« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

どこかで春が

2008年3月23日(日) 
残雪 家の周囲で1m弱
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

六根清浄、お山は晴天
 今日は、山小屋の点検のつもりが、ちょっと遠回りになりました.
○ メンバー L、YANAさん、私
6;00津南集合
6:15下山予定場所に私の愛車を配置し、YANAさんの車で登り口に向かう。
6:30行動開始
1torikabuto
 朝のうちは、凍み渡り(サンクラスト)で快適に進みます.
 前方には、鳥甲山の(秋山郷を正面とした場合の)裏側が見えます。



2yadorigi
 六根清浄、お山は晴天

 登るにつれ、ブナ林が広がってきます.ヤドリギも目立ちます.
 鳥の声を聞きながら、他には誰もいない静かな山を登ります.
        新しい足跡は、ありません.めいめい、好きなようにルートをとります.

3myoukou
 遠くに、妙高や高妻、手前に鍋倉山・・・・。


9:05 某池 
4lunchi  
 9:50 三方岳(1138m)山頂着(やっと山の名前が出てきました)

 一回目の食事は「ランチパック」プリン味は私の好みではなかった.

5neake  ブナの木の根の周辺が、大分開いてきました。





6bunabayasi  ブナ林の中を

 ゆっくり、ゆっくり、進みます.
 数日前に通ったのでしょうか、天水山方面からの
 二人分の足跡がありました.

    六根清浄 お山は晴天

7kamosika  所々に カモシカさんの足跡があります.

 これはまだ、今朝のものでしょうか?







8ritz  10:50 1090Mピーク
 さっき食べたばかりなのに、2度目の食事です.

  慌てない慌てない、ゆっくりゆっくり・・・・

9coffeetime  カップしか持っていかなかったのですが、
 中身は YANAさんが 注いでくれました.
 感謝!! 



10naeba  11:35 天水山(1088m)頂上にて
 背景は 苗場山


11seppi  大分大きな雪庇もあります.
 午後になると、雪が腐りだし、膝くらいまで潜るところも
 あり、午後は苦労しました.

 六根清浄 お山は晴天

12tamusiba 雪解けを待ちきれずに咲いてる花がありました.マンサク?

 山の3月
 どこかで春が・・・・・
 (津南町の山の中、標高600m付近)

13koya1  ようやく小屋が見えてきました.




14koya2  13:45 ようやく小屋につきました.
 屋根のサビが目立ち始めたくらいで、
 特段の異常は認められません.
 雪の量は平年並みというところでしょうか。

15gesyuku  入り口の階段の下に「冬季下宿(もちろん自炊?)」
 していた動物がいるらしく、クッキリと足跡がついてました.


14:15 寺石下山.

| | コメント (0)

平ケ岳・ワカゴイ沢

平ケ岳・第4弾
・・・・・・・・・・
平ケ岳・ワカゴイ沢
山行日  1984年9月23・24日
メンバー L.YANAさん、私

 【行動概要】
(前夜、鷹巣泊)
23日 砂子平より入渓、ワカゴイ沢遡行姫ノ池泊
24日 中ノ岐林道下山

【行動】
9月23日 台倉尾根パーティーに砂子平まで送ってもらう。
    5:40 出発。只見川は渡渉して渡った。めいめい勝手にルートをとる。
  80mゴルジュの出口はチョットいやらしい。誰も見ていないので(?)残置ハーケンのお世話になる。
  少しためらったのは、18m滝(昔の15m2条?)最後がいやらしい。近年遡行された方の写真を見てその時の様子をありありと思い出す。上部は結構高度感のある場所で、ほんの数歩だが微妙なフリクションのところがある。
  12:00 赤芝沢出合 赤芝沢を分けた辺りに雪渓が残っていた。間をあけて、足早にくぐり抜ける、抜けたところで休憩した。
  上部に幅の狭いゴルジュがあり、私は一部両岸に突っ張って通過した。この辺もそれぞれ勝手にルートをとる.
   源頭部の両岸にはイチゴが沢山なっていたので、ヘルメットいっぱいに摘んで、台倉パーティーへのお土産とする。
  16:00 頂上 頂上では台倉尾根パーティーの3人が待っていてくれた。
  姫ノ池にてツエルト設営(?)イチゴでジャムを作って食べる。食べだしてしばらくで、私の歯に激痛が走った。イチゴの種が虫歯の穴に思い切りギュッと押し込まれたのである。以後、イチゴの種には注意している。
  さすがに9月ともなるとビバーク装備では寒かった。翌朝、ぬれた地下足袋を履く時は、少し躊躇した。
9月24日 TOKUさんとYANAさんは台倉尾根を下り、車回収。 私を含むあとの3人は玉子石経由、中ノ岐林道下山。長い長い中ノ岐林道を歩き終え、ちょうど雨池橋についた頃、台倉尾根パーティーの迎えの自動車がやってきた。

 教訓 《イチゴの種には気をつけろ!》

 この後、2度ほど中ノ岐林道を使って平ケ岳を訪れましたが、この林道を自動車で入ってしまうと、平ケ岳の楽しさは半減してしまいます.現在の地形図には登山道が記載されていないので、廃道になったのでしょうか?好ましいことです.せめて林道は歩きましょう.一歩、一歩、平ケ岳の味わいが深まります.沢・尾根含めて7通りのルートをトレースしましたが、まだまだ私の通っていない沢や尾根が沢山ある.私の大好きな懐の深い山です.このまま「便利にならないで」ほしいものです.
 ※先日,YANAさんに当時の写真がないか聞いたところ、「軽量化(スピードアップ)のため、カメラは持っていかなかった」とのことでした.
登ってしまえば、山を下りながら次の山のことを考えているような時でしたから、記録を残すことにはあまり興味がなかったようです.実際「印象的なとこは脳裏に焼き付いているから・・・・」などといってましたので、「元気なころ」の写真や記録というのは極めて少ないです.当時使っていた5万分の1地形図へのルートの書き込みや、地図の欄外にメモしたコースタイムが主な記録です.

注1、最近の国土地理院の地形図では「カワゴイ沢」と表記されているようですが、明らかな間違いだと思います。
   (ちなみに水長沢支流の「大丈沢」も「大上沢」と表記されていました.)
注2、きわめて簡単な記録ですが、1984年当時のものですので、現在では全く参考になりません。万が一、当記録を参考にして何かトラブルが発生しても当方は一切責任を負いません。

| | コメント (0)

雪消し

2008年3月20日 
Kooriyama  積雪 津南町役場前 134cm(19日9時時点)
 雨が降る、どんどん雪が融ける。ありがたやありがたや。

・・・・・・・・・・・・・・
「雪下ろし」 屋根の雪を軒下に移動させること.(移動)
「雪堀り」  屋根の雪や通路の雪を取り除くために掘り出すこと.(移動)
「道(雪)踏み」通路を確保するために、かんじき等で雪を踏み固めること.(圧縮減容)
「雪消し」  積もった雪を池などの水に入れて融かしたり、温まった地面にまき散らしたりして溶かしてしまうこと。(川に流してしまう場合もある)要は、雪を目の前から「なくしてしまうこと」(消滅?)
 以上、私の勝手な定義.

Niewaaka  昔からいろんな「雪消し」対策が講じられてきましたが、
 その一つに「流水を利用する」というのがあります.
 水温の高い流水の得られる山沿いの家では、
 冬季間、家の周囲に川の水を流します.例えば、軒下にコンクリートをうち、縁をつけて均等に水が流れるようにします.

Niwaoka  あるいはまた、庭の周囲に土手を築き、池にしてしまいます.
 そうする事によって、雪が積もらない.
 あるいは積もった雪をすこしづつ池に入れることによって、
 とかしてしまうことができます.

Deguchi  他の地方でもあるのかもしれませんが、
 「冬になると、庭が池になる」のです。
 「冬になると、通路が川になる」のです。


Ike_2

( 雪面が黒いのは、雪解けを促進するため
 カーボン(炭)を散布したからです.)


Koubai  梅は、まだ家の中でしか咲いていません.

| | コメント (0)

たこつぼ

2008年 3月 16日 (夕方少し雨がパラつく)

 本日タイヤ交換(スタッドレスからラジアルへ)
ワイパーブレードもスノーブレードから普通のものへ交換。
 まだお彼岸前なので、早いような気もするが、
やはり、長靴よりスニーカーの方が良い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 うんとこさ昔の話
 私が小学生・中学生のころ、春になると学校のグラウンドは
穴ボコだらけになりました. 体育の時間や学級活動の時間を使って、
皆でせっせとグラウンドの雪に穴ボコを掘るのです.
 表面積を増やす事によって雪解け(昇華)を促進し、
地面を出すことによって太陽熱の利用効率を高めるためです.
そして少しでも早く雪を溶かして、グラウンドを利用できるように
するためです.
Takotubo  
今でもやっているのかと思い、津南小学校のグラウンドを覗いてみました.
 ブルドーザーでかき回してありました.
つまり、児童による穴掘りは行われないということでしょう.
授業時間が足りなくて、そんなことしてられないのでしょうか?
 お天気の良い日に皆でグラウンドに並んで穴掘りをしたのは
今では懐かしく感じます.今年はいつからグラウンドが使えるようになるのでしょうか?

| | コメント (2)

お彼岸

2008年3月15日(土) 
 残雪 我が家の周辺で160cmくらい
 雨が降ると、雪がどんどん融けて助かります。

Koori 踏み固められた通路の雪は、
地表付近では5cmから10cmくらいの氷になってます.
天気の良い日に、少しづつ、少しづつ砕いて
融かします.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Konohenn2 さて、お彼岸といえば
まず、お墓のお掃除です.

確か、我が家のお墓はこの辺です.

林に囲まれているので、吹き溜まりとなり、ひときわ沢山積もってます.

 漁師さんは海の上で位置を決めるとき、
「やまだて」というのを行うそうですが、
私は、雪野原の中でお墓の位置を特定するとき、
「あの木とあの木が一直線になって、あの木と向こうの崖のあの部分が一直線上に並ぶ」とか、「あの家の屋根が向こうの家の屋根のあの辺と重なる」という風に
位置を決めます.念のため、雪の無いときに写真をとっておきます.
 「やまだて」の方法は、山の中で位置確認や位置を記憶する時にも役立ちます.

さて、上に積もった埃ならぬ、雪をせっせと堀ります.

Youyaku  ようやく、上の部分を堀だしました。
 位置は、正解でした。   

 お線香を立てる場所ができたので、
 ここまでで堪忍してもらいます.とても地面までは掘り出せません。

まるでイグルーでも造るようですが、残念ながらこんなこといくらやってもイグルー作りは上手くなりません.雪質が全く違います.

 どうしても掘り出せそうもない時は、雪の上に、雪の祭壇を造って済ませます.

これでようやく1ヶ所目が終了・・・・・・・
そうです、あと2ヶ所、墓守のいない親戚のお墓が残っているのです.

 まあ、予定より早く終わったので、今頃こんなことしてるわけですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Self
(最近読んだ本)
 そう、山で助けに来てくれるということは、
ものすごく危険で、そして、ものすごく大変な事で、
しかもすぐに来てくれるとは限らない、
というより、来たくても、すぐに来れないことの方が多い.
2〜3日は自力で生き延びねば・・・自力で対処せねば・・・。が、持論です。

| | コメント (0)

大人の遊び(1)

2008年3月9日 
 積雪、約2m
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 昨日から、近所の空き地でうごめく人たちがいる。

Sori2 今朝もやっているので、何してるのか聞いてみた。

滑り台を造っているのだそうです.

足場パイプで手すりを作り、
       タイヤのチューブに乗って滑るのだそうです.

 子供のころ、屋根の雪降ろしをしてできた軒下の雪山は
滑り台にちょうど良く、そのまま滑ったり、ソリで滑ったりして
遊びました.  近頃は、除雪をするとどうしても空き地に
大きな雪山ができます. 少し古くなってきた雪国の(もと)
子供たちがこの雪山に目をつけるのは無理もない.
 雪の山を見つけて、滑り台にして遊ぶ子供(大人)たち、
春は近いぞ!!!(アレ??Nさんじゃないですか)

| | コメント (2)

平ケ岳・尾瀬から

2008年3月6日 一時

Aoisora 津南町役場前積雪 220cm(午前9時)
 結東       293cm
 朝のうちは晴れ、20cmほど積もった雪の除雪1時間
 昼頃から曇り・一時雪。 
 世間がひな祭りでも、津南町はまだ「雪まつり(1/2日)」
        今年の雪はなかなか「楽しませて」くれます.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平ケ岳・尾瀬から(昔話,平ケ岳第3弾)

*ずっと昔の話ですので、現在の参考にはなりません.

 参考にして、万が一何かトラブルが発生しても当方は一切責任を負いません.

山行日  1980年5月連休
メンバー M先輩・ナベ・SA・デコさん・私
行動概要 1日目 鳩待峠より入山、猫又川上流部泊
     2日目 キャンプサイトより平ケ岳往復
     3日目 鳩待峠下山

       行 動
Hiragatakeoze11
 1日目 桜咲く戸倉からシャトルバスで
     鳩待峠へと移動。
     冬、とぼとぼと戸倉から林道を山ノ鼻まで歩いたことを
     思うと、丸一日短縮です.





Hiragatakeoze12   5月ともなると山ノ鼻は結構賑やかでした。
  サングラスやスパッツを忘れて来た
  不届きな奴がいました。

  後ろのスキーの金具はたぶんワイヤーの 

         ジルブレッタではないかと思います.

         私も、つい数年前まで保存していたのですが、処分してしまいました.

Hiragatakeoze13   山ノ鼻を過ぎると
  静かになります. 




Hiragatakeoze14  猫又川の源流に向かってます.
 途中、靴を脱いで猫又川を渡渉する場面がありました.
 この日は、猫又川の源流部で幕営。
 終日よい天気でした.


Hiragatakeoze21  2日目も、これ又よい天気でした.
 サングラスを忘れた奴の目の回りを
 黒く塗ってあげました。  
 奥が平ケ岳で、右は白沢山でしょうか。

Hiragatakeoze23  最後は、青い空に向かって
 ぐんぐん登っていきます。
 とても気分のよいところです。


Hiragatakeoze22  頂上はもちろん
 貸切状態!!!!

  ポリタンクの水筒や、山用の大きなストックリングが懐かしい。



Hiragatakeoze25  まさに、360度の眺め

 

キャンプサイトでさらに1泊したのち
3日目 鳩待経由で下山。

後日談 3日間とも快晴であったため、デコさんの顔面が日焼けで
ひどい水脹れが出来、会社をだいぶ休むことになってしまったそうです.
雪目と日焼けには十分注意致しましょう。

| | コメント (0)

重い雪(重さ計測2)

2008年3月4日 みぞれのち
 津南役場前積雪 195cm(3月3日午前9時時点)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年3月2日  二度目の雪の重さ計測
Sora
 計測方法 地表付近・地上1m・表面(地上2m)
 の3ヶ所から、それぞれ 10cm立方の雪を
 スコップと包丁で切り出し、その重さを計る.

雪の状況としては、春先のかなりザラメ化の進行した

Sample  重そうな雪です.

 包丁で切り出したら、綺麗に切り出せました.
 表面付近  272g/1L
 地上1m     422g/1L
 地表付近  527g/1L

       単純に上下の平均で計算してみると

        (272+422)/2*1000+(422+527)/2*1000=821,500g
Yukisou
  ということで 1平方メートルあたり
  現在の2mの積雪で  
  821kg の重さということになります。

  解けて流れりゃただの水ですが 
        雪として積もったときの始末は 
        それはそれは・・・・
        「春になったら、勝手に流れてくれるのに」と言いながら
        せっせと雪運びの日々が続きます. 
Nezumi

 閑話休題 3月1日・2日は 津南雪まつりでした. 

 ゆっくり見学はできませんでしたが、

Ohinasama  あちこちに 雪像ができてました.

 

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »