« 山芋掘り | トップページ | 冬囲い »

カマキリと雪

2008年11月 5日 (水)  

1kooriyama

氷山もすっかり紅葉し

柿も実って来た

今日この頃の津南町です。













4kagann

沖ノ原台地の

段丘崖(?)も

すっかり紅葉しました.







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0kamikiri















畑の隅の,かれかけた桑の木のところで見つけた

キボシカミキリ 



2kamakiri1

カマキリの卵
(正しくは「卵鞘(ランショウ)」と言うのだそうですが)
の位置でその年の積雪量が予測できるという話があります.

が・・・・







3kamakiri2  
































同じ畑の山芋の支柱でも、こんなに違いがありました.

このサンプルを見る範囲では、あまり統一性(方向性?)が認められないような・・・・・・
(ちなみに これは オオカマキリ の 卵鞘のようです)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


5yasuragi













どうぞ,ごゆっくり (長野で見かけた風景、本文とは関係ありません)

|

« 山芋掘り | トップページ | 冬囲い »

雪国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山芋掘り | トップページ | 冬囲い »