« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

秋祭り

2008年8月26日 (火) 

2ranntann  地元、大割野の秋祭り





3mikosi
 神輿が出ていたのですが,
 観客が,やけに少ない.
  音を聞いて外に出たら,もう通り過ぎたあとでした.

3mikosif  やはり、
 女神輿(27日)のほうが、
  観客動員力があるようです.



4huyuuuu
 ヒュルルルルーーーーー


5dokann
 どかぁーーーん




6hyuuuuu
 ヒュルルルルーーー


7dokkann
 どかぁーーん




8paraparapara
 パラパラパラ・・・・



9yomise  
 神社に行ってみると
  子供たちが帰る時間で
    あっという間に静かになってしまいました.

10keidai  中学生のころは,この時期になると,同級生のKYと
   今日はこっちのお祭り
    あすはあっちのお祭り
     毎晩のように自転車に乗って
      あちこちのお祭りに行っていたものですが,
   近頃の子供たちは,よいこばかりのようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008年8月27日 (水) 

0okura  『茶前仕事(ちゃめ仕事)』
 朝のお茶を飲む前,朝食前の早朝にする仕事。
 朝の涼しいうちの農作業から出勤前の山菜採りまで
 広く用いられる(この辺の方言だと思います)

(オクラの花)

1asa
 祭りの名残りの残る道路を横断し
  畑に向かいます。


2asahi
 もうすぐ朝日が昇ります。



3budou
  「ちゃめ仕事」で、少し畑仕事をしておかないと
       日曜日に遊びに出かけられません。



4kage
 ようやく
  お日様が顔を出しました.



5sora

 

 もう、すっかり秋の空になっています.

| | コメント (0)

親の小言と

2008年8月23日 (土) 

1dragonfly  久しぶりに,畑に出る.
 

 トンボの色も
  だんだん赤くなってきました


2okura  お盆の間,畑仕事をサボっていたら
  オクラが 大きくなりすぎました.

   これじゃ固くて食べられない.もったいない

2nasu   親の小言と
    茄子の花は
      千に一つも無駄がない・・・ 
  ナスは、食べきれないほど実っていました.
 生き物とのお付き合いは,こちらの思いどうりには行きません.

     
4mukago  ムカゴ が実って(?)きました

  今年の山芋は、たぶん『上出来』だと思います.

  収穫が楽しみです.

| | コメント (0)

稲穂

2008年8月14〜16日 

15  山にはいかずに

 高校のクラスメート5人で魚釣り

  真鯛釣りのはずが,鯛は一匹だけ

          あとは、アジばかり・・・

13fune   目的は

  タイだよ、

14   だから

   鯛釣りに来たんだって!

17  向こうに見えるは 弥彦山

  佐渡は見えたり隠れたりの半日でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008年8月18日 

1inaho  
  ふと気づいて
    車を止めて、降りてみる。
       稲に花が咲いてました.

 いままで、タオルケット一枚で寝ていたのに
  寒くて、夜中に毛布を引っ張り出す。
    お盆とともに「夏」は終わってしまったようです

 夜になると,花火の音が聞こえてくる・・・・・
   津南町は「秋祭り」の季節になりました。 

| | コメント (0)

ザブン!!

2008年8月10日 (日) 

1kawara
 MHさんと「川登り」の予定で
 地下足袋,わらじ、登攀具等用意したのですが,
 MHさん 風邪 で中止になってしまいました.

物足りないので,中津川(信濃川水系)に2時間ほど「川遊び」に行ってきました.

2suiei
 子供たちは、楽しそうに
            ジャブジャブ 水遊び.

(昔話) 私たちが小学生のころは,夏休みになると集落の父兄が、中津川の一部をせき止めて子供たちの水遊び場を作ってくれ,毎日交代で監視に来てくれました.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

3awa  さて
  私も負けずに

      ザブン!!!

(写真は,クリックすると拡大されます.)

4kajika_2  最初に出会ったのは
   カジカ(と私たちは呼んでいる)

      


5yamame
 たぶん、ヤマメ




6hikari  さかなが ゆらり
   光が ゆらり
   私も ゆらり・・・・



6ugui
 ハヨ(ウグイ)

  もう少し大きいイワナらしき魚も見かけたのですが,

           あっという間に視界から消えてしまいました.

  久しぶりの水の中、 楽しい一時でした.


夏は、やっぱり

   ジャブジャブ、 ザブン  ですね。

             次は、海へ!

| | コメント (0)

ジャガイモの収穫

2008年8月9日 (土) 

1mozukara  ピロピロピロ
 ピロピロピロ
  伯母からの電話
   「きゅうりが沢山獲れたから、いらないか?」
  「うちも、キュウリもナスもトマトも、いっぱい獲れてるから・・・」
皆、獲れる時期は一緒です.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2musi
 今日は,ジャガイモの収穫です。




3potato1
 60Kg以上あると思います.
  ジャガイモは,長期保存がきくので助かります.


5sarada_2 キュウリに、トマトに、
 新たに「ポテトサラダ」が加わりました.
  いただきます!
 (もちろんナスの漬物もあります)
 次は,新じゃがのコロッケを食べたいなと・・・・・。

| | コメント (0)

ギョリンソウ?ギンリョウソウ?

2008年8月8日 (金) 

 

 以前、「コバイケイソウ」を「コバイケソウ」と間違えて覚えてしまい、長い間他の人にも「コバイケソウ」と教えてしまうという大変な間違いをしていたことがありました.

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今般「ギンリョウソウ」に似た植物で「ギョリンソウ」というのがあるらしいという情報がありまして,気になってネットで調べてみたのですが,
どうもよく分かりません。

 

1、同じものであるという説。(片方が間違っているという説も含む)
2、まったく違うものであるという説

 

2,であるにしてもどこが違うのかよく分からない.すっきりしない!!!!

 

 玉石混交のネットの世界、正しい情報とそうでない情報の判断(情報の評価)が重要になってきます. とりあえず分からないときは,「ネット外に情報を求めてみる」です.昼休みに図書館(十日町の「情報館」)で植物図鑑にあたってみました.

 

資料1、「原色牧野植物大図鑑」(北隆館)
     「ギョリンソウ」に関する記載無し.
     「ギンリョウソウ」銀竜草 ギンリョウソウ属・・・・記載あり
     「ギョリュウ」 御柳 ギョリュウ属・・・・まったく外見が違う。

 

資料2、「原色日本植物図鑑(I草木編)」(保育社)
     「ギョリンソウ」に関する記載無し。
     「ギンリョウソウ」・・記載あり
     「アキノギンリョウソウ(別名ギンリョウソウモドキ)」シャクジョウソウ属
     

 

資料3,「日本野生植物館」(小学館)
     「ギョリンソウ」に関する記載無し。
     「ギンリョウソウ」・・記載あり.別名ユウレイタケ
     「ギンリョウソウモドキ」・・記載あり。

 

 ということで,短い時間に数冊調べただけですが,「正式名称『ギョリンソウ』という植物は、今回私が調べた範囲では、確認できなかった。(別名・俗称としても見当たらなかった)」という結論に達しました.少なくとも、「木漏れ日」の記事の中で用いた写真は、「ギンリョウソウ」に間違いないようです.(ホッ)

 

 

 

21ginnryousou2

 

 

 

 

 

 

 

 (これ、ギンリョウソウ です)

 

 

 

 

 




【追記】
 ご来訪いただいた皆様へ、
 毎年夏になると多くの方からこのページにご来訪いただいております。
もし、「ギョリンソウ」について何か確からしい情報をお持ちの方が居られましたら、
このページのコメントまたはメールにて,ご教示願えれば幸いです。
なお、その際はできるだけ再確認しやすいよう,情報源も明示願います。
              2013年9月11日 越後屋拝        

 

 

 

 

 

 

| | コメント (6)

コオロギ

2008年 8月 7日 (木)立秋  

1hatake
 朝 5時半頃、畑の草取りをしていると,
 周囲の草むらでは、虫たちの大合唱です。
 コロコロ・コロコロ、スゥ一イッチョン、リーリー、ジージー
 朝の草むらは、既に「秋」になっていました。

        北アルプスの山の上は
         もう秋風が 渡り始めていることでしょう
           私の山は、もう少し涼しくなってからにします.

4kinnchyou
 最近,時々

「マツダランプ」の看板(ホーロー引きの山の中の案内板)
         を懐かしく思い出します.

        どこかでまた会えるといいな・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3mukuge_2



2kabochya
 隣の畑のSさんから、今朝いただいたカボチャ
  やはり,手入れをしてやると
   立派なのができます.

| | コメント (0)

月明り・星明り

2008年8月4日 (月) 

月明り、星明り(昔話)

 満月の夜、月を見上げると、何となくわくわくします. 満月の夜はとても明るくて、懐中電灯なんて無くても(周囲に人工的な明かりが無く、道の状況によっては)夜道を歩けます.特に,満月の雪道は快適です。3月の雪の締まった時期の月夜の道はそれだけでも何だか不思議とウキウキします.(私だけかもしれませんが・・・)

 月明り
 私が学生の頃のお話ですが,立山での夏合宿中にちょっとした事故があり、真夜中に立山から内蔵助平に下ったことがあります. その日はほぼ満月で,内蔵助山荘から内蔵助のカールの底に下ったところでヘッドライトの明かりを消しました.目が慣れてくるとカールの底の岩はもちろん富士の折立ての岩場の詳細まで見える程明るい夜でした.後立山の山々もかなりはっきり見えます.ライトを消したまま夏道を下りました、あまり不安は感じませんでした.樹林帯に入るとだいぶ影になりましたが,通い慣れた(10回くらいは通っている)路なのでそのままライト無しで下ることができました.一人、月明かりの下で眺める山々は、昼間眺める賑やかな(?)山とは違った荘厳さがありました.
(後日、日中、近くの雪渓の上を真っ黒なくまさんが「トットコトットコ」横断していくのを目撃しました.くまは本来夜行性だそうですので,やはり夜中は山の中をうろつかない方がよろしいようです.)

 星明り
 ある年のお盆、SAと奥只見の袖沢に釣りに入りました.釣りといっても毛鉤に糸、米と味噌に酒、飯盒位しか持たないといういい加減なものでした.林道を歩いていると名物の「虻」がまとわりついてきます.振りきろうとして走ると、かえって増えます.動くものに反応するのでしょうか?手をぶんぶんと振り回すと1から2匹くらいは虻が捕まります.生き餌として採集します.・・・一応釣りの真似事はしたのですが,いい加減な仕掛けで適当に川遊びをしているだけなので,結局ちいさなのが数匹釣れた程度でした.夜になって酒を飲み出すと今度はブヨ(?)が沢山寄ってきます.テントではなく、集水口の上屋の軒下をお借りしているような状況で囲いはなく、虫に刺され放題です.
 2日目の夜だったでしょうか、眠りに入っても,結局顔中刺されて、二人共夜中に目覚めてしまい,相談しました.「朝までここにいてもしかたがないから,夜道を歩いて帰ろう」。夜中に荷物をまとめ,夜の林道をとぼとぼ歩き始めました.まさに満天の星空でした. 歩きながら時々空を見上げると「スゥー」と星が流れます.お盆の頃でしたからペルセウス座の流星群だったのでしょうか沢山見ることが出来ました.途中からヘッドライトを消してみました.まさに「砂子をまき散らかしたように」沢山・沢山の星が見えて,星の見えない真っ暗な部分が山並です.稜線の向こうに街明かりが見えない(稜線付近が明るくなっていない)のがいかにも「山の中」という感じです.「天の川」は驚くほどはっきり見えます。林道は砂利道ですがかなり平らで,輪郭は星明りでも分かります.結局星明りを頼りに10Kmの道のりをダムの駐車場まで帰り着くことが出来ました.人工の明かりがない状況で,目が闇に慣れると星明りでもある程度見えるものでした。

(* 以上,私の思い出話です.夜間の無灯火での行動をおすすめするものでは決してありません。人工的な明かりを排除する事によってより神秘的な景色が見られるかもしれないというお話です。山中におけるすべての行動は,各自の判断と責任の下に行ってください.)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
9waraji2_2

 津南町 貝坂地内にて

| | コメント (3)

自給自足?

2008年8月3日 (日) 
3kikyou  朝から ミンミンゼミとカナカナ(ヒグラシ)が
 一緒に鳴いている。
 夏休みの始まりのような,終わりのような
 一日の始まりのような,終わりのような 変な一日の始まり。

 日中の暑さは,やっぱり夏真っ盛りでした。

・・・・・・・・・・・・・・

2008年 8月 4日 (月) 

2syuukaku  枝豆をつまみながら,ビールを飲み
 夕飯のおかずは、冷たく冷やしたトマトに
 きゅうりの浅漬け(ワサビ風味)
 なすとピーマンの炒め物,肉じゃがに
 モロッコ豆のみそ汁・・・・。
夕食後はスイカ・・・・・トウモロコシ・・・・・
 肝心のビールと、お米と豚肉が自家製ではありませんが,
野菜は、現在ほぼ自給できております.
 天の恵みに「感謝」!!

(以前は,お米も作っていたし、もっと昔には鶏も飼っていましたが、今は野菜だけになりました。)

6peppermint  庭先のプランターに植えたペパーミント
 時々お茶にしていただいていますが,
 この香り,どうもどこかで覚えがあります.
 沢登りをしている時とか、水路の草刈りをしている時とか
 水辺で,これと同じ香りにしばしば出会ったことがあります.
今度,出会ったらよく観察しておこうと思います.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4rose  
 ご近所の、畑兼花壇に咲いていた花。



8murasaki

 同上

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »