« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

忘年会

2008年12月23日     

久しぶりの賑やかな山行です。

1、目  的  忘年会
2、目的の山  八○山
3、メンバー  TOSHIKO隊長夫妻、K隊員、M隊員、私(以上5名)

1asa















この日の津南町(大割野)は、うっすらと白くなった程度の雪でした.

2siba
















8:00 十日町集合。 十日町の積雪はやや少なめ。

3yoninn






































とりあえず,十日町集合の4人が揃う。 出発します.

4kareki
















旧、川西町通過。 枯れ木に花 満開です.

5kurohime
















この山も,黒姫山です.黒姫山はいくつかあります.

今日の運転手は、K隊員。

6gouryuu  











9:00 柏崎でM隊員と合流し、登山口駐車場着。

7syuppatu
















いよいよ出発です.

六根清浄 お山は晴天

今日も一日無事故でありますように  

8noboru
















よっこらしょ

どっこいしょ

9komeyama
















あっちのお山も見えてきました。

あわてない  あわてない

10noboru
















満開の,花盛りです。

11seitenn
















六根清浄     お山は晴天

今日もお山は   良い天気

12ice  
















日陰は,まだ寒いです.

13kinohada















何の木か分かりませんが、

とっても綺麗な「木肌」です。

14yukitubaki

















 花はァー  越後のォー 雪ィー椿ィー  

15kinoko















道草食いつつ、よっこらしょ

上の方に,見事なキノコがなっているのですが、

届きません。

「もう少し若かったら,木登りしてでも採るんだけど・・・」

と、K隊員。

残念ながら、"もう若くない人たち”の集まりでした.

16kannnonn
















ここまで無事故で,有難うございました。

この先もよろしくお願いします  

17nihonnkai









 

あれに見えるは日本海。

よっこらしょ

どっこいしょ

18hare
















 

六根清浄  お山は晴天

あわてない     あわてない

19usutabi
















色彩が乏しいので,今回も登場 ウスタビガの繭

20yojire









































今回も  大蛇 の登場です.

21yuki

















越後の雪は、こんな細い枝に、こんなに沢山積もります.

21yuki2










ズッシリ


















道草食いつつ

どっこいしょ

22yoneyama










よっこらしょ

あとちょっと

23makihata













展望台から見る巻機山方面

お山は晴天

24box
















ン? ンンンンンンン?
子供に見られて困るようなものは入ってませんでした.

25hare
















六根清浄  お山は晴天


26hikari
















私 「写真撮りながら行きますので、少し遅れまァ〜す」
隊長 「どうぞぉ〜」

(これは、あくまでもこの状況下での判断でありまして、基本は『メンバーは,常にリーダーの見える範囲,声の聞こえる範囲にいる』であります.極めて重要な基本ですが,これが守られないために発生した(道迷いや、事故者置き忘れ?等の)遭難事故や,被害が拡大した例が多々認められます.悪条件下ではもちろんのこと,お天気の良い低山でも、登山者の多い一般的な登山道でも、(たぶん)一本道でも、原則は同じです.パーティーは離ればなれになってはいけないのです.

 私も滅多にこの様な行動はしません.どうしてもというときは、原則全員に立ち止まって待っててもらいます.『リーダーは常に全員の状況と周囲の状況、および気象その他のすべての状況を把握していなければなりません.』 言い訳が長くなりました・・・。ちなみに,リーダーは T隊長で,本隊と行動を共にしています。)

あわてない   あわてない

27hikari















道草食いつつ  

よっこらしょ

28oyamaha
















みんな揃って  どっこいしょ

29hinata















日向の木の幹では、すこしづつ氷がとけ始めました.

30ohisama















笹薮でもお日様が・・・

31happa
















これから,白一色の世界

腕の悪い私は、何とか「色」のあるものを探さねば

真っ白な写真しか撮れなくなってしまいます.

32yuki
















33shiro















白い雪を背景に、

白い雪を撮ってみました.
白く写っているでしょうか?

34nabe1

























さて、いよいよ忘年会の始まりです.

今年は 鍋  デス.

36nabe2













ふっふっふっふっふ・・・・  おっと

写真を撮っている場合ではありません。

35yebisu

















今回は、YEBISUの黒です。

いただきます  


37nabe3
















のんびり写真なんぞを撮っている間に・・・

ご馳走さまでした   

38seiretu
















豪華忘年会が終了する頃には

お天気も崩れ始めました.

青(灰)黄,赤 揃いました・・・

39kudarizaka
















あとは下って,温泉へ

六根清浄  お山は晴天

・・・・・・・・・・・・・

帰りに M隊員の家に寄る

41sakura
















桜が咲いてました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

42onnsewnn
















この日の ザブン は 広田鉱泉 500円也

皆さんお疲れ様。

運転してくれた K隊員有難うございました.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この BLOG をご覧いただいた皆様へ

ご来訪,有難うございました

よいお年をお迎えください.    越後屋 拝

| | コメント (0)

降ったのし・・

2008年12月28日 (日)  

朝,暗いうちから何度も雷が鳴ってました.
雪起こしってやつでしょうか・・・
今朝の津南町(大割野)の積雪50〜60cmくらいです。

水分の多い雪なので,体積の割にはかなり重い雪です.

1futta













「降ったのし・・」((感情を込めて)「雪が沢山降りましたね」)
「まだ降るげだぜ」(「まだ降るらしいですよ」)
「正月くらい楽させてもらえると、有難てんだがの・・・・」
(「正月くらいゆっくり休ませてもらえるといいんですけどね・・」)

雪の降った朝は,皆,除雪のために外に出ますので、
いつも以上に、あちこちで朝の挨拶が交わされます.
もちろん、話題は専ら雪の話.

『降ったのし・・・・・』枕詞見たいなものです.

4日も5日も降り続いて、大雪の様相を呈してくる頃には
朝の挨拶(お決まりの挨拶言葉)も底をつき、
時には、朝、顔を合わせても
「へへへへへ」
「ははははは」
これで終わりなんて事もあります.

もう、言葉も出なくなるんです・・・・

笑うしかないんです(ほんとに・・)。

愚痴,泣き言を言っても仕方がありません.

ただ黙々と、雪と格闘するだけ
(と言っても、お釈迦様の手のひらの上を飛び回る

孫悟空ほどにもなりませんが・・・)。

ただ、黙々と・・・・。

2pipe




















消雪パイプも稼働し始めました.
その場で溶かして流し去ってしまうので,とても助かりますが、
皆が一斉に長時間使用し続けると、地下水位が下がってしまい
水が出なくなってしまう事があります.

一番雪が沢山降る時期に,水が枯れてしまうのです・・・・・。

3s















ご近所の名犬SとOさんは,今日も朝のお散歩です.

4turara





































外では子供が、雪の中で転がって遊んでました.
やがて雪団子で軒下のつららを落とそうと
雪投げをしていました.
今も昔も、雪国の子供の遊びはあまり変わらないようです.

| | コメント (0)

木守柿

2008年12日20日 (土)  

P1010003















初雪はとっくに解け、暖かめの日が続いています.
昨日の朝,氷山の上部がうっすらと雪化粧をしていました.

P1010006
















「木守柿留守居の老の一人なる(松山鵜川)」

何となく寂しい情景ですが,
我が家の柿の木も,残り実はあと一個だけとなりました.

来週の火曜日から,天気予報は雪です.



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数日前のこと、
TOSHIKO隊長から電話、忘年会の打ち合わせかと思ったのですが。

隊長 「・・・・今日はもう十日町に出てきませんか?」
私  「今帰ってきたばかりです.明日またそっちに出かけますが。」
隊長 「きのこが沢山採れたんだけど・・・・」
(私の辞書から『遠慮』の二文字が消えて久しい・・・・・)
私  「明日午後から出かけますので、一番に立ち寄ります。」
隊長 「じゃあ玄関の郵便受けの上に上げておきます.」

 

7kinoko





















ふっふっふっふっふ・・・・・
ふっふっふっふっふ・・・・・

この日は、きのこ汁です。  ご馳走様でした.


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      

(以下、知人からのメールより転記)『日本山岳会では12/19〜1/18の間、気象予報士の猪熊隆之氏(中大山岳部OB)によって、北ア北部(剣・立山)、北ア南部(槍・穂高)、八ヶ岳の3つの山域を対象に天気予報を発信します。

専用のホームページを作りましたのでぜひ登録(無料)してください。

この期間、パソコン画面と、メールでも天気予報を毎日受信できます。』(以上転記終わり)。

会員でなくても利用できます(私も会員ではありません。).
詳しくは日本山岳会のH.P.をご覧ください.
19日に一回目が配信されました.

| | コメント (0)

食べられません!!

2008年12月7日 (日)  とっても

1koke















朝,庭先の苔の上にうっすらと雪が積もっていました.



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1、目  的  適度の運動(新陳代謝を促進し、風邪を治したい)
2、目的の山  ◯尾山
3、形  態  SOLO


2togakusi










真っ白な 戸隠連峰が見えてきました.

3jinnjya




















   今日も、無事故でありますように  

5simo
















シャラ シャラ と霜を踏みしめ、 出発です.

六根清浄   お山は晴天

6sora
















よっこらしょ     

どっこいしょ

も一つおまけに

うんこらしょ

7unnko
















   雲古 です !!

よく観察すれば,何を食べているか分かる?

植物の種が多いので,何かの実を食べたのだと思いますが・・・・

動物の毛は混入していないので、動物は食べてない?

マーキングでしょうか ?

それとも,たぬきの「ためフン」ってやつでしょうか?(たぶん)

私には・・・・・わかりません。

8yokkorasyo


















よっこらしょ

9dokkoisyo
















どっこいしょ

あわてない    あわてない

10kuri
















時期によっては、 くり拾いもできます.

11hiatarti
















冬の陽溜り・・・(と言っても,気温は0度前後)

12togakusi







ようやく視界が開けてきました.

北信五岳    飯綱山・戸隠

13kurohime











黒姫山

14myoukou













頭を隠した  妙高山

16asimoto






























そして、  足元の ◯尾山。

今日も静かな お山です。

17iwasuge












真っ白に雪化粧した 岩菅山も遠望できます.

18atosukosi
















  よっこらしょ   あとちょっと


   六根清浄   お山は晴天

19usagi



























20top




























てっぺん到着です.誰もいません.

 
・・・・・・・・・・


1koori






霧氷が,キラキラ光ってます。


2koori





うまく表現できないのが、とっても残念です.


3iwasuge





木々の間から  岩菅山



4hikari













キラキラ   キラキラ

5kudarimasu_2



 




そろそろ 下ります

六根清浄    お山は晴天



6eda






枝からはがれた 氷

8me






あとは・・・・・   春を待つばかり


9tyou





気温は0度くらいだというのに

この蝶(蛾?)何匹か見かけました.(15mmくらい)


10kareha






枯葉は、 フコフコ くるぶしの上まであります.



11sora






   お山は晴天

12sasa






道草食いつつ   よっこらしょ

あわてない    あわてない





13taberare   






 

  食べられません!!

 

 たぶん、針金でくくりつけておいたのでしょう.

こうなっては救いようがありません。

申し訳ない!


14usutabiga






ウスタビガ の繭.

目立つ色をしているということは、毒があるか,食べてもおいしくないということでしょう.

(蚕のサナギは,クロダイ釣りや鯉の餌にするだけではなく,昔は人間も食べたそうです(母の話では、あまり美味しくないそうです,好みがあるようです。))


15simo




登山口帰着、 まだ霜が解けてません。気温は低いままのようです.


21myoukou






いつのまにか,妙高が姿を現してくれました.



22raisyunn





来春、登ってみたい「あの山」です.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20soba















久しぶりの ◯井せんたあ のおそばです

いただきます 

ンン?
味がしません!
あの、木の実のような風味や、甘味がありません!!
風邪ですっかり味覚が麻痺してしまったようです。
残念!!

 

25attinooyama






あっちのお山 を眺めながら
帰ります.


4、成  果   ある程度、症状は改善されました.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おことわり
1、私の使用しているO.S.は LINUX(現在はfedora7)です。
  したがって、WINDOWS とはフォントが異なります.
  (作成に使用したフォントとWINDOWS上で閲覧された場合に使用されるフォントとは異なっているようです.)

2、BLOG作成及び記事確認に使用しているブラウザーは firefox  です。
  よくわかりませんが、I.E.等で閲覧された場合,レイアウト等がずれてしまう
  可能性があるかもしれません.
 (最近はありませんが,以前 firefox で閲覧すると他のH.P.のレイアウトが崩れてしまう場合がありました.I.E.でしか使えないタグが使用されていたのかもしれません.その逆はないとは思うのですが・・・)
素人なので、詳しいことは分かりません。

 以上,2点に起因して表示が変になる場合があるかもしれませんが、
 ご理解願います.もし、お気づきの点がございましたら,
 コメント・メール等でご教示願います.    越後屋拝



| | コメント (0)

雨の日は

(前記事「※山さん」の続き)

雨の日は
 雨の日のように
雪の日は
 雪の日のように 楽しみます

西高東低、冬型気圧配置の中

やってきました ※山さん
もうすぐ頂上です.

六根清浄 お山は晴天

22hotoke_2
















11:05 頂上到着 吹雪です.

23yakusi
















ここまで無事で,ありがとうございます
帰りもよろしくお願いします    

24negi2
















今日のお昼は、ネギ・チャーシューメン

チャーシュー 139gを 「ドサッ」と載せ

一本分の白髪ネギを   「バサッ」と載せて出来上がり.

温かいうちに

パッチン)「いただきまぁーす!」

・・・・・・・・・

もちろん

「うんめこっつぉのし!(美味いに決まってますよ!)」


26mado


  




















外は  びゅーびゅー  吹雪です.


25tokei


































広い小屋の中に

時計の音が響き渡ります

カチコチ   カチコチ

カチコチ   カチコチ

静けさを刻むかのように

カチコチ   カチコチ


27kabe
















11:50  体が温まっているうちに,帰ります.

28yukimiti
















六根清浄  お山は晴天

29yukimiti


























30yuki











びゅーびゅー  雪は谷から吹き上がってきます

31yuki2













びゅーびゅー    ひゅーひゅー


32saigo





最後の登りです.

よっこらしょ

どっこいしょ

あわてない  あわてない

32ki







32mizu






降ってくると 下はみぞれ



33buna2






日本海から吹きつける風は

ゴーゴーとブナの林を鳴らしながら

尾根を越えていきます.













このルート、 ブナ林の区間が長く、人通りも

比較的少ないので、お気に入りのコースです.



33buna






ゴーゴー  ゴーゴー



34hotoke






もうすぐ駐車場

今日も一日有難うございました  

よっこらしょ     あとちょっと

13:05 駐車場帰着

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰り道は 雪 でした

35kaherimiti





(十日町市 松代 地内にて)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回使用したカメラ

40u20

SONYサイバーショット

U20

200万画素










コンパクトなので、胸ポケットやポーチの片隅に入ります.

また,レンズカバーを開けると電源がはいりますので、

ちょこちょこ取り出して、パシャパシャとるにはとても便利です.

(プロフィール写真参照、今回も使用)を使用しているときは

カメラを構えても笠の下に収まりますので、雨の中でもゆっくり構えられます.

・・・・・・

ン? ンンンン?

  う   運命線が…短い!!

 頭脳線は・・・想像にお任せします。

| | コメント (0)

※山さん

2008年11月30日 (日)  雨〜吹雪〜雨〜雪〜雨

1、目  的  適度の運動
2、目的の山  ※山さん
3、形  態  単独

1tozannguti   

6:40 津南町発

8:25 登山口

しばらく雨足の弱まるのを待つ。









2jinnjya





























9:10  登行開始

今日も無事故でありますように 

六根清浄    お山は晴天



3uneune























大蛇?   生命力!


4kareha
















厚く積もった枯葉は    フコフコ    フコフコ

よっこらしょ

どっこいしょ

5ana





























向こうが見えます・・・・・・

いろんなことがあるよね

たいへんだったね・・

6nameko























道草食いつつ   よっこらしょ    どっこいしょ

あわてない  あわてない・・・・・・


7tubaki
















少し 咲き急ぎすぎたようです


8buna
















この辺から,ブナ林になります.


10hotoke
















ここまで無事故で,ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします  

11koya

















12buna
















雪は,真横に飛んで行きます.

よっこらしょ

どっこいしょ

13hotoke



















14yukimiti
















サクサク   サクサク

サクサク   サクサク

15iwakagami
















イワカガミの群生?

あわてない   あわてない

よっこらしょ

16muhyou

















六根清浄  お山は晴天


17tubaki

















びゅーびゅー     ひゅーひゅー

18happa

















びゅーびゅー    ひゅーひゅー

風の音以外は、今日も静かなお山です


19yokokaze

























びゅーびゅー   ひゅーひゅー

雪が少ないので助かります.

この季節の山、 「キュンと身の引き締まる感じ」が

好きです.

よっこらしょ   どっこいしょ

20kqkizaki




























柿崎の山の会の皆さん。
頂上のトイレの雪囲いに登ってきたのだそうです.
この日出会ったのは、この5人だけ。

ごくろうさまです。

21koya
















頂上の小屋が見えてきました.

よっこらしょ    あとちょっと

(つづく)

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »