   お山は晴天
X15bunnki  10:30 村営宿舎着    昼食タイム30分
     少し早いが昼食(おにぎり2個)とする。

     白馬はパスして,そのまま天狗山荘に向かう
X16kekati  
       毛勝三山、 いつ見ても、落ち着きのある山並でございます。
X17turugi
       どこから見ても、 剱でございます。
X18korekara
       これから越えてゆく山並でございます。

          先は長いぞ     どっこいしょ
X19sirouma
         振り返ってみる白馬岳でございます
            頂上は,いつ崩れてもおかしくない・・・・
X20yari
   これから向かう 鑓ケ岳でございます。
         けっこう手応えありそうでございます。

    あせらない、あせらない
             よっこらしょ    どっこいしょ
X21koya
   12:53 鑓ケ岳 到着
       かなり風があります。
       天狗山荘が見えてきました。
             あとすこし 
X22kouyou
         風が強いです 
         耳が・・・手が・・・冷たいです。
        (耳を被う毛糸の帽子を持ってくれば良かった・・・)
        (毛糸の手袋を持ってくれば良かった・・・・・・・・・・)
        今は山はもう秋・・・・でございます。
          X23yari
        振り返って見た 鑓ケ岳 でございます。
X24hana
          まだ少し花が残っておりました。
X25oyado
        今日のお宿でございます。
13:48 天狗山荘着
    受付を済ませ、着替えて、ビールを買って
         ・・・・・・・一休み。
    少し外を歩き回ってみるが、
       寒いだけで、花も景色も見えない。
          部屋に入ってごろりとなる。
部屋は,6畳くらいの部屋(区画)に2人。ゆったりでございます。
同室となったyasuさん(「yasuの山楽日記」)は、広島から軽トラに自転車を積んで来てこの後も新穂高温泉の方に回るとのこと。今回は扇沢から縦走してこられたとのこと,小屋泊まりとはいえ、かなりのペースで歩かれているようでございました。
とても私には真似のできない計画でございます。越後の山の話や家族のことなど話しながら、楽しい一時を過ごさせていただきました.有難うございました。

         消灯の時間でございます。

          (つづく)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     当地,津南町では今稲刈りが真っ盛りでございます。

X50tannbo
   (たぶん・・・ほとんど・・・)全部 魚沼コシヒカリでございます・・・
X51inekari
       藁の匂いがします
       収穫の匂いがします
       秋の匂いがします・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (4)

よーへりに行ってきました

2010年9月12日(日)   

久しぶりにYANAさんと休みが一緒になったので、
沢に出かけることになったのですが・・・・・・・・・

1、 目   的  沢登り
2、 目的の場所  あの辺のスラブの綺麗な沢
3、 出かけた日  9月12日 (日帰り)
4、 めんばあ   L.YANAさん、私(以上2名)

天気予報は・・・・雨    県北部では大雨警報が・・・・・ 
しかし、滅多にない機会なので、とりあえず出かけてみることにしました.
X1p
   林道ゲート前に到着。
   ポツポツと雨があたり始めましたが、
   YANAさんの、せっかくなので出合いまででも行きたいとの希望により出発。
   久しぶりの地下足袋・脚絆でございます。
       今日も無事故でありますように 
       六根清浄    お山は晴天
X2oyakata
       現場に向かう 親方でございます。

       よっこらしょ    どっこいしょ
X3hasi
        橋を渡る 親方でございます。
X4sawa       沢を見る 親方でございます。

      現場で使っていたヘルメットでございます。

      まだ増水しておりませんが、少しづつ雨粒は大きくなって参ります.

X5sawa       目的の沢の出会いでございます。
      水も濁っておりませんし,水かさもさほど増えてはおりませんが、
      これから雨の量は増しそうなので、今日はここまでとします。

        よくばらない   よくばらない・・・・・
X6momiji
         「小さい秋」 が 落ちておりました。

X7sayonara
     YANAさんは残念そうですが、
      やはりここのスラブは乾いているときに
        登るのが最高でございます.
          できれば紅葉の頃改めて訪れてみたいと思います。

             又来ます・・・・・
X8brige        雨の中を 帰ります。

        よっこらしょ   あとちょっと
X9maki
             薪のある風景
X10gama
         えーーと、指の数は?
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         無事下山 ?

       今日のザブンはこちらでございます。 
X11furo
            貸切状態でございます
X11service
         サービスショット(?)でございます!!!
       胸のあたりに 祭りの日焼けのあとがくっきり
         YANAさん お祭り男でもあります。
X12yoheri    今日のザブンは  お一人様300円也 (もちろん温泉でございます)

       休憩室も無料でございます.(シャンプー・石けんは別売り)

        『よーへり』→「よー(湯)へり(入り)」→お風呂に入ること

            「よーへりに行ってきた」→『お風呂に入りに行ってきた』

         というわけで、よーへりに行ってきました。

    (清津峡温泉にございます。どうぞご利用くださいませ。)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
X13tea
         最近お気に入りの TEA でございます。
          マイボトル(500ml)用のもあります。

            ではまた お元気で
               おしまい

| | コメント (0)

どーん、どーん、どどどーーん

2010年9月11日(土)    

           
X0jinnguuji
       木陰でちょっと一休み・・・・・・神宮寺(十日町市)
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝早くから パン パン パン 乾いた花火の音がします
今日もどこかで秋祭り・・
お盆過ぎから、毎週のようにあちこちで行われていた秋祭りも
そろそろ終盤戦に入ったようでございます
田んぼの稲穂も
X1inaho
    頭を垂れて
         間もなく刈り入れが始まります。
    その前に,先にお祭りをすませましょう
X2tourou     こんな灯篭が出て (割野集落)

    (ちなみに,一昨年はこんなやつでした↓.毎年楽しみにしてます。)

10tourou2

          作者に   拍手!!!!

X3nobori

              幟も立てて
X4zenntai
           すっかり準備は整ったようでございます

  夜になると
X5hanabi
              どーーーーん
X6hanabi
              どーーーん
X7hanabi
             どどどーーーーーん
   (以上,我が家の二階の窓から見た隣の割野集落の花火でございます。)

    花火が止んだ後の一瞬の静寂の後、

        一斉に虫たちが鳴き始めます

              祭りの終わりと、秋の訪れを感じます。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あとは,我が家の畑のおはなし
X10okur         オクラの花・・・やっぱり五角形でございます。 
     数少ない裏庭の野菜もいよいよおしまいに近づき
      最近実をつけるのはオクラとピーマンくらいしありません。
X11pimann
         毎日チンジャオロースーというわけにもいきません・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
X12rose
  この薔薇、初夏のころからポツポツ、ポツポツ、
     途切れることなく花をつけております。
         薔薇というのは開花時期が長い花のようでございます。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  そうそう、我が家の池の主
    どこかの国より一足お先に、
       継承が行われたようでございます。
13jr
      こちらのほうは、
         小さいけれどそれなりに貫禄がございます。

     跡継ぎができて    よかった   よかった。

              おしまい

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »