トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

重い雪(比重計測)

Yonabe  毎日,朝,(昼)晩と
 除雪作業の日が続きました

 1月27日(日)今シーズン2回目の屋根の雪降ろし
        (物置と車庫)

Monoki1 物置はこれくらい
 量は少ない(これでも1mくらいある)が
 ずいぶん重くなっています.



Tuuro1  今年は,今のところこれくらいだから
 すぐ雪降ろし作業にかかれますが、



Monooki18  平成18年の今頃だと、こんな具合で、玄関の霧避けが見えません。
 まず,軒下の雪を踏み固め,
 (左側物置建物の向こう側の軒下)
 軒下の雪をのけて,雪を下ろす場所を作るのが
 最初の作業となります.
 今年は今のところ楽な方です.



Asamiti  それでも、最初の作業は
 下ろした雪を搬出するための
 通路の確保です.



Syako1_2  車庫も、こんなものですが,
 結構重いです.





Syako2  物置の雪を下ろすのに45分
  片付けるのに45分
 車庫の雪を下ろすのに45分



Syakomae  下ろした雪を片付けないと、
 自動車を出せないので,又45分。
 これでも、今回は、あまり貯めないうちに
 降ろしたので,通常の半分くらいの時間で済みました.



Saisyuu ところで、この雪一体どれくらいの重さがあるのでしょうか
以前から気になっていたので,今日(30日)測ってみました.

 昨夜から雨交じりの水分の多い、重くて温度の高い
雪が降っていましたので,体積は大分減り、
積雪は1mちょっとくらいです。(我が家の周辺)
表層部の雪と、地表に近い部分の雪を
それぞれ10cm立方づつ採集し、測ってみました。



Hakari  表面近くの雪は、225g
地表近くの雪は,完全なザラメ雪で ナ 、ナ、なんと583g

まるで3月の残雪のような雪ですが,
平均しても 比重 0.4
             積雪1mで1平方メートルあたり、400Kg
       ちなみに、手元にある軽自動車の検査証をみると
      軽自動車のバンで投影面積約 5平方メートル
      車両重量910Kg 車両総重量1380Kg
      つまり空車時 182Kg/平方メートル 
      4人乗って荷物250Kg積載しても 276Kg/平方メートル
      でしかないわけです.
  かなり大雑把な話、今シーズン一度も屋根の雪降ろしをしていない屋根は、
 4人乗車してかつ荷物を満載した軽トラックバンを屋根に隙間無く並べたよりも
 重いものを屋根に載せていることになります.

Midori18 ちなみに、左の写真は平成18年豪雪の時ですが(我が家ではありません)
雪降ろしが間に合わないと,こんな風になってしまいます.
この時,隣の家の車庫のシャッターは内側に押し曲げられ
大きく破損し,そっくり交換することになりました.
 また、別の場所では,私の同級生のお父さんが,落下した屋根雪の下敷きになって,亡くなりました.全国では毎年,何人かが同様の事故で亡くなっています.

 中越地震が、1月の末か2月ころあったなら、桁違いに沢山の家が倒壊し、

火災が発生し,消火活動もできず(接近できない/水が確保できない)

助かっても寒さが厳しく・・・・人的・物的被害は何千倍あるいは何万倍になっていたことでしょう。 小さいころから「地震の時のことも考えて,屋根の雪降ろしは早めにやるよう」言われてきましたが,中越地震の時,改めてそれを実感しました. とりあえず、雪降ろしが済んで一安心。

(追記、  雪の比重計測につきましては,2008年3月4日の記事『重い雪(重さ計測2)・カテゴリー『雪国』』でも計測しております、よろしければご覧ください。

2010年7月28日 越後屋拝)

Naebasansakeオマケ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山小屋の悲劇(H18豪雪)

Koyanisi2仲間4人で作った山小屋は
津南町の山伏山の中腹
標高450mくらいのところにあります.






Makihata 西の方には魚沼三山や巻機山


Yuki4 ベランダの正面には苗場山や
鳥甲山が見えます.(不鮮明ですみません)

11月から翌年の五月末くらいまでは車では近づけません.Yuki1
平成18年3月
小屋の様子を見に登って来ました.
何とか小屋の屋根は出てました.
(左側のこんもりとした雪山の下に
 別棟(トイレ兼物置)があります.




Yuki2 小屋を上から見ると
こんな感じです.



Yuki3 小屋組の部分が
何とか出てます.
モデルは小屋仲間であり山仲間である
YANAさんです


Monooki 雪が解けると無残な姿が現れました.
ベランダの手すり(と言っても電柱ですけど)
真ん中でポッキリ折れています。
手前の別棟も・・・・・・・


Monooki2小屋の方から見た別棟。
これらは、上に積もった雪の重さではなく、
周囲の雪が沈み込むときに
引き倒されたのです.(電柱の上に積もった雪の重さなんか
知れたものです)雪の力恐るべし.
ちなみに、別棟はほぼ解体し,処分しましたが,ベランダは未だに復旧していません.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山小屋の住人(?)

Koyanisi20年ほど前に、仲間4人で
山小屋を作りました.
居室 12畳 ロフト8畳 床下物置12畳
仕上げるまでに4年くらいかかりましたが、
最初の一年は、とにかく雪が降る前に
屋根を張らなければならなかったので,
毎週土曜日曜は泊まり込みで作業しました.

Koyayuka 特に床は,柱の端材を3cm厚に小口切りにして
並べましたので,大変時間がかかりました,
概ね,貼るのに一年
木が収縮した隙間を埋めるのに一年
磨き上げて塗装するのに一年くらいかかりました.

Nukegara_2小屋番、小屋番には青大将君が住み着いてくれました.
時々ベランダでひなたぼっこしている姿を見かけましたが、
鼠をとってくれる、ありがたい番人です.
私たち公認の住人(?)は,彼(彼女?)だけです.
とってもおしゃれで,毎年新しい服を新調します.
       古くなった服は,毎年こうして小屋のどこかに
       脱ぎ捨ててあります.

Tenntoumusi 寒くなると,テントウムシや



Kamemusi ヘクサムシ(カメムシ)が、越冬のために
小屋の隙間のあちこちに
集合していますが
春になれば、何処へともなく去っていくので
別に、害はありません.


Kitutuki キツツキも、外壁に穴を開けますが,
住み着くことはありません.




Momonnga 困ったのはこいつ
モモンガー!!!
(写真は十日町市博物館)

Unnko 雲古の大きさからすると
子ねこくらいの大きさはあると思います.
(電池は単3)

Tennjyou 最初は,『天井裏の管理人』と思っていたのですが、
天井を破って、室内に侵入するようになったので
入り口の穴を金網で塞いだのですが、

Irikuti 今度は壁に穴を開けて
不法侵入です.



Hatisunaka その後
スズメバチがロフトの中まで
巣を作り
モモンガーの姿は見えなくなりました.

Hatisus2 2007年もスズメバチが巣を作りました.
刺激しないように出入りしなければなりませんでした.


Agohone その後どうなったものか?
これは多分、モモンガー君の顎の骨だと思います.
私たちの使用頻度が低下すると
居候たちの数が増えるようです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の中に咲く花

Fubukikabe 津南町は昨日の朝から"吹雪”
時折弱まることはあるが



Fubukitruck_2ずっと、吹雪。
津南役場前の今朝9時の積雪 105cm
結東  167cm

Yaneseppi 屋根にまで,雪庇ができて



Kakitori2 鳥達は食べ物がないので

木に残った柿に集まってくる,


Dsc01444 そんな吹雪の中でも、
このバラ、
少しずつ咲きつづけている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Kooriyama1
こんな天気ばかりならよいが
今日も雪

Jyosetu2 朝一番の仕事は道つけ
今朝の津南役場前の積雪は84センチ
結東では132センチ最低気温マイナス6度
(津南町のHPに公表されています)


 


Danpu 掘っても掘っても
まだ堀り止まぬ



Turara
電気ヒーターで溶かした雪は
屋根を離れると同時に
凍り付いてつららとなる.

雪の積もった朝は、道つけのために
早起きしなければならない

明日の朝も,早起きだ.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

米山(忘年会)

Nyuuzann_3  新年そうそう忘年会というのも何ですが

 一番最近登った山が忘年会だったからしょうがない.

 2007年の忘年会場は米山さん

 山行日 2007年12月23日(日) 

幹事はTOSHIKOさん


Kinoko1  自然の恵みに感謝!!!

 やはり日頃の行いがよろしいと

 神様も見ておられるようです。Kaer_2

 なぜか カエルさんが震えておりましたので

 土に埋めてやりました.

Nameko  さっそく,神様からの贈り物 ナメコ です
 感謝感謝!!






Kaya  頂上はガスの中でした.
 この日は一日こんな天気でした.

 (頂上の避難小屋)


Wain TOSHIKO隊長の命令により
 今回はワイン(ピースポーター)を用意致しました.




Sukiyaki  メインは、スキヤキ です
 (半分ほど豚肉が混じっているそうですが)
 ワインよりこのすき焼き鍋の方が重かった.


Gezan
 宴会(?)も済み
 二次回の会場(温泉)へと向かう(下山)


Kikurage
 キクラゲも見つけたのですが,
 これはあまり美味そうではなかった.





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年正月/雪

Dsc01382takeru_3


  1月1日 雪 子供は元気に雪遊び

 

Pc310007tourou1_2

大人も雪遊び



Dsc01403noki2

1月3日 晴れ、今シーズン最初の雪下ろし

軒を包み込むように雪が積もっている


 

Dsc01404noki3_3

 やはり屋根が軽くなると気分が良い(安心だ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年2月 »