« 秋の夕日に | トップページ | 濃いもうすいも・・織る錦  »

照る山紅葉

(前記事「秋の夕日に」の続き)

41kouzann














笹原の向こうに鉱山跡が見えます。

43yari














小槍も見えます

44myoukou














妙高も,焼山も


45top
反対側から登って来る登山者で頂上もだいぶ賑やかになって来ました.


写真を撮って

そろそろ頂上を後にします。




46

 紅葉が敷き詰められています









46kamosika2

まだ新しい足跡です。

(細部が乾燥していない)

つい先ほど通ったばかりのようです.









47rinndou

すっかり定番ですが

たくさん咲いていました。

















48sougen

 途中,近道をしようと適当に草地を歩いて降ったのですが,
 どうも、思いどうりに進めなくなってしまい、結局久しぶりの「ヤブ漕ぎ」をして元の道に戻りました.

広い草原に出て
徳さん,ご機嫌です。







49niwa

まるで「庭園」のような感じです.

隣の「何とか山」も見えます.












50niwa














紅葉しているのは ツツジ でしょうか ?

51sougenn















広くて,晴れていて,とても明るい草原です。
写真を撮りながら  ゆっくりと下ります。

六根清浄  お山は晴天

52bell

熊鈴

沢山つけて歩きました.

「バッタリ」は、お互いにとって好ましくないことですから・・・・








53hana

道草食って

よっこらしょ












54_2

















56m
















57m

















あわてない  あわてない

58m_2
















59m

















60m
















61m

















樹林帯に入ると、透過光で見る紅葉が綺麗です。


62m



















63m






ここらでちょっと 

      一休み

(続く)

|

« 秋の夕日に | トップページ | 濃いもうすいも・・織る錦  »

お山(08)」カテゴリの記事

コメント

 秋山のティータイム、陶器ですか、ケーキも
美しい形のまま! 秋山の山頂で、贅沢な時が
流れていくんですね。 
 私は誰でしょう?はすぐわかりました、水色ズボンは
越後屋さんでしょう。
 このピークはどこでしょう?は、考えた結果、ずばり「破風岳」では、
長野と群馬の県境にあって、信州の山が一望でき
標高1999メートルの山、小串鉱山跡が見える。
 違うかもしれませんが。秋山に行けない私は、
提供された写真を1枚、1枚、眺めて、写真きれいです。
何だかクイズに答えてみたくなりました。
 

 

投稿: philos. | 2008年10月17日 (金) 23時18分

〉philos さま

ふっふっふっふっふ
残念ながら,お答えできません。
具体的な山の名称を記載すると、検索でヒットしてしまい,
このブログを訪れた方が、これらの写真を見て(下手な写真ですが)
この山(場所)に行きたくなってしまったりしたら、
「静かな」という言葉が使えなくなってしまうかもしれません
(これを,一般的には「杞憂」といいますが)
だから,時々山の名前や地名をはぐらかします.
すみません.
 写真の続きもお楽しみください.

あちゃ また (では、またおあいしましょう)


投稿: 越後屋 | 2008年10月18日 (土) 19時41分

なるほど、了解です。
どこかの山が秋色に染まっていく、秋の風情を
写真を眺めながら、楽しませてもらってます。

投稿: philos. | 2008年10月19日 (日) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の夕日に | トップページ | 濃いもうすいも・・織る錦  »