« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

小さい秋(霊仙寺山)

2008年9月28日 (日) 

1、目  的 新雪の妙高山遠望
2、目的の山 霊仙寺山
3、形態   SOLO

1togari  予定ではご近所のIさんと出かける予定でしたが、
 肋骨骨折で2週間延期してほしいとのこと
 とりあえず一人で出発。
 5:50 津南町発
 野沢付近から戸狩方面(関田山脈)を望む

2iiduna
 牟礼村(?)付近から目的の山
 霊仙寺山(左が飯綱山、
 右の雲に隠れそうなのが霊仙寺山)




33myoukou
 残念ながら、 妙高山の初冠雪は

       確認できませんでした。




3okunoinn  7:35 登山口駐車場着 7:43発

   奥の院あと

 (本日も無事故でありますように 

   六根清浄 お山は晴天



4sinnryoku

 季節を間違えそうなほど

  明るい緑です。

  紅葉はまだ・・・・・。





5hana
  よっこらしょ
         どっこいしょ

 






6azami
 飯綱リゾートスキー場の方からの
  登山道と合流するはずなのですが,
   上りでは気づかずに通り過ぎてしまいました.

 何かイベントをやっているらしく
  時々下の方から何やら聞こえてきます.



7koke_2

 誰にも会わない

 静かな道です

  あわてない   あわてない





8hana

  道草食いつつ

  よっこらしょ  どっこいしょ







10iizuna
 ガスの切れ間に 飯綱山が見えました

 六根清浄 お山は晴天

   よっこらしょ

      あとちょっと




11tyoujyou
 10:00 本日の目的地到着
  奥に見えるのが 飯綱山

 ここまで誰にも会わない。
 静かな山です.

 残念ながら 景色は…見えません、雲の中。


12rinndou
 リンドウとマツムシ草が

 沢山咲いていました.






13rinndou   






 

              (昔話)
14matumushi  大分前の話ですが,
 Iさん夫婦と山に出かけたときマツムシ草が咲いていて、奥さん大感激したのですが、
 下山してしばらくしてIさん宅を訪れたら,奥さん
「どこかで見たことあると思ったら、店にもあった」
・・・・・・・奥さん,実は花屋さんでパートやっていて、花屋さんの店先でもマツムシ草を売っていたそうです.・・・・それはそれとして、上品な紫色です。

15kouyou  10:30 一旦頂上を後にし

  飯綱山へ向かう

  





16sugihira
 飯綱山への道はあまりよくない.

 まったく手入れしていないようです。

 スギヒラタケ だと思うのですが、
 最近は食べません。



17kinokoaka  「白雪姫」の絵本に,こんなキノコがあったような

   六根清浄 お山は晴天

    よっこらしょ
            どっこいしょ




18iizuna  11:00 飯綱山 頂上

 ここまで来ると、さすがに人がいます。
  十数人,賑やかです.

  三度目の飯綱山ですが、 3回とも

   「雲の中ぁー」 景色は見えません。

 11:30 頂上発


19koboku
 鞍部の古木

 どれくらいの時間、ここにいるのだろうか






20sasayabu
 まったく刈り払いが行われていません、

 ところによっては胸までの笹薮です。

 (それはそれで楽しいのですが・・・)

 朝露で、下半身ビショビショ・・・・




21hana
 12:00 霊仙寺山(分岐)

  よっこらしょ

         どっこいしょ

 下りで2パーティー6人くらいに会う。


22kuri
 「小さい秋」

  登り出してしばらくの樹林帯の中にあった

    山 栗 

 13:05 登山口 駐車場着


23rinngo
  帰りは豊田村の「道の駅」にて
   りんごとぶどうを仕入れ

  飯山で買い物をして帰りました.

 15:15 津南町帰着


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雪の便り

27日に妙高山が白くなったと聞いていたのですが,

苗場山初めあちこちの山が白くなったようです。

冬はすぐそこ・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

業務連絡

2008年9月27日 (土) 

1hana  
 畑作業に出るも、

 雨で、すぐさま撤退。






2kyabetu
 おいしいキャベツの証明 ??

  2mmほどの「お客様」(ただ食い) 

  とりあえず

   強制退去!!!



3imo
 Tさんは

  今日は芋堀でした.

 あまり大きくなりすぎないうちに収穫だそうです。




4karita  我が家の畑の
 近所の田んぼも,だいぶ稲刈りが進んできました.

 「業務連絡,業務連絡
   ○たぬきさん.○たぬきさん
  来年の畑用の稲藁
   よろしくお願いします!!!!」

   頼りにしてます!!!

5haze
  ハゼ掛け,天日乾燥
 極上米の仕上げです.
  自家用か,親戚用でしょう。

  昔は10段くらいあったような気がします.
 上で稲を受け取る(掛ける)役をやらせてもらえると
 少しは大人になったような気がしました.

| | コメント (0)

今年は小雪?

2008年9月23日 (火) 

え?
もう雪の話?

津南町の昨年の初雪は11月19日
平成14年の初雪は 11月2日

はい、津南町はもう雪の心配をする季節になりました.
1budou
 今日は畑作業
(左の写真は畑の近くのTさんちのぶどうです.近所の小鳥達にとても喜ばれています)

2hana

 Tさんちの庭の花







3hana
 あぜ道に咲く花




         雪が沢山降る年は、カマキリの卵が高く産みつけられ、
         小雪の年は、低い所に産みつけるそうです。
4kamakiri
 モロッコマメのシバ(支柱?)を解体していたら
 カマキリの卵が出てきました
 地上高 90cm位の所です。

 今年は「小雪」かも・・・・????

 毎年覚悟はしてますが

         やはりちょっぴり期待してしまいます。

  とりあえず、畑の隅の桑の木の下に立てておきました.

5hana_2







6mukago
 山芋のつるが枯れ始めました

  まずは、ムカゴだけ頂戴してきました.

(今夜のおかず)

 ピーマンが沢山採れたので、今日はチンジャオロースーにチャレンジ(豚肉ですけど・・)の予定。

| | コメント (0)

祭だ!わっしょい??

2008年9月21日 (日)   

1rain























朝から雨。 畑仕事がたまっているが、お休みとする.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008年 9月22日 (月)  

パァーーン   パァーーン

 早朝から花火の音がします。
朝から花火の音がするのは、運動会か、お祭りの朝です。
そういえば 今日は 卯ノ木集落の秋祭り。
あちこちで毎週のように行われていた秋祭りも、
今日明日辺りが最後のようです.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P9220012
 午後、集落を通りかかると
  あちこちにこんな飾りが


2

こんなのもあります













P9220017
 拡大するとこんな感じ



P9220018
  基本的な構造は同じで
   一番上の色が違うようです


P9220019
 国道沿いに6本くらいありました。

  他の集落でも、古い集落では同様のものを

         作っていましたが,最近は省略している所もあるようです.

P9220025
 夜、6:30 卯ノ木の神社

 「わっしょい」は終わってしまったのか、誰もいません
 夜店の灯りだけが寂しく点いてました。

P9220021  昼間の笠は神社に集合してました。
 明かりを灯すものかと思っていたのですが
 私の勘違いだったようです.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 先ほどまで,遠くに花火の音が聞こえてました.
秋成(秋山郷の入り口の方)のあたりです。
今朝の花火は、こちらのものだったようです。
秋祭りが一通り終わって、
 これから本格的な稲刈り・本格的な秋に・・・・。

| | コメント (0)

稲刈り

2008年9月15日 (月)

1tamago  キャベツの苗の植え付け

 白い小さなのが「ちょうちょ」の卵
 1枚の葉に 1〜2個ずつ丁寧に産みつけていきます.

2imomushi  「ちょうちょ」 は、嫌いではないのですが、

 今回は「強制退去」願いました.



3une  この上に、ネットをかけて、1畝完成です。

  草ぼうぼうですが、 何とか育ってくれるでしょう。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008年9月16日 (火)   

十日町(下条)地内では、だいぶ稲刈りがすすんでいました。
11inekari_2
12yuuyake


 津南の稲刈りは
   まだ,これから.



・・・・・・・・・・・・・

2008年9月19日

 夕刻 お墓の掃除 秋のお彼岸です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

13higann  稲刈りを待つ

    田んぼ 

 (左の写真は9月20日朝)

| | コメント (0)

蛇腹沢登山道

2008年9月14日  (記事「木曽駒ケ岳」「玉乃窪山荘」の続き)

61asayake  玉乃窪山荘の夜明け

 ゆっくりしようと思ったのですが、
 前日の午後からずっと「ゆっくり」していたので
 そろそろ移動したくなりました。

朝食 おにぎり2個 393Kcal、魚肉ソーセージ1本 130Kcal
   スープ    114Kcal   計 637Kcal

軽く済ませて出発 6:10

         六根清浄 お山は晴天

62onntake  木曽前岳の向こうに 御嶽山が見えます

 (今日も一日 無事故でありますように 


63sannosawa
 三の沢岳、空木岳方面

   よっこらしょ  
           どっこいしょ

64norikura
 遠くに 乗鞍岳も見えます。
 どこかなと思ったのですが
 頂上木曽小屋のおじさんと立ち話をしていて
     教えていただきました.

65hasigo  天使の梯子(ちょっと不鮮明ですが
  今まで見た中では,一番「まっすぐ」のような気がしました



66jyoudo
 乗越浄土から中岳方面を振り返る.



66utugi  空木岳・池山尾根・檜尾岳・・・・
 今日はよく見えます。
 7:23 和合


67isi
  勒銘石

  この頃は青空も見え、視界もよかった。


  空木岳は また今度の楽しみに・・・・

68hinokio































69koke


       伊那前岳を過ぎると、急に静かになります。
       六根清浄 お山は晴天


718goume  7:42 8合目
  この先の下りは登山道が分かりにくい。進行左寄りに
 ルートをとり、尾根の北側を巻きぎみに降る.
 所々にある積み石でルートを確認する.

720syougi 終始,将棋頭山の穏やかな稜線を見ながら降る。





727goume  8:17 7合目
  このすぐ下の辺り(船窪)から徐々に樹林帯となり
   景色は見えなくなる。



731siratama  





732konikoumori



734ittyouike





735ike







736azami

(昔話)北アルプスの山の中で、長期合宿をしている時、
アザミの新芽(黄緑色の部分)を沢山摘んで帰り,
あく抜きして、味噌炒めにして食べました.
 岩を登りながら 岩茸 を採って焼きそばの具にしました.
もちろん今はやってません。うんと昔の話です.


736hana_2




737aki






740hana



741hana







743ichigo








744udonnya  9:24 5合目 うどんや峠
  ここまで下ってくる間に出会ったのは
    3パーティー 6人
  ここで登ってきた 6人ほどのパーティーに出会う
 誰かが  一言 「うどんが食いテェー !!」

745painn  10時の 「おやつ」
  パイン缶1個 97Kcal  カロリーメイト 200Kcal
  ポカリスエット 少々   計 300Kcal ちょっと



746hana



 


747toranoo  水場の近くに咲いているのは 
  イブキトラノオ でしょうか




748mizuba  水場はしっかり
   水があふれていました.




748torikabuto
  綺麗な花には・・・・・
    「毒がある」?


 


751rinndou  10:24 ようやく林道に出ました.

  ここまで下ってくると、 暑い です。


752kibana





 

753rinndou
 ひたすら 暑い砂利道を下ります。




754hana
 道草食いながら  よっこらしょ


755hana



アサギマダラ(?) 林道沿いに沢山いましたが、

なかなか恥ずかしがり屋さんのようで、写させてくれません。

  あわてない    あわてない。

 (実は、結構夢中になって追いかけてました)

756asagima


























757bus  11:20 バス停着

    北御所・蛇腹沢????



