« 静かな朝 | トップページ | 雨が降って »

お葬式

2010年4月4日 (日)   

 3月29日に父が他界、
 3月31日お葬式を済ませました。

・・・・・・・・・・
 小学生の頃、自宅の二階の物置代わりの部屋の柱に
マップケースがぶら下がっておりました。
中には五万分の一地形図が数枚と赤鉛筆が一本。
引き出しには、デバイダーやコンパス、キルビメーターなども入っておりました。
その地図を見ながら町内の野山を歩き始めました。
お弁当は、パン屋さんで買った食パンの耳とりんご。
 6年生の頃、友達と二人、十二峠(当時トンネルはなかった)越えを
計画し、角間から上野鉱泉へと越えたのが冒険の始まりでございます。
 私は、高校、大学と山岳部に属し山に行きましたし、
父は父で地元の仲間と主に山野を歩き回っておりました。
しかし、何度か山菜採りに出かけた以外、父と山に登ったのは
弟と3人で登った苗場山一回だけしか記憶にございません。
別に仲が悪かったわけでもありません、今にして思えば
ちょっと残念です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 いろいろあって、最近は要介護の両親と私の三人暮らし、
私が自営業の傍ら兼業主夫をやっておりました。
葬儀が終わって、母と二人きりになり、献立を考えようとしたとき、
2人分だと、何だかとっても張り合いのない気持ちになりました。
食事の支度にしても、今まで三個並べた箸置きが
二個になると、それだけでとっても寂しい感じが致します。
 時間とともに慣れていくしかないのですが、
しばらくお山には出かけられそうもありません。
(仕事も溜まってしまったし・・・・とか何とか言っても

       ・・・残雪の山が私を呼んでおります!!)

|

« 静かな朝 | トップページ | 雨が降って »

雪国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静かな朝 | トップページ | 雨が降って »