« 明かり採り | トップページ | 奇岩の国 »

決して悪い奴ではございません・・

2010年2月20日(土)      

1、目   的   青空の下でゆったりと
2、目的の場所   笠上(かさがみ)1296.4m
3、形   態   SOLO

 5:20 津南町発、出発とほぼ同時に雪が舞い始める。
      (三国山脈の)こちら側が雪ということは、
      向こう側(群馬)はたぶん晴れ。 期待して十二峠を越えました。
1snow  
 赤城インターで降りるつもりが間違えてスルーしてしまい、
伊香保で降りて 17号線を戻るもバイパスを通ってしまい、
◯×山登山口への入り口を通りすぎてしまう・・・・・・。
   まことに ドジ でございます。
 ようやく林道に入るも、路面凍結のため途中で引き返し、
結局、麓の神社の駐車場に停めました。

   ずいぶんと時間をロスしてしまいました。

    が、   あわてない    あわてない・・・

2torii  
8:20 今日も無事故でよろしくお願い申し上げます  

先客1台あり、おじさん準備をしたらすぐ脇の竹林に入っていきます。
私「竹の子取りですか?」
おじさん「道はないけど、この上にいくと登山道がある。」
どうやら尾根道に抜ける秘密のルートがあるようでございます。
私は沢コースなのでお別れします。
 林道を進むと、先ほど進入していった車両が一台途中の駐車場に停まって
2名ほど出発の準備をしておりました。他に車は見かけませんでした。
3torii  登山口で入山届けを出し、屏風岩コースに入ると
屏風岩の基部の鳥居のところに出ます。

    六根清浄    
          お山は晴天
4byoubu
 見上げれば見事な岸壁でございます。

5sora
   岸壁の下の方には、大きなつららがたくさんできておりました。
6miti
  最初は、登山道というよりは、沢底をそのまま歩いている感じでございます。
7dougyou         やがて杉林の中の登りとなり、

      よっこらしょ
                 どっこいしょ
8konara  林の中のあちこちに
   鳥の絵や名前を書いたプレート・
      木の名前を書いたプレートが取り付けてあります。

        「ひだまり」でございます。

  プレートを取り付けた紐が木に食い込まぬよう、

      バネをつけている気配りがちょっとうれしいです。

9one
   杉林を抜け、しばらくの急登で尾根に出ます。
   尾根沿いの積雪はまばらでございました。
10kihada          
   何の木でしょうか?
      木肌がおもしろいので撮ってみました。

         あわてない   あわてない

獅子岩は右から捲きました。
       捲道の途中で・・・・・

      「 ん ?  何か用か?・・・・」
11sika1
 私 「驚かせて申し訳ございません
      決して、悪い奴ではございません。写真を・・・・・・」
12sika2
        「早くしてくれ・・・」

    「あのぉー・・・お尻しか・・・・・・」
13sika3       「もういくぞ・・・・」
         「又お会いしましょう・・) お達者で・・」
14sika4         よっこらしょ・・・
                  

   私も進みます  

      六根清浄    お山は晴天
17asiato
    このコース
         今朝一番が カモシカさんで
           二番目が私だったようでございます。

  獅子岩先の鞍部からしばらく登って振り返ると

15sisiiwa
   獅子岩がみえます。
             しかし
16moai_2    
   私には、どう見ても モアイ像にしか見えませぬ。

   一度そう思ってしまうと、もう、
        モアイ像にしか・・・・・・・・・

     しばらく床屋さんに行ってないモアイ・・・・・

    (しかも、ちょっと メタボな・・・・・)

  (つづく)  

|

« 明かり採り | トップページ | 奇岩の国 »

お山(10)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明かり採り | トップページ | 奇岩の国 »