757onnsenn  12:00 温泉着
  晴れていれば、露天風呂から宝剣方面が見えるそうですが
   今日は ガス で見えませんでした。
  休憩室利用含め 入浴600円

758beer  風呂上りと言えば・・・・
   ラーメンを食し、Beer ! 

 あっという間に,体に染み込んでしまいました.
    
 2時間ほど昼寝をして バス停へ移動

15:30 駒ヶ根インター発
19:50 津南(自宅)帰着

| | コメント (0)

玉乃窪山荘

(注 写真を一時的に拡大して見る場合、

 1、写真上で右クリック

 2、「リンクを新しいウインドウで開く」をクリック

 3、写真を見終わったら写真のウインドウを閉じる

NIFTYのココログのメンテナンスが行われたあと、設定が直せなくなってしまいました。しばらく上記の方法でご覧ください)

2008年9月13日 (土) (記事「木曽駒ケ岳」のつづき)
31utugi  
 雲の切れ間に 空木岳が
  ようやく見えました


32koya  13:10木曽駒の頂上をあとにし
  玉乃窪山荘 へ向かいます
   まず 頂上木曽小屋 が見えます
    奥、左が 木曽前岳 右が麦草岳

33koya  青い屋根の玉乃窪山荘が見えてきました

   六根清浄 お山は晴天
    あわてない あわてない

34urasimatutuji























 道草食いながら  よっこらしょ

35touyaku  駒ヶ岳を越えたとたんに
  だぁーーーれも いなくなりました
   静かです


36koya  あとちょっと

  よっこらしょ  どっこいしょ


38kannbann   
 13:30  到着です



37koya
 さすがにこの時間では
  ガラ空きです


38beer  今日の行動は、 ここまで
  今からでも帰ろうと思えば、今日中に帰れるのですが、
  「あわてない あわてない」
 明るいうちから ビール です。

「自分で飲む酒くらいは、自分で担ぎ上げろ」といっていた
青年はどこへやら、金600円也 で 購入。

39hana
 一息ついたら
   小屋周辺の散策



40hana  





42happa






43iwa






44tinnguruma1







45tinnguruma2  
 同じチングルマの綿毛でも
  ずいぶん色が違って見えます



46kisomae
 木曽前岳に登ってみました
  六根清浄 お山は晴天
   よっこらしょ どっこいしょ

47gannpou
 ガスの切れ間に 岩こぶ(?)が見えます




48kisokoma
 玉乃窪山荘も見えてきました
  向こうのお山は 木曽駒ヶ岳 です



49hanami






50hana







51hana

 花の季節には遅いけれど、
   探してみるとあるものです


52kumo
 一度小屋に戻って、木曽駒側に少し登ってみました

 ガスが切れました。 いろんな雲がみえます。

53sannnosawa
 三ノ沢岳
  惚れ惚れとして 眺める



54houkenn
 宝剣のほうも見えてきました




54moon
 中岳の辺りに 月が出てきました。




55yuuyake
 上にも下にも横にも 雲 




56maetake
 夕焼けを見に
  再び 木曽前岳 に登って来ました
   よっこらしょ どっこいしょ

57yuuyake






















小屋に戻った頃  ようやく夕焼けが見えました。

58moon  夜になると、「花火が見える」と言うので外に出てみました.
  北の方の雲(ガス?)が時々明るくなるのが
   見えました.松本の方でしょうか
    どこかで秋祭りの花火をやっているようでした.
      (左の写真は 中岳の上の月)

(またもや、 つづく・・・・)

| | コメント (6)

木曽駒ケ岳

2008年9月13日 (土) 

(始まり)歳とともに山の行き帰りの自動車の運転がきつくなって来ました.
特に帰りの運転はきついです.若い頃のように山からおりてそのまま4〜5時間も運転して帰る体力も気力もありません.山以上に行き帰りの交通事故が怖い.
 今回ようやく考えたのが公共交通機関、特に高速バスの利用です.何しろ田舎ですから地元からの高速バスはありませんが,何とか調べて計画してみました.

1、目的 高速バスを利用した山行計画及び中央アルプスデビュー
2、目的の山 空木岳(ただし、当日の状況により木曽駒・宝剣に変更)
3、形態 SOLO

9月13日 3:50 津南町発 自家用車で 飯山線・戸狩野沢温泉駅へ
    5:44 長野駅着 6:48 飯田行き高速バス乗車
   10:00 ロウプーウエイ乗車

1taki   
 ロウプーウエイから見下ろす中御所谷(?)の滝
  素晴らしい滝の連続です.
   もう少し若かったら絶対取り付きたくなる・・・

 紅葉はさぞかし綺麗なことでしょう

    ロープーウエイ駅の登山指導所に計画書を提示したところ
 「木曽殿山荘は、今日はもう満員で泊まれません.」とのこと。
 一応、状況によっては「檜尾避難小屋泊」も想定に入れ,
 さらには、ツエルト・レスキューシート・乾いた着替え・・・・・みぞれが降っても,どこでも二晩くらいは生き延びられるという想定での装備は持っているのですが,景色も見えないようだし,無理しても仕方がないので,「木曽駒周辺散策」にあっさり切り替え,玉の窪山荘に電話で予約を入れる.

1jinnjya_2
 10:34 山菜うどん でお腹を満たし、出発

  (今回も 無事故でありますように  

3nyuuzann
 六根清浄 お山は晴天

  よっこらしょ  どっこいしょ

4nanakamado  花の季節には遅く

  紅葉には まだ早い


5eki  極楽平に向かってゆっくり登ります

  あわてない あわてない


6hana
 六根清浄 お山は晴天



7hana
 花でも見ながら

  よっこらしょ  どっこいしょ


8hana_2






9hana
     あわてない あわてない


10hana




11hana






12gokuraku  ようやく 極楽平

 向こうに見えるのは 三ノ沢岳 

  何てキュートな山でしょう!! 一目惚れ
       「いつかゆっくり登ってみたい山」リストアップ!

13kumasawa  
 ガスの切れ間から見えてきたのは 熊沢岳 でしょうか

14iwa  さて、ここからは宝剣岳の岩陵帯に入ります。

 行く先は ガスの中

 

         六根清浄 お山は晴天
        よっこらしょ  どっこいしょ

15hana
 岩の間に こんなお花が

    パチリ!

16tonnneru  こんな所も潜りました

  高い所で身がすくんでしまう人には無理ですが
 足場・鎖はしっかりしていると思いました。

18kirema  ガスの切れ間から 時々景色が見えます.

  よっこらしょ どっこいしょ



19houkenn  11:39 宝剣岳 頂上着

  混み合っています.



20kudari1  木曽駒側の下り
  渋滞しています
   そんなに長い距離ではありませんが
    いつも混み合うようです.

21kudari2  下り初めから ふり返ってみる

  あわてない あわてない



22kisokoma  一時ガスが切れて 木曽駒が見えました




22koya  木曽駒の左(西)に木曽前岳と
  今晩の宿 玉の窪山荘 の青い屋根が見えます。



23hana  何しろ 時間はたっぷりあります

 沢山脇見しながら

   よっこらしょ どっこいしょ

24tenngu
 本物の 天狗さま 
  ついに来ました「中央アルプス」
    ようやく  「実感」 です

25houkenn
 宝剣岳の方も ガスが切れてきました




25koma  中岳を越すと
  木曽駒は目の前です

     六根清浄 お山は晴天

          よっこらしょ  あとちょっと

26hana
 時々雨が当たったりと お天気はめまぐるしく変わりますが

  脇見しながら よっこらしょ

                  あとちょっと

27top  12:43 ついに到着 木曽駒山頂 
   

   六根清浄 お山は晴天



28yasiro
 頂上の社

(ここまで有難うございました
 この先もよろしくお願いします 

29sekirann
 雷に出会わずによかった
  あと少しで 今日のお宿 玉の窪山荘

(つづく・・・)

| | コメント (0)

村の鎮守の神様の

2008年9月6日 (土) 

0hagi
 秋の花が
   次々と開き始めました


0kosumosu
 コスモス




1hana




3yanagi




4hana






5soba  畑の近くの 休耕田(?)では

 そばの花も 咲いてました



6konnhana
 コンクリートの隙間から
   花開いたものもありました。


2hatuga  冬用の
  キャベツと白菜の種も発芽しました
   向こうが キャベツで
   手前が 白菜ですが
     見た目は まったく同じです.







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 夜、部屋にいたら 南の方から 花火の音が聞こえてきます

1hanabi  しばらくして 静かになったのですが

 1時間ほどしたら、今度は北の方から
  ドーーーン と 腹に響くような音がしてきます

2hanabi  そう、まだまだ
  お祭りの季節 
   あちらでも、こちらでも・・・



4hanabi  我が家の二階の窓からも
  割野集落の花火がよく見えます.

   次の土曜日も どこかで花火の音がします。
    その次の土曜日も・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年9月7日 (日) 

7kooriyama
  朝から
    今にも降り出しそうな雲行きです


8maturi  祭りの翌朝は
  少し寂しい感じがします
    (割野集落にて)


9tourou  どこの集落に行っても
  芸術家がいるものらしく
   灯篭の絵は 楽しませてくれます。


10tourou2  正面ではなく、裏側にこんな絵を書いたものがありました。
  文字が少し不鮮明ですが、

お時間がありましたら読んでみてください。(写真クリックすると拡大されます)

11dousojinn
 これも
  割野集落の神社で見かけたものです.

| | コメント (0)

迷い込み

2008年9月1日 (月) 

4asagao   9月になったというのに
   突然暑さが戻って来ました
    暑さのせいではないでしょうが、珍客が・・・

3koumori  いつもは,夕方、我が家の周辺を飛び回っている蝙蝠くん
 年に一度くらいは,室内に迷い込んできます.
 フワフワした毛があって、よく見るとかわいい奴ですが、
 しきりに飛び回ってうるさいので
 強制的に 退去 していただきました.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年9月2日  

1dragon  車を運転していると
 後ろの方で カサコソ・カサコソ 音がします。
 どうもなにか生き物がいる気配です.
 自動車を止めて確認すると・・・・・・・・
 サナエトンボ の仲間でしょうか?

2minoruhodo  降っても晴れても
  稲穂は徐々に
   「頭を垂れ」始めました・・・秋





| | コメント (0)

鉾ケ岳

2008年8月31日 (日) 

0tokage  中学校の同級生に,六ヶ月ぶりくらいに出会った
  いきなり
 「おまえ、太ったろう?!」
 ・・・・・・・・・・・・・・・・(返す言葉なし)
  夏の間、毎日ビールを飲んで
   ほとんど運動しなかったから、1キロほど太りました。

 そのためというわけではありませんが,

久しぶりに「お山」に登って来ました.

(写真は,庭先の住人(?)文章とは関係ありません。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1、目  的 適度の運動
2、目的の山 鉾ケ岳(1316m糸魚川市)
3、メンバー YANAさんと私   (以上2名)

2hokodake  春先に高田平野から西の方を眺めると真っ白な山が見えます.
 権現岳と鉾ケ岳です.
 標高は1316mですが海に近い所で一気に盛り上がった
 独立峰的な美しいいでたちが興味をそそります.
 以前から残雪期に一度訪れてみたいと思っていましたが、
とりあえず、今回登ってみることにしました.当初、権現岳から鉾ケ岳への
縦走の予定でしたが,天気予報が「曇りのち雨(別の放送局では「雨のち曇り」)」でしたので、鉾ケ岳往復に計画を変更しました.(上の写真は春先のもの、クリックすると拡大されます。)

5:00 津南発
5:30 十日町発

3myoukou  朝日の中に 妙高・火打・焼山が見えます・



4hoko  その右奥に 権現岳・鉾ケ岳が見えます.
  天気予報に反して、晴れているようです.




5sekkinn  北陸自動車道 能生I.C.でおりる

 まもなく登山口(島道鉱泉)です。
  金冠(稜線上のコブ)が目立ちます


6kousenn  7:10登山口の 島道鉱泉着(270m)
 「営業中」となっていましたが、
  早朝のせいか静かです.
 登山口の駐車場にも、他の車は止まっていません.

          7:20 いよいよ お山に入ります

              六根清浄 お山は晴天

       (今日も無事故でありますように ())

8kuzu  紫色の 葛 の花が散っています.

  (暗くて、ピンボケですみません)



9kinnkann  水路沿いの水平道から金冠を見上げる。

  ずいぶん標高差があります。

   よっこらしょ どっこいしょ

           先は長いぞ 六根清浄

10kumonosu  暫く人が通っていなかったのでしょうか

  蜘蛛の巣がひどいです

   道の刈り払いは行き届いています.

    登山道の位置は地図(5万分の1地形図)とは違うようです.

11hana  花の季節は,ほぼ終わり
  紅葉にはまだ早い・・・・・・。
   ちょっと中途半端な季節です.


12ippuku  ここらでちょっと 一休み
   あわてない あわてない

  (慌てたくても元気が出ない。おにぎりタイムとする。)

13komorebi  登山道の下半分くらいは尾根の西側を通っており
  この時間、ほとんど直射日光が当たりません。
   尾根に出ても低い樹林の中が多く、
    視界が悪い代わりに直射日光を軽減できます。

          六根清浄 お山は晴天

           よっこらしょ 

             どっこいしょ

14mizuba  何ヶ所か小さな沢を横切ります。
  水場として使えそうです。




15kinnkann  鎖場を登りきると
  金冠の頂上です.
   向こうに頂上が見えます.

 

16gonngenndake  権現岳(左下の低いピーク)方面が見えます.
  火打山は雲の向こう辺りでしょうか?




17nihonnkai  日本海も見えます.
 残念ながら,私はここで大バテで、反対側のコルに降りた所で
 2度目の「おにぎりタイム」となります.


18oosawadake  大沢岳
 ここまでくれば頂上はもうすぐです.

  六根清浄 お山は晴天

  よっこらしょ

     あとちょっと


19saigono
 ご親切に どうも

  よっこらしょ

    あとちょっと







20top  10:40頂上着(1316m)
  ちょっと時間かかりすぎですが
 ようやく到着しました。腹ごしらえ腹ごしらえ!!


21koya  頂上小屋は6畳ほどの広さの
  しっかりした小屋でした.

 残念ながら,この時点で頂上は殆ど雲の中
 景色はまったく見えませんでした.

たぶん晴れていても周囲のヤブが邪魔をして、あまり景色は見えないだろうと
勝手に慰めておりました。残雪期にくれば、佐渡も妙高も 鬼ケ面も北アルプスも・・・・・妄想だけが広がります。

11:35 頂上発
      大沢岳付近で登ってくる2人組に会う.
      この日出会った登山者は結局この2人だけでした.

22hana  あとはひたすら下るだけ

  足場に気をつけ よっこらしょ
      あわてない あわてない

23kinoko  道草食いつつ
    よっこらしょ どっこいしょ




24otukare
 13:10 お疲れさま !!




25onnsenn  帰りは  「鉱泉」にはあまり良い思い出が無いので

 少し下って、ゴルフ場(グリーンメッセ能生)付属の温泉施設へ移動。

 入浴料 400円 休憩室使用料 100円  計 500円



26onnsenn  まだ新しく、綺麗なお風呂場、いいお湯です.

 お山も お風呂も 貸切状態!!

  ざっと汗を流して
          ザブンと入って お肌はスベスベ・サラサラ
           休憩室で暫くお昼寝・・・・・・。

  15:00 出発

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

31nouyori  能生から眺める鉾ケ岳

 頂上にいるときは、いくら待ってもガスが切れず

 下山して振り返ると、すっかり晴れている
          よくあることです.よくある・・・・・・・ 

17:00 十日町着

17:30 津南町着



| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »