« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

三寒四温

2009年3月29日 (日)  

つい先日、屋外の梅の花を見ました.(3月24日小千谷市内にて)

0aume
























我が家の敷地内の雪も残り少なくなり、軒下にわずかに残るばかりとなり、

0byuji























片隅では、ふきのとうもほころび始めました。

0cfuki


27日には,弟が帰省して雪囲いを片付けてくれたのですが・・・・

昨日(28日)も今日も 雪!!!!

農業用車両の展示会も、  雪の中

3torakuta

1yukikakoi_2


























まだまだ降ります、 津南町 !

自慢にゃならぬが『豪雪地帯』。

物干し竿(右端)の出番は、まだまだ先のことのようです.

上へ下へ, 右へ左へ, ・・・今日も雪が舞いつづけます.

2rannbu























ふきのとうも、 一休みです.
    あわてない、あわてない・・・・

4fukinotou

































早朝から ジャラジャラ チェーンの音がします.

(今日も積もったな・・・道つけだ・・・)

布団の中にいても,雪が積もったことが分かります.

いまどき、チェーンの音を響かせて走る車は

この手の車(除雪関係の車両)しかありませんので.

10jyoisetusya





昼頃から,ようやく青空が見えてきました.

5aozora

























タイヤ交換は、今度の日曜にしましょう.

| | コメント (0)

お彼岸

2007年3月17日 (火)  

津南町役場前午前9時積雪        7cm (前年  145cm)

朝方、雷がなっていたと思ったら、
雪とみぞれと雨が一緒に降ってました.

1snow
 大きなみぞれの塊が バシャバシャ と大きな音を立てて
 窓ガラスにあたります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『お彼岸』

先日、15日(日) お墓の掃除にいってきました.

3kotosi




















雪の具合は、こんなものです。楽勝。
ちなみに、昨年(平年並み?)は こんな感じ↓でした.
2kyonenn























お寺に行ってみると、こんな感じです.↓

4tera





















軒下に幅の広い浅い水路が作られておりまして,
山側からの湧水を流しております.
屋根から落下した雪が、温度の高い流水によって
消雪されるわけです.
温度の高い湧水の得られる場所の特権です.

・・・・・

お彼岸を過ぎれば、

ようやく、本格的な 『』が見えてきます.

あと少し。

春はすぐそこ・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の おまけ

先日、知り合いの養豚場の休憩室で

可愛らしい奴を見つけました.

『振り向いた』ように見える姿が,何とも可愛らしいです.



5buhi






























              ブヒッ ?

| | コメント (2)

お願いだ!

2009年3月12日  

つい数日前に、(夏タイヤに交換しようか?)
という誘惑が頭をよぎりました.
(せめて、お彼岸まで我慢しよう・・・)

正解でした。

新雪10cmちょっとでしょうか,
1yuki




















今朝も『道つけ』作業です.

2coat








































ベルベットのコートは,まだ手放せないようです.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 『お願いだ!』

お願いだ!

お願いだから・・・・・・・・

・・・・・そんな目で見ないでくれ・・・・・

3buhi

| | コメント (2)

トゥービィー

2009年3月10日 (火)  

めっけ!!!(見つけた!)

1


(十日町市下条地内にて)
今年になって初めてのふきのとうを見つけました.

枯葉を押し分けて,春が顔を出します・・・。

よっこらしょ・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『トゥービィー』

To be to be ten made to be.

中学生の頃の言葉遊びです.

3月8日 (日) 
午後から外の空気を吸いに外出する.

2

前日から 『津南雪まつり』ということなので,会場の一つに出かけてみる.

4























消防署(南分遣署?)の裏の広場で雪像を見る。

向こうの丘の上(「なじょもん(注1)」の方)から
賑やかな音楽とD.J.の声が聞こえてくる.

丘の上に行ってみる.

『かねさま蕎麦(注2)』の看板が出ていたので
おそばを1枚ご馳走になる.
お昼にチャーハンを約二人前食べたばかりですが,
蕎麦は『別腹』です。
もちろん「うんめこっつぉのし(美味いですよ)!」

5






















さて、賑やかなD.J.のもとはこちらのようです.

高いところが好きなのは、山羊と,煙と・・・・・

まあ、 色々沢山いるみたいです.

6























そりゃ!

7taiko






















ジャンプ(?)の間に、太鼓もやってます.
ドンドコ ドンドコ 賑やかです.

8rail























こんなこともやってました.

空中浮揚ではありません。

もちろん次の瞬間・・・・・・・

9osakinidouzo























『早くいけそ!(早く行きなさい)』
『おめさん、先に行ってくれそ(あなた先に行ってくださいよ)』
『だすけ、お前の番だてがんにそ(だから、あなたの順番ですよ)』
『おら、あとでいすけに(私は後でもいいから・・・・・・)』
『だめだてがんにそ(ダメですよ!)早く行かっしゃい!!(早く行きなさい)』
『・・・・・・・・・・・・・・・・』

10sore





























うりゃッ!

11soresore























うわぁーーーーーーー

12fail


ありゃ!


失敗です。

12douda

とりゃッ!

13tobe


と べ !

14tobe

飛 べ !

15tobe

天 まで 飛 べ !!


16yorumade






















思わず興奮して、1時間以上も見入ってしまいました.

ほんとに、 気持ちよさそう でした。

決勝戦(?)は 夜になるそうです.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

30























帰り道

空き地の片隅では

ポニョが、静かに夕陽を眺めておりましたとさ・・・・・・.おしまい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

注1 津南町農と縄文の体験実習館

注2 NPO法人「かねさま蕎麦会」(http://www.kanesamasoba.com/)

  自分たちで蕎麦の栽培から蕎麦打ちまでやる もの好き 蕎麦好きな人達の集団. 

   

| | コメント (0)

四◯山

2009年 3月 2日 (月)  

          24時間降雪 積雪   前年積雪
津南役場前 午前9時  5cm   47cm  210cm
結東    午前9時 25cm  133cm  312cm

1asiato  
新聞屋さんの足跡も、少しかかとを引きずってます.
毎朝ご苦労様です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『四◯山』
2009年2月22日 (日)  

1、目  的 汗かいて,すっきり
2、目的の山  四◯山
3、めんばー   YANAさん、私 (以上2名)

6:00 津南町発
1kiri












飯山市に入ると,濃い川霧が出迎えてくれました。
放射冷却で冷えた朝は,千曲川の川から濃い霧が発生します.
気温や,光の具合によっては「ダイヤモンドダスト」を見ることができます.

2kiri















この日も,素晴らしい景色を見せてくれました.

3kiri
















幻想的 とすら言える景色の中、 今日も静かに夜が明けていきます。

5hasi


















霧の濃さは,対岸の橋詰をご覧頂ければ分かると思います.

6hokusin












やはり私の日頃の行いがよろしいせいでしょうか、
今日も「お山は晴天」です。

7yonago


















さて、いよいよお山にはいります.

今日も無事故でありますように  

8kamosika























夏道沿いに行くと遠回りになるので、谷を横切ることにしたのですが,
崖になっていて,谷に降りられません.
結局,カモシカの足跡に降り口を教えてもらいました。

やはり、地元の人(?)に聞くのが一番です.

9rasseru























谷を渡れば,急斜面のラッセルです.

六根清浄 お山は晴天

 

 ラッセルだ ラッセルだ 

   楽しいなぁ〜 

やはり、トレースの無いところは、ウキウキします。

10asiato











































申し訳ございません、   おじゃまします。  

12ski























若者に追い抜かれます.

あわてない あわてない (←いわゆる、一つの、『負け惜しみ』ってやつです。

13toresu























スキーのトレースの方が スマートですね。

六根清浄 お山は晴天

  よっこらしょ    どっこいしょ

14kannjiki























これが 『豪雪地仕様』のかんじきです.(もっと大きいのもあります)

ちなみに、カンジキが大きくなればなるほど

一歩の歩幅が長くなります・・・・・・。

(その意味では,スノーシューの方が扱いやすいかもしれません)。

YANAさん  先頭お任せします・・・・・・(さっきと話しが違う???)

15neko



















あっちのお山もみえてます。

16mokuteki























こっちのお山も・・・・・見えてます。

こちらのコースの方が、静かなようです.

17asama















風のせいでしょうか、浅間山の煙はあまり確認で来ませんでした.

18rasseru
























よっこらしょ

   どっこいしょ

 あわてない    あわてない

19atosukosi
























ゼーゼー   ハァーハァー

よっこらしょ

      あとちょっと

21atosukosi
























六根清浄  お山は晴天

 今日もお山は   良い天気

22teppenn























ようやくたどり着きました。

登りになんと4時間もかかりました。 

だいぶ霞がかかって,北アルプスや遠くの景色はよく見えませんが

360度の展望です.

24gennki























頂上で出会った元気な人たち

ほんとに,フルパワーで元気で

全身で楽しんでいる。
 そんな感じの 元気印200%の人たちでした。

25aruku























頂上で YANAさんと別れ
YANAさんはもと来たルート(向こうの尾根)を引き返し、
私は,高原ホテルの方へ下る。
短いスキーで滑るつもりでしたが、雪質のムラが多く,
あちこち岩が露出しているので、とても私の腕では無理!!!
結局歩いて下りました。
こちらのルートは、沢山のトレースがあります。

26dakekannba






















六根清浄  お山は晴天

ダケカンバの樹林帯まで降りて来ました。
この木の皮,『いざというとき』の焚き火の焚き付けになります.

27bokujyou























時間が遅いせいでしょう
トレースは沢山あるけれど、下り始めてから誰にも会いません。

静かなお山です。

牧場まで降りて来ました.

29yuugure























あとは、YANA さんが迎えにきてくれるのを待つだけ

夕暮れとともに、急に寒くなって来ました.・・・・・・

18:00 津南町帰着

12時間の外出終了!

YANAさん 運転有難うございました. 

今日も無事故で有難うございました   

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »