« 木曽駒ケ岳 | トップページ | 蛇腹沢登山道 »

玉乃窪山荘

(注 写真を一時的に拡大して見る場合、

 1、写真上で右クリック

 2、「リンクを新しいウインドウで開く」をクリック

 3、写真を見終わったら写真のウインドウを閉じる

NIFTYのココログのメンテナンスが行われたあと、設定が直せなくなってしまいました。しばらく上記の方法でご覧ください)

2008年9月13日 (土) (記事「木曽駒ケ岳」のつづき)
31utugi  
 雲の切れ間に 空木岳が
  ようやく見えました


32koya  13:10木曽駒の頂上をあとにし
  玉乃窪山荘 へ向かいます
   まず 頂上木曽小屋 が見えます
    奥、左が 木曽前岳 右が麦草岳

33koya  青い屋根の玉乃窪山荘が見えてきました

   六根清浄 お山は晴天
    あわてない あわてない

34urasimatutuji























 道草食いながら  よっこらしょ

35touyaku  駒ヶ岳を越えたとたんに
  だぁーーーれも いなくなりました
   静かです


36koya  あとちょっと

  よっこらしょ  どっこいしょ


38kannbann   
 13:30  到着です



37koya
 さすがにこの時間では
  ガラ空きです


38beer  今日の行動は、 ここまで
  今からでも帰ろうと思えば、今日中に帰れるのですが、
  「あわてない あわてない」
 明るいうちから ビール です。

「自分で飲む酒くらいは、自分で担ぎ上げろ」といっていた
青年はどこへやら、金600円也 で 購入。

39hana
 一息ついたら
   小屋周辺の散策



40hana  





42happa






43iwa






44tinnguruma1







45tinnguruma2  
 同じチングルマの綿毛でも
  ずいぶん色が違って見えます



46kisomae
 木曽前岳に登ってみました
  六根清浄 お山は晴天
   よっこらしょ どっこいしょ

47gannpou
 ガスの切れ間に 岩こぶ(?)が見えます




48kisokoma
 玉乃窪山荘も見えてきました
  向こうのお山は 木曽駒ヶ岳 です



49hanami






50hana







51hana

 花の季節には遅いけれど、
   探してみるとあるものです


52kumo
 一度小屋に戻って、木曽駒側に少し登ってみました

 ガスが切れました。 いろんな雲がみえます。

53sannnosawa
 三ノ沢岳
  惚れ惚れとして 眺める



54houkenn
 宝剣のほうも見えてきました




54moon
 中岳の辺りに 月が出てきました。




55yuuyake
 上にも下にも横にも 雲 




56maetake
 夕焼けを見に
  再び 木曽前岳 に登って来ました
   よっこらしょ どっこいしょ

57yuuyake






















小屋に戻った頃  ようやく夕焼けが見えました。

58moon  夜になると、「花火が見える」と言うので外に出てみました.
  北の方の雲(ガス?)が時々明るくなるのが
   見えました.松本の方でしょうか
    どこかで秋祭りの花火をやっているようでした.
      (左の写真は 中岳の上の月)

(またもや、 つづく・・・・)

|

« 木曽駒ケ岳 | トップページ | 蛇腹沢登山道 »

お山(08)」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、コップ酒を一人で味わいながら
中央アルプスの山々のパネルシアターを
視させて貰いました。

グリーンの苔が生えているのは
花崗岩なんでしょうか?山の石って岩石ですよね、
たぶん。その石に生えた淡いグリーンの苔?
、写真のそれのように、広がるまで歳月がかかるんでしょうね
高山の空気の中で、自然の営みにもまれながら、
ひたすら広がろうとしたんでしょうか、苔君は、
色、形、岩石がマッチしていていいですね。

後立山に、八峰のキレットというところはありましたか?
稜線の鞍部を確かキレットと言ったような気がしますが、
そこで、チングルマを見たことがあります。下から吹き上げる
ガスにあおられながらも、凛凛しく咲いていた花。
クラブで行った山行、30年も前ですが、あの時見た
チングルマは薄っすらとピンク色でした。写真の
どちらの色とも違いますが、印象深く残っています。

重松清の短編集「みぞれ」(文庫)の最終の1篇「みぞれ」
を読み終えて、秋の夜更けに、親子とは、と、考えたり、
パネルシアター見ているうちに
2合ほど酒が進んでしまいそうです。

 

投稿: philos. | 2008年9月23日 (火) 23時59分

philos  さま
コメントありがとうございます。
 当ブログを肴にコップ酒、楽しんでいただけましたでしょうか?
コップ酒は2合で止めといてよかったですね.・・
 八峰キレット、はい,有ります.
私も高校一年の夏、通りましたが,ガスガス・雨雨で何も見えませんでした.
 一つピークを越す度に、「次が鹿島槍の頂上だ」と8回(?)騙されました. それ以来、先輩の言うことは信用せず,自分で地図を見て現在位置を確認する習慣がつきました.「現在位置は常に自分で確認する」基本中の基本を学ばせていただきました..
 これからは紅葉の季節,事故無く山をお楽しみください. 越後屋 拝

 

投稿: 越後屋 | 2008年9月25日 (木) 07時30分

ブログを提供されていることに深く感謝申し上げます。2008年、8年前!私はコメントを書いていたんですね〜!チングルマは、白い花弁の小さな花って感じの高山植物で、花弁が落ちると、姿を変えますね〜。キレットは高校生で登ったんですか〜! 私は、あの時緊張と疲労で、砂を噛むようにレーション食べました〜。絵を完成させるには、時に『サカダチ』も必要ですね〜。

投稿: Philos. | 2016年6月18日 (土) 20時50分

Philosさま
 今夜も2合?
多分キレットはM・M先輩と白馬から入った時だと思います。
不帰の剣を通って種池辺りまで行ったのでしょうか?
昨年M・M先輩にお会いしましたが、体調を崩され、すでに施設に入っておられました。
 絵のことはよくわかりませんが、『サカダチ』というのは視点・発想の転換と言うことでしょうか???
全体のバランスはよくなるかもしれませんが、あんまりいじくると、丸くなっちゃうかもしれませんね(????)
私は雑な人間だから『えい!やっつ!!』ブログの写真UPしてます。絵と違って楽です( ^ω^ )
   越後屋拝

 

投稿: 越後屋 | 2016年6月18日 (土) 21時49分

リダーは、3年MM先輩です。私は歩くのも遅く、手間の掛かる下級生で、大変お世話になり、ご迷惑もおかけしました。登らせて頂き、今も、心から感謝申し上げております。MM先輩が快復されるよう、お祈り致します。
白馬大雪渓から稜線に出て杓子岳唐松岳五竜岳へと、そこから鹿島槍ヶ岳に行く途中に八峰のキレットがあって、鹿島槍ヶ岳から爺ヶ岳へ、その先は、爺ヶ岳から何かの尾根を下山したと思うのです〜。5万図がしまい込んで見つからず縦走路は不確かですが、雷鳥に出会い、チングルマに勇気づけられ、後立山を縦走したと思います。
『サカダチ』=好きな物を絶って願掛けです。7月末までに絵を完成させる為、果実酒も含めリキュール類を『酒断』することにしました。

投稿: philos. | 2016年6月19日 (日) 21時32分

philosさま
『酒断ち』了解 ┐(´-`)┌
まさかいつまで経っても『明日から』じゃないでしょうね ははは
MM先輩と過ごした一年はほんとに充実した
いろんな体験をさせていただいた一年でした。

投稿: 越後屋 | 2016年6月20日 (月) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木曽駒ケ岳 | トップページ | 蛇腹沢登山道 